加東市での不動産売却をお考えの方へ

目次

  1. 加東市の紹介
  2. 加東市の取り組み
  3. 加東市の土地相場
  4. 加東市での不動産売却をお考えの方へ

加東市の紹介

兵庫県の播磨地方東部に位置する「加東市(かとうし)」は、2020年の国勢調査において、人口増加率が県内第5位を記録し、北播磨地域では唯一の人口増加地域になりました。この実績は、健全な行政運営のもと、市の総合計画を着実に推進し、「未来を担う子どもたちの育みと学びも環境の整備」「安心して暮らせる環境の整備」「地域振興の促進」「人権教育・人権啓発のさらなる推進」を重点テーマに掲げ、様々に取り組んできた成果を象徴するものとなりました。

市域の特徴は、中国山地からなる山々が連なっており、加古川などの河川に沿って河岸段丘や沖積平野を眺めることができます。台地や丘陵地の広がりとともに、加古川の支流である様々な河川が土地を潤しており、多数のため池が築造され、農業用水や生き物たちの憩いの場として活用されています。自然公園に指定された区域は、野鳥の生息地としても扱われているのです。気候は、一年通じて比較的温暖であり、瀬戸内型気候の特色が見られます。台風や降雪による被害の比較的少ない地域であるため、季節災害に悩まされる機会は稀でしょう。一方、秋の終わりから冬にかけては霧が発生しやすい特徴があります。

交通面では、加東市の中央部を東西に走る国土幹線「中国自動車道」の存在や、「ひょうご東条インターチェンジ」「滝野社インターチェンジ」といった2つの玄関口があることから、阪神地域へのアクセスが良好です。加えて、兵庫県の幹線道路である「国道175号」や「国道372号」が南北を結んでいるため、物流拠点としても重宝されています。「山陽本線加古川駅」と結ばれる「JR 加古川線」をはじめ、沿線地域の環境改善も行われていることから、通勤や通学の利便性も向上しています。

こうした特徴を備えた加東市のイメージは、「市章」にも表れており、「豊かな自然と共生する人々」と「伸びやかで活力に満ちたふれあいの田園都市」の表現と、加東市の頭文字である「K」をモチーフにしたデザインで構成されています。さらに、「市民憲章」としては以下が定められているのです。

これらの背景を踏まえながら、続く次項では、加東市の最近の取り組みについてまとめていきます。特に、冒頭でも申し上げた「人口増加」のポイントとなる項目についても触れていきますので、ぜひ加東市での不動産売却をご検討の方は、引き続きご注目ください。

加東市の取り組み

加東市の取り組みを述べるにあたり、市の掲げる「施政方針」は非常に参考となる資料のひとつです。今回は「令和4年度 施政方針」の内容について、主な部分を解説していきます。

「令和4年度 施政方針」の中では、これまで進めてきた様々な取り組みの成果として見られた「人口増加」の傾向をしっかりと定着させ、将来への希望が持てるまちを目指して、「ひとづくり」や「まちづくり」に繋がる「未来への投資」に積極的に取り組む意向が明記されています。そのために計画された重点事業の中から、いくつかをかいつまんでご説明します。

力強い産業としごとづくり

「活力ある農業」を目指し、地域の特式を活かしながら、持続可能な農業の推進や、認定農業者・新規就農者などの育成、鳥獣被害防止対策、食品産業と連携した新たな特産品の産地確立・販路拡大といった施策が練られています。
市の特産である酒造好適米「山田錦」のSNSなどオンラインを活用した情報発信や、健康食品として注目されている「もち麦」のブランド力向上など、具体的な案も明記されています。また、就労創出や農業保護の観点から、新たな工業団地用地についても検討されており、加東市での不動産売却を考えておられる方には、ぜひご着目いただきたい動向のひとつです。

加東の未来を担う若い世代の希望実現と親子の絆づくり

「出産・子育て」にまつわる環境の充実として、乳幼児等医療費給付事業や、こども医療費給付事業における所得制限の撤廃や、助成対象年齢の引き上げといった具体的な施策が用意されており、安心した育児環境の整備が行われています。
また「就労前教育・保育」の充実では、待機児童の解消や、保育の質向上を目指して、保育士の確保に向けた支援金の交付が予定されています。
さらに「小中一貫教育」を推進しており、新たな開校計画や工事が続々と予定されています。

そして、「心の教育」推進の一環として、いじめや不登校、子どもの問題行動の未然防止と早期発見・対応に向けた、組織的な学校支援について語られています。特に、不登校対策については国立大学法人兵庫教育大学と連携したプログラムが用意されており、不登校支援研究推進指定校を用いた不登校児童生徒へのサポートも予定されているのです。

子育て世帯に向けた不動産売却をお考えの方には、ぜひお目通しいただきたい項目です。

安全・安心で快適な住みよいまちづくり

「まちの拠点づくり」として、2022年10月の供用開始をターゲットに、「やしろショッピングパークBio」の南側に、バスターミナルや駐車場、待合・情報発信スペース、テナントスペースなどを備えたにぎわい交流施設の整備が進められています。

