宍粟市の近況と、不動産売却についてまとめ記事

目次

  1. 宍粟市の特徴
  2. 宍粟市の最近の取り組み
  3. 宍粟市の土地相場
  4. 宍粟市での不動産売却をお考えの方へ

宍粟市の特徴

兵庫県の中西部に位置する「宍粟市(しそうし)」は、兵庫県の支庁である「西播磨県民局」が管轄する区域です。2005年に、宍粟郡にあった、山崎町・一宮町・波賀町・千種町という4つの町が合併して生まれた市になります。

京阪神と中国地方を結ぶ「中国自動車道」と、山陰と山陽を結ぶ「国道29号」が市域内で交わっていることから、西播磨内陸の交通の要として重宝されています。市の面積は、兵庫県内の7.8%を占めており、全国的に見ても非常に広大な部類です。土地の特徴としては、市域の大部分が山地になっており、平地が少ないといった傾向があります。兵庫県下最高峰の氷ノ山をはじめ、第二峰の三室山や、第三峰の後山といった巨大な山々が連なっており、氷ノ山後山那岐山国定公園や、音水ちくさ県立自然公園など豊かな自然にあふれた場所です。山の恵みのみならず、水の美しさも際立つ地域で、兵庫県でも指折りの清流である一級河川の揖保川や、日本の名水百選にも選ばれた千種川、日本の滝百選の原不動滝など、豊かな自然の風景が四季折々の表情を見せてくれます。こうした山地をメインとした緑豊かなエリアであるため、人口密度は比較的低く、のびのびとした環境で生活できる点が特徴です。

市の産業としては、古くより森林資源を活用した木材・木工製品・家具などの生産が地場産業として活発に行われてきました。交通面で大きな成長を遂げたことも後押しして、大型量販店などの商業施設や、恵まれた気候風土と自然を活かした観光農林業地域と連動しながら、「商工業」と「農林業」がバランスよく発達した市の特色を活かした取り組みが行われているのです。

市の名称の由来として、当時、兵庫県山崎町に残る地名であった「鹿沢(しかざわ)」を、かつては「ししさわ」と読んだことに起因しており、以降「ししさわ→ししあわ→しさわ→しそう」と変化を遂げ、その過程で「ししあわ」に「宍粟」の漢字があてられた経緯があります。難読・誤読地名のひとつとしても度々話題になっており、それを逆手に取った地域おこしのアピールなども行われています。「宍粟」という言葉は、個人の名字としても現代でも残っており、「しさわ」と読む他、大阪では「しどう」と読まれることもあります。宍粟市の「市章」では、この「宍」の字を図案化して用いられており、播磨の豊かな緑に包まれて、明るく輝き、元気に育っていく子どもの姿をイメージして、人が自然とともに響き合いながら発展していく様子が表現されているのです。

豊かな森林と清流、そして悠久の歴史と文化のもとで発展してきた宍粟市のイメージを背景に、続く次項では、宍粟市の最近の活動についてまとめていきたいと思います。

宍粟市の最近の取り組み

市の近況を読み解くにあたって、「施政方針」の存在は欠かすことができません。宍粟市が掲げる「令和4年度 施政方針」の中では、「人と自然が輝き みんなで創る 夢のまち の実現に向けて」をテーマに、様々な施策が講じられています。

特に、「自然を生かした体験型観光の創造」や、「林業や農業の振興」「若い世代の定着を図る子育て支援や教育環境の充実」「市民の健康を守る地域医療の確保」といった課題が大きく取り上げられており、行政のみならず、市民や議会と連携しながら、活力ある街づくりを進める決意が述べられているのです。
以下からは、主な施策の概要について解説していきます。

魅力と活力あふれる地域産業を育むまちづくり

「林業の振興」として、森林経営計画に基づく森林施業の団地化・集約化の推進を図るとともに、森林環境譲与税の活用も視野に入れながら、伐捨間伐などの経費支援についても記載されています。さらに、「森林(もり)」をキーワードとした情報発信を強化することで「選ばれるまち」づくりを目指す取り組みも計画されています。

