たつの市で不動産売却をお考えの方へ

目次

  1. たつの市の歴史
  2. たつの市の将来性
  3. たつの市の魅力
  4. たつの市エリア別の特徴
  5. たつの市の不動産売却に関するまとめ

たつの市の歴史

たつの市は兵庫県の南西部にある山脈に海・川に囲まれた自然豊かな地域です。北に阿部山、南に瀬戸内海、そして南北から揖保川が流れ、東西を分けるように二分しています。
たつの市の年間平均気温は15度、温暖で降雨が少なく、瀬戸内海気候の特徴を表す気候です。

たつの市は2005年10月1日に「龍野市」「揖保郡新宮町」「揖保川町」「御津町」の4つの市町村が合併してできた市になります。全国で愛されるそうめん「揖保乃糸」以外にも、たつの市の由来となった龍野の町並みは、重要伝統的建造物群保存地区に認定された江戸時代から昭和初期までの町並みが残された風情あふれる城下町が名物です。

他にもたつの市・室津地区は「北前船寄港地・船主集落」は2019年5月20日に文化庁によって日本遺産に登録されるなど、たつの市全域が古き良き町並みを残している地域として、重宝されています。

たつの市は、東西15.7キロメートル、南北29.8キロメートルの全210.87平方キロメートルの面積があり、その多くの面積は畑や田、山林など自然が占めています。

人口は1995年時点で83,431人、その後徐々に年少人口(15歳未満)が減少して老年人口(65歳以上)が増加しました。少子高齢化の影響を受けた結果、2020年時点の人口は75,995人と7,436人に減少しています。

自然豊かな地域であるたつの市ですが、播磨科学公園都市では世界最高性能の大型放射光施設やX線自由電子レーザー施設、学術研究施設など先端技術が集結した地域です。
他にも、西はりま特別支援学校・西播磨総合リハビリテーションセンターなど教育・介護などがあるので、居住環境として住みやすい地域になります。

のどかな自然だけでなく先端技術が集まり、国道2号線など交通網が集中しているたつの市は今後も需要が高まる人気地域でしょう。不動産売却を検討している方は、たつの市の魅力・立地や将来性をふまえてご検討ください。

s

たつの市の将来性

たつの市は2015年「まち・ひと・しごと創生法」に基づく町おこしプロジェクト「たつの市まち未来創生戦略」と「たつの市人口ビジョン」を策定しました。
「たつの市まち未来創生戦略」は「雇用創生」「人口還流」「地域活力」「若者未来」を目標にたつの市の少子高齢化対策、人口流出抑制と地域復興を目指しています。
「たつの市人口ビジョン」は人口動向・統計を元に将来的な人口を導き出した目標数値です。「たつの市人口ビジョン」では2060年に人口60,000人に挑戦することを掲げており、これは人口流出・少子化を抑制して、何もしない場合より17,000人多い人口目標です。

たつの市が「人口還流」「地域活性」を実現させるためには「雇用創生」「若者未来」による若年層の市外流出を防ぎ、Uターンを促進させる必要があります。
未来ある若者が働きやすい環境を育て、結婚・出産による地域定着化を図る「住みやすいたつの市創り」が求められているのです。

また、2022年からは「第2次たつの市総合計画」が始動しており、暮らしやすく魅力溢れる街創りが行われています。
今後も町おこし・施策を行い、たつの市を盛り上げていく予定ですので、将来性は高いです。

現在、少子高齢化によってたつの市は60歳以上の老年人口が急増していますが、「たつの市まち未来創生戦略」と「たつの市人口ビジョン」によって、若年層が増えた未来になれば、将来性が高い地域となるでしょう。
不動産売却を検討している場合は、たつの市の将来性が非常に重要です。たつの市の公式ウェブサイトから、今後の施策や計画を確認できます。たつの市で不動産売却を検討している方は、一度公式ウェブサイトを確認しておきましょう。

 *たつの市公式ウェブサイト(https://www.city.tatsuno.lg.jp/index.html)

たつの市の魅力

不動産売却を検討する前に、たつの市の魅力について確認しておきましょう。
たつの市ならではの魅力を把握しておくことで、不動産売却の際にも買主にアピールすることができます。

たつの市の魅力は何と言っても、龍野の町並み・室津の町並みなど城下町や日本遺産に登録されている古き良き町並みです。兵庫県の中でも南西部に位置しており、他地域より交通が不便なイメージがあるたつの市ですが、大阪から車で1時間・岡山から車で1時間半ほどで行けます。ちょうど、大阪と岡山の間にある兵庫県地域であり、車だけでなく電車でもアクセスしやすい地域です。電車でも姫路から約30分、神戸から約1時間、大阪から約1時間半でアクセスできます。

不動産売却をする場合、アクセスの良さや立地の良さは、重要なアピールポイントとなるでしょう。

また、町並み以外にも潮干狩りの名所「新舞子」や、季節によっては山林に咲き誇る桜や紅葉を堪能でき、鉄道や伝統建造物も魅力的です。景色以外にも、「揖保乃糸」で有名なそうめんや特産品である牡蠣など山の幸や海の幸が豊富にある、グルメ地域でもあります。更にたつの市は日本で唯一の「醤油自販機」が設置されているほど、醤油産業が有名な地域です。

