【リースバックの家賃が払えない】家賃を滞納してしまうとどうなるのか

リースバックによって資金を調達した場合、そのまま同じ家を借りて住み続けることができるというメリットがあります。リースバックをする前後で異なる点といえば、家の所有権が第三者に移行することと、今後は家賃を支払っていくことになるという点くらいです。

しかし、さまざまな事情により、家賃を支払うことが困難になってしまうことがあるかもしれません。
家賃を滞納してしまった場合は、借りていた家はどうなるのでしょうか。

今回は、リースバックの家賃が払えなくなってしまった場合について、ご説明していきます。

目次

  1. 家賃を支払えなくなってしまう理由とは
  2.  リースバック後の家賃は相場より高い
  3.  リースバックの売却金額は相場ほどはもらえない
  4.  急に働けなくなったり、急な出費があった

  5. 家賃を滞納してしまったらどうなるのか
  6.  滞納した分の家賃を支払う
  7.  リースバック業者に相談する
  8.  退去する

  9. 家賃滞納から退去までの流れ
  10. 退去はいつまでにしなくてはならないのか

  11. リースバックをする際に大切なこと
  12.  1他の資金調達方法とよく比較する
  13.  2無理のない契約内容にする
  14.  3融資された資金の使い道を決めておく

  15. 【まとめ】〜リースバックの家賃を滞納しないようにしよう〜

家賃を支払えなくなってしまう理由とは

リースバックにおいて家賃を支払えなくなってしまうのには、どのような理由があるのでしょうか。以下に3つの例を挙げます。

リースバック後の家賃は相場より高い

1つ目に、家賃の負担が相場より大きいという理由が考えられます。
リースバックをした場合、家の家賃は相場より割高になってしまうことが多いです。
そのため、長く住み続けていると家賃の負担額はどんどん膨らむ一方となってしまいます。

リースバックの売却金額は相場ほどはもらえない

2つ目に、リースバックによって受け取ることができる金額は同じ物件を売却したときの相場よりも低いことが多いからです。 そのため、さまざまな資金不足の問題を全て解決するに足るほどの資金を得られるとは限りません。 リースバックでは、自宅を一度売却することで資金を得ることができます。リースバックで得た資金を家賃の負担に充てれば良いと思われるかもしれません。 しかし、そもそもリースバックの目的は生活費や教育費、事業投資に充てる資金を確保することです。リースバックで得た資金の一番の使用目的は、リースバック後の家賃負担ではありません。 そのように、リースバックで得た資金はすでに何かしらの用途に使ってしまっており、家賃支払いのために使うことは難しいのです。

急に働けなくなったり、急な出費があった

家賃を支払えなくなる3つ目の理由として、急に収入がなくなってしまったり、急な出費に対応しなくてはならなくなったりすることがあります。

人生では以下のような不測の事態も考えられます。
これらのようなことが起これば、家賃の支払いはますます困難になってしまうでしょう。

いずれの場合も家賃に充てる資金がなくなってしまい、家賃の滞納につながりかねません。
このような事態は事前に予測することが難しいため、避けることが難しいです。

家賃を滞納してしまったらどうなるのか

それでは、もし実際に家賃を支払えなくなったらどうなるのでしょうか。
その場合は次の3つのような方法をとることができます。

滞納した分の家賃を支払う

家賃の滞納から3カ月以内に滞納した分を支払うことができれば、そのまま賃貸を続けることができます。

しかし、リースバックで資金を調達するような状況であるのに、さらに融資を受けるというのは簡単ではないでしょう。

家賃滞納の危機に陥ってしまった場合に有効なお金の工面の方法は、一つには親族に借りるというものがあります。
しかしいくら親族とはいえ、お金の貸し借りの際には信頼関係が崩れやすいです。もし実際に行う際には、慎重かつ誠実に行う必要があるでしょう。

親族から借りることが難しい場合は、公的融資制度を利用するという方法もあります。公的融資制度とは例えば、生活保護、緊急小口資金、総合支援資金、住宅確保給付金のようなものがあります。

住宅確保給付金は返済義務があるものではないし、緊急小口資金と総合支援資金に関しては無利子で借りることができます。そのため、困窮したときにも利用しやすいといえるでしょう。

しかし審査に通ることが必要であり、利用者や資金の使い道に制限があることには注意が必要です。

リースバック業者に相談する

家賃をすぐに支払うのは困難であるけれど家を引っ越したくはないなどの要望は、リースバック業者に相談してみましょう。
家賃を支払う意思を示すことで、何か対処法を提案してもらえる場合があります。

また、資金不足の原因によっては行政などから補助金をもらえることがあります。
補助金を受け取ることができる例としては、急な失業やコロナ禍の収入減少などがあります。それで家賃を支払っていけるようになるかもしれません。

急な資金不足に困ったときは補助金の活用も検討してみましょう。

退去する

督促状が来ても家賃を支払うことができなかった場合、今の家から引っ越しをしなくてはならなくなります。
その期限は3カ月です。それを過ぎるまで何も行動に移さなかった場合は、退去せざるを得なくなってしまいます。

ですが、すぐに退去して家を明け渡さなくてはならないのかというと、そうではありません。
最短で6ヶ月、長くて1年ほどは退去に向けて準備をすることができます。
それは、強制退去の手続きが取られるまでに最短で6ヶ月ほどかかるためです。