「農業の振興」では、「安定的で持続可能な農業経営が行われるまち」を目指して、水稲・黒大豆・小豆・山椒の4品目に注力しながら、栽培技術を確立することで活性化を図る活動が予定されています。加えて、スマート農業機械などの高性能機械の導入にまつわる経費の支援についても明記されており、生産性の向上と効率化に向けた動きはますます活発化することでしょう。

「商業の振興」においては、職業相談・職業紹介・求人開拓に伴う取り組みの継続と、ビジネスマッチングフェアなどを実施することで、地域内就労の機会の創出が目指されています。

「観光の振興」の項目では、「日本酒発祥の地・発酵のふるさと」としての認知拡大を目標に、発酵のまちづくり推進協議会を中心とした取り組みが進められています。
宍粟市で、こうした産業にまつわる不動産売却をお考えの方には、ぜひご覧いただきたい内容です。

魅力と活力あふれる地域産業を育むまちづくり

「林業の振興」として、森林経営計画に基づく森林施業の団地化・集約化の推進を図るとともに、森林環境譲与税の活用も視野に入れながら、伐捨間伐などの経費支援についても記載されています。さらに、「森林(もり)」をキーワードとした情報発信を強化することで「選ばれるまち」づくりを目指す取り組みも計画されています。

「農業の振興」では、「安定的で持続可能な農業経営が行われるまち」を目指して、水稲・黒大豆・小豆・山椒の4品目に注力しながら、栽培技術を確立することで活性化を図る活動が予定されています。加えて、スマート農業機械などの高性能機械の導入にまつわる経費の支援についても明記されており、生産性の向上と効率化に向けた動きはますます活発化することでしょう。

「商業の振興」においては、職業相談・職業紹介・求人開拓に伴う取り組みの継続と、ビジネスマッチングフェアなどを実施することで、地域内就労の機会の創出が目指されています。

「観光の振興」の項目では、「日本酒発祥の地・発酵のふるさと」としての認知拡大を目標に、発酵のまちづくり推進協議会を中心とした取り組みが進められています。
宍粟市で、こうした産業にまつわる不動産売却をお考えの方には、ぜひご覧いただきたい内容です。

環境にやさしく快適に暮らせるまちづくり

森林・田園・まち並みの景観保全の一環で、ちくさ高原彩の森林整備事業として、アクティブハイランドの形成に向けた各種整備が進められています。さらに、昨今話題に挙げられる「資源循環型社会」の構築を目指し、「宍粟市環境基本計画(第3次)」に即した、木質バイオマス暖房機器などの導入支援も挙げられています。他にも、公共施設の照明LED化や、二酸化炭素排出量の削減につながる動きも予定されているのです。そして、公園環境や、道路網、上下水道の整備についても述べられており、市民が快適に暮らせる街づくりに関する取り組みが満載です。

定住魅力の高いまちづくり

移住・定住促進の更なる充実に向けて、全国でもトップクラスの実績を誇る空き家バンク制度の運営をはじめとし、移住相談や移住後のフォローなどについて丁寧な支援が行われています。また、若者の結婚後の住居に要する経費や、子育て世代などへの住宅取得の支援などが継続して行われており、宍粟市での不動産売却をご検討の方には、ご一読いただきたい事項です。

宍粟市のホームページでは、「定住を支える制度」について見やすくまとめられており、「移住定住に役立つ各種支援」「住宅取得の支援」「空き家改修費用の助成」「通勤・通学費用の助成」「移住支援金」などに関する項目が挙げられています。ぜひ参考にしてみてください。
 *参考:宍粟市 定住を支える制度

子どもが健やかに育つまちづくり

子育て支援の充実として、コロナ禍の影響による子育て家庭の孤立化を抑制すべく、妊娠から出産、子育て期の切れ目ない相談支援に引き続き取り組まれています。子育てと就労の両立をサポートする病児・病後児保育施設「そらまめ」の存在も、市民に重宝されています。さらには、認定こども園の整備事業も進行しており、就学前教育の充実についても講じられています。そして、学校教育の充実に向けて、校舎の改修や、小中一貫教育の推進、学校給食費の透明性の向上に向けた活動も行われているのです。