さらに、「都市機能の充実」や「経済効果の創出」などを目指し、宿泊施設誘致が進められており、2022年度中の営業開始に向けて、ルートインジャパン株式会社と連携した取り組みが進められています。あわせて、災害対策や観光振興といった、安心安全面や地域活性化にまつわる活動も行われているのです。

「地域公共交通」では、市内一律運賃制度の実施や、路線バス・乗合タクシーなどの地域公共交通の改善・充実などが予定されています。

そして「保険・医療・福祉」の充実を目的に、加東市民病院経営健全化基本計画に則り、入院医療の提供や、在宅療養の支援が進められ、医療と介護を途切れることなく繋げるサポートが行われています。

子どもから高齢者まで安心してくらし続けられるまち

近年メディアでも取り上げられ社会問題になっている「8050問題」や、セルフネグレクト、ひきこもりといった、複雑な課題サポートするために、従来の分野別の支援体制から、相談・参加・地域づくりを一体的に支えるべく、社会福祉協議会と協働しながら「重層的支援体制整備事業」に取り組まれています。

また、出産・子育て家庭の応援として、引き続き0歳から5歳までの子どもを養育する全世帯に対し、子ども一人当たり年額3万円の「スマイル給付金」が引き続き支給されます。このように、加東市では、小さなお子様からご年配の方まで、あらゆる年代の方が安心して生活できる環境整備活動に取り組まれているのです。不動産売却時にも、注目したいポイントのひとつです。

これらの内容からも分かる通り、加東市では、未来を見据えた住み良いまちづくりを目指した活動が盛んに行われているのです。より詳しい内容については、市のホームページから誰でも簡単に閲覧することができますので、ぜひ加東市での不動産売却を進められる際には、事前にご一読いただければと思います。

  *参考:加東市「令和4年度 施政方針」

加東市の土地相場

国土交通省が提供する直近のオープンデータなどを元に、加東市の土地価格情報について述べていきます。

エリア別地価傾向

2021年〜2022年時点のデータに基づくと、加東市内の地区において、最も高価格帯なエリアは「滝野」の1平方メートルあたり4万7500円です。対して、最も低価格であるエリアは「青野ケ原」の1平方メートルあたり1万2000円が該当します。

公示地価情報

2022年時点での調査によると、加東市の最新公示地価は1平方メートルあたり平均2万9727円、坪単価に換算すると1坪あたり平均9万8271円となり、全国順位は749位です。前年値と比べると、0.50%下降している状況です。

1983年から蓄積された39年分のデータに基づくと、公示地価の最高値は、1991年に記録された1平方メートルあたり6万3771円であり、対する最安値は、2013年の1平方メートルあたり2万7718円となります。双方の差異は2.3倍です。

基準地価情報

2021年時点における、加東市の最新基準地価は、1平方メートルあたり平均2万8054円です。坪単価で見ると1坪あたり平均9万2742円となり、全国順位は662位です。前年からの変動状況は0.53%の減少が見られました。

こちらも1983年からの39年分のデータによると、基準地価の最高値は、1991年にマークされた1平方メートルあたり6万2618円が該当し、一方の最小価格は2012年にマークされた1平方メートルあたり2万7533円となります。双方の違いは、2.27倍です。

用途別地価情報

2021年時点の情報によると、「宅地」の平均地価は、1平方メートルあたり2万4772円となり、坪単価で見ると、1坪あたり8万1891円になります。「商業地」の平均地価は、1平方メートルあたり5万3550円であり、坪単価換算では1坪あたり17万7024円です。

地点別地価情報

2021年〜2022年時点のデータに基づくと、加東市内における最高価格地点は、「加東市上中字溝ノ内323番1外」の1平方メートルあたり6万3500円が該当します。

一方、最安価格地点にあたるのは「加東市下鴨川字長畑121番」の1平方メートルあたり8600円です。

直近の価格とともに、近隣エリアとの傾向の違いなども参考にしながら、加東市での不動産売却について調査を進めてみてくださいね。

  *参考:土地代データ

加東市での不動産売却をお考えの方へ

あらゆる世代に向けた手厚い支援を行いながら、未来を見据えたまちづくりをモットーに掲げる加東市は、人口減少が叫ばれる昨今でありながらも、2020年の国勢調査において「人口増加」の傾向が見られた希少な市のひとつです。

その実績を裏付ける、様々な取り組みが市政活動からも見て取れます。
ぜひ本記事も参考にしながら、加東市での不動産売却について知識を深めてみてくださいね。


【関連記事】

豊中市の不動産売却/千里ニュータウンがあるベッドタウン

柏原市の不動産売却/柏原地ワインとして知られブドウ畑が多い街

松原市の不動産売却/自然災害が極めて少なく大阪のへそと呼ばれる街

大阪市西淀川区の不動産売却/工業地域として発展した街

藤井寺市の不動産売却/古市古墳群や由緒ある神社仏閣のある街

高石市の不動産売却/浜寺公園が近く静かで暮らしやすい街

西宮市の情報と不動産売却について【まとめ記事】

交野市の不動産売却/天野川が流れ、山に囲まれた田園都市

大阪市住吉区の不動産売却/歴史ある住吉大社がある街

大阪市旭区の不動産売却/こども自然公園がある住宅地