また、家賃の支払いを滞納してしまうと買い戻しの権利がなくなってしまう可能性があるので注意が必要です。

家賃滞納から退去までの流れ

それでは、家賃を滞納してしまってから家を退去するまでに至る流れを見ていきます。

まず、家賃の支払いが滞ると、その翌日から1カ月の間に電話や書面で督促状が届きます。
それでも家賃を支払わない場合は、家の保証人にも督促がいきます。

督促状が送られた後になっても、契約者本人からも保証人からも家賃の支払いがなかったとします。そのまま3カ月の間、家賃を滞納し続けると、強制退去が決定します。貸借契約が解除されるという旨の通知がきます。

次に、利用者を強制退去させるため、不動産リースバック業者によって裁判所への手続きがとられます。
このような強制退去のための手続きがとられるのは、実際に家賃を滞納してから3カ月目から6ヶ月目の頃となります。

その手続きが終わると、契約が解除されます。そして強制的に退去させられてしまいます。

ただ、不動産会社側も、居住者を退去させるのは簡単ではありません。そのため、督促から実際に退去させるまでには1年くらいかかるケースもあります。

退去はいつまでにしなくてはならないのか

強制退去の手続きが行われるまでの間に最短で6ヶ月ほどかかることがわかりました。

つまり、督促から約6カ月後には退去をすることになります。

しかし、退去の令が出ても滞在し続ける人もいるため、平均すると実際に退去をするのは家賃滞納後6ヶ月から1年の間である人が多いということになります。

引越しのための費用を工面することが難しく、引っ越す時期が遅れてしまうという場合は、リースバック業者に相談してみましょう。引越しの費用を負担してくれる業者もあるためです。

リースバックをする際に大切なこと

家賃の滞納はリースバック業者にとっての迷惑になるだけでなく、自分にとってもマイナスなことです。
そのため、リースバックをする際には、将来家賃を滞納しないで済むように対策を取っておくことが必要です。

家賃の滞納に対しては、さまざまな対策をすることが可能です。
以下に3つの方法をご紹介します。

1他の資金調達方法とよく比較する

まず、リースバックを契約する前に、他の資金調達方法とよく比較しておくことが大切です。

資金を調達する際には、リースバックの他にも売却や金融機関のローンなど、さまざまな方法があります。それぞれのメリットとデメリットをよく検討して、自分に合った融資方法を選ぶようにしましょう。

例えば、リースバックでは、売却価格が相場より低くなることが多いです。
そのため、価格の面だけでは一般的な売却をした方が高く売ることができるのです。

また、リースバックでは、家賃が割高に設定さます。
家賃負担を抑えるためには、より安い家賃の家に引っ越した方が賢明だといえます。

このように、他の資金調達方法と比べてみると、リースバックを選択するよりもっとお得な方法があるかもしれません。

リースバックをしたらいくらもらえるのか、いくら支払うことになるのかを事前に確認しておきましょう。

2無理のない契約内容にする

リースバック業者と契約をすり合わせる際は、無理のない返済ができるような契約内容にすることが大切です。

家賃を決める際は物件の状態のみならず、利用者の月々の家賃支払い能力も見て決定されます。

ですが、もし毎月の家賃負担が心配であれば、家賃の価格を低くしておくと良いでしょう。そうすると売却時の価格も下がりますが、家賃を滞納して退去騒ぎになるよりは良いはずです。

家賃を滞納しないですむようなプランになっているかを確認してから、契約するようにしましょう。

3融資された資金の使い道を決めておく

家賃の滞納を防ぐために、リースバックによって受け取った資金の使い道を決めておくことも有効です。

一度にまとまった金額を手にすることができるので、安心してしまうかもしれません。
しかし、無駄遣いは禁物です。
リースバックを申し込む際には、金融機関から融資を受けるような場合とは異なり、何にいくら使うというような詳細な資金計画書を提出することは課されてはいません。

ですが、無駄遣いを防ぐために、資金の使い道を決めておくと良いでしょう。

家賃が負担となってくるということはあらかじめわかっているので、ちゃんと家賃を払っていけるように、計画的な行動をするようにしましょう。

【まとめ】〜リースバックの家賃を滞納しないようにしよう〜

家賃を滞納してしまった場合、退去になってしまいます。

家賃の滞納が3ヶ月続き、退去が決まった場合、滞納日から6ヶ月から1年の間に家を明け渡さなくてはならなくなります。

滞納してしまった場合は焦らず、誠実な対応を取ることが大切です。
公的融資制度などの利用を検討してみるのも良いかもしれません。

ですが、家賃の滞納はしないで済むように、リースバックの契約を結ぶ際にいろいろ対策しておくと良いでしょう。

それでも、不測の事態で支払いができなくなってしまう場合もあるので、困ったときにはリースバック業者に相談してみましょう。


【関連記事】

【徹底解説!】マンションはリースバックできるのか〜手続きと費用について〜

リースバックできる金融機関は?

【リースバック初心者必見!】リースバックに担保は必要なのか?

【リースバックの体験談】〜リースバックが成功した例を紹介します〜

【リースバックと任意売却の違いとは】〜メリット、デメリットを解説〜

【家を現金化したい】抵当権があるときにリースバックはできるのか?

【リースバックの罠】損をしないために知っておくべき注意点

【リースバックする前に!】見積もりを取る手順とその注意点を確認しよう

【持ち家を売買したい人必見!】セールアンドリースバックの売却価格の決まり方

【後悔】リースバックで騙された!クーリングオフしたいとき