美しい景観にのどかな町並み、美味しい特産品、そして都市部からのアクセスの良さは、今後のUターン希望者、移住希望者を獲得するのに、十分な魅力です。
魅力たっぷりのたつの市は、不動産売却時に十分アピールできる地域でしょう。

たつの市エリア別の特徴

たつの市は「龍野」「新宮」「揖保川」「御津」の4エリアに分かれます。
まず龍野エリアはたつの市中央部に流れる揖保川と緑豊かな鶏籠山など自然に囲まれた城下町で、別名「播磨の小京都」と呼ばれているエリアです。

「龍野」エリアは城下町の文化財や醤油醸造施設など、観光都市として人気があり、多くの観光客で賑わっています。龍野エリアの産業としては醤油やそうめんを始め、皮革も有名で皮革まつりが開催されるほど、土産産業も活発です。
たつの市の中心エリアとして、住宅開発が進んでおり、今後も人々が増える予定の人気エリアとなるでしょう。龍野エリアに物件を持っている方は、ぜひ不動産売却を検討してみましょう。

次のエリアは「新宮」エリアです。たつの市の北部に位置する新宮エリアは、揖保川と東西に流れる栗栖川に沿って平地になっている地域ですが、他の地域は傾斜地や丘陵地が広がっています。新宮エリアでは、播磨科学公園都市が建設されたことで最先端科学技術や教育施設・介護施設が隣接して、今後も住みやすい近代都市が建設されていくでしょう。
その他にも、新宮・宮内遺跡や吉島古墳など、重要文化財に指定される歴史や伝統溢れる地域となります。

もう1つのエリアは「揖保川」エリアとなります。揖保川エリアはたつの市中心部を流れる揖保川を中心に交通アクセスの良い道路が設けられているエリアです。交通の便が良いことから住宅開発が進み、他府県から移住してくる住民が多い人気エリアとなります。

もう1つのエリアは「揖保川」エリアとなります。揖保川エリアはたつの市中心部を流れる揖保川を中心に交通アクセスの良い道路が設けられているエリアです。交通の便が良いことから住宅開発が進み、他府県から移住してくる住民が多い人気エリアとなります。

最後のエリアである「御津」エリアは、瀬戸内海に面する海辺の魅力たっぷりのエリアです。瀬戸内海で獲れる新鮮な魚に加え、野菜団地である成山新田から豊富な野菜が獲れる特産品の聖地です。他にも特産品として梅製品、清酒神力などが有名なエリアで、土産産業が活発に行われています。

東側にある新舞子は、瀬戸内海国立公園があり潮干狩りや海水浴場として、人々が訪れるエリアです。一方、西側は室津エリアは、江戸時代の町並みや重要文化財を残した町並みが堪能できるエリアとなり、観光客が多く訪れます。

それぞれのエリアで魅力溢れるたつの市は、不動産売却でも需要がある地域です。

たつの市の不動産売却に関するまとめ

たつの市は観光産業だけでなく、住宅開発や地域復興産業が盛んな地域です。揖保川を始め、豊かな自然に囲まれたたつの市では、のびのびと過ごすことができ都会では味わえない穏やかな時を過ごすことができるでしょう。

城下町や重要文化財だけでなく、世界に誇る科学技術が集結した播磨科学公園都市や「第2次たつの市総合計画」による地域活性化が期待できる地域です。市の方針として、若年層のUターン・労働人口の増加を目標としており、雇用企業の増加、若者を育てる取り組みを積極的に行っています。
不動産購入を考える時に、地域の将来性は重要な選定基準となり、たつの市の地域活性化や産業開発は今後の需要が高まる要素でしょう。

大阪や神戸など関西主要都市だけでなく、岡山へのアクセスが良いたつの市は、不動産購入を検討する人も多い地域です。JR山陽本線の駅への距離が短いほど地価は高い傾向にあるため、沿線に不動産を保有している方は、売却に有利になるでしょう。

しかし一方で、地価の推移を見てみると、1998年から下落傾向にあり、たつの市の1坪あたりの平均価格は、約50%低下しているというのが現状です。エリアによって差はありますが、今後も経済情勢は不安定になっていく可能性が高いため、早めの不動産売却をおすすめします。

2060年に6万人までの将来人口を目標にしている「たつの市人口ビジョン」、更に今後の人口還流を目標にした「たつの市まち未来創生戦略」など、市全体が町おこしに積極的なたつの市。経済状況の移り変わりが激しい現在では、不動産売却のタイミングが重要になります。

今回の記事ではたつの市の魅力について、さまざまな角度からご紹介しました。魅力溢れるたつの市ですので、ぜひ不動産売却の際のご参考にしてみてください。


【関連記事】

四條畷市の不動産売却/生駒山系の自然や歴史遺産に恵まれた街

神戸市須磨区の不動産売却/須磨海水浴場は多くの人で賑わう

加古川市の不動産売却/鶴林寺や高御位山があり、文化遺産の多い街

大阪市西区の不動産売却/おしゃれな堀江、京セラドームがある街

守口市の不動産売却/スーパーが多く、大阪市内への交通も便利

宍粟市の不動産売却/山崎アウトドアランド、もみじ山が人気

柏原市の不動産売却/柏原地ワインとして知られブドウ畑が多い街

堺市北区の不動産売却/古墳に囲まれた由緒ある街並み

阪南市の不動産売却/大阪府で犯罪数が最も少なく治安が抜群

豊岡市の不動産売却/城崎温泉があり、鞄産業が盛んな街