保健・医療・福祉が連携した安心のまちづくり

健康づくりの推進として、高齢者の保健事業と介護予防にまつわる事業が展開され、生涯を通じた健康の保持増進が目標とされています。地域福祉の一環として、ひきこもり対策事業が展開されており、居場所の提供や社会参加に向けたサポートが継続的に実施されています。高齢者福祉のさらなる発展を目指し、新たな介護人材確保対策事業として、奨学金を返還している若い世代の介護人材に対する支援も推進されており、介護する側・される側、両方の視点に立った施策が展開されているのです。障がい福祉についてもサポート活動が進められており、日中活動や療育訓練のための通所を助ける取り組みが行われています。

ご年配の方や、障がいを持たれた方向けの不動産売却を進められる際には、ぜひこちらの項目にもお目通しいただければと思います。

この他にも様々な取り組みが予定されており、宍粟市について理解を深めるには、非常に参考になる内容となっています。市のホームページで誰でも簡単に閲覧できますので、ぜひ一度覗いてみてくださいね。  *参考:宍粟市 「令和4年度 施政方針」

宍粟市の土地相場

国土交通省が提供する直近のオープンデータなどを元に、宍粟市の土地価格情報について述べていきます。

公示地価情報

2022年時点での調査によると、宍粟市の最新公示地価は1平方メートルあたり平均3万3400円、坪単価では1坪あたり平均11万413円となり、全国順位は678位です。前年値と比べると、2.75%下降している状況です。

1983年から蓄積された39年分のデータに基づくと、公示地価の最高値は、1996年に記録された1平方メートルあたり9万2833円であり、対する最安価格は、2022年の1平方メートルあたり3万3400円となります。双方の差異は2.78倍です。

基準地価情報

2021年時点における、宍粟市の最新基準地価は、1平方メートルあたり平均2万2862円です。坪単価に換算すると1坪あたり平均7万5578円となり、全国順位は796位です。前年からの変動状況は4.19%の減少が見られました。

こちらも1983年からの39年分のデータによると、基準地価の最高値は、1993年に記録された1平方メートルあたり4万1261円が該当し、一方の最小価格は2021年にマークされた1平方メートルあたり2万2862円となります。双方の違いは1.8倍です。

用途別地価情報

2021年時点の情報によると、「宅地」の平均地価は、1平方メートルあたり2万811円となり、坪単価で見ると、1坪あたり6万8798円になります。「商業地」の平均地価は、1平方メートルあたり5万3250円であり、坪単価換算では1坪あたり17万6033円です。

地点別地価情報

2021年〜2022年時点のデータに基づくと、宍粟市内における最高価格地点は、「宍粟市山崎町山田字白光田204番11外」の1平方メートルあたり6万700円が該当します。

2021年〜2022年時点のデータに基づくと、宍粟市内における最高価格地点は、「宍粟市山崎町山田字白光田204番11外」の1平方メートルあたり6万700円が該当します。

直近の価格とともに、近隣エリアとの傾向の違いなども参考にしながら、宍粟市での不動産売却について調査を進めてみてくださいね。
 *参考:土地代データ

宍粟市での不動産売却をお考えの方へ

コロナ禍でありながらも、2021年の紅葉シーズンには、宍粟市の最上山公園へ過去最高数となる人々が訪れたと記録されています。

こうした動きは、社会情勢の変化に伴い、地方の「疎」に新たな価値を見出す人々が出てきたことを示唆する象徴的な一例と言っても過言ではないでしょう。

こうした昨今の気風も鑑みながら、豊かな自然に囲まれて「日本一の風景街道づくり」を目指す宍粟市での不動産売却について、ぜひ知識を深めてみてくださいね。


関連記事

加西市の不動産売却/兵庫百選に選ばれた田園風景が人気の街

茨木市の不動産売却/インターチェンジがありファミリー層に人気

大阪市西成区の不動産売却/低価格な宿泊施設がある飲み屋街

加古川市の不動産売却/鶴林寺や高御位山があり、文化遺産の多い街

洲本市の不動産売却/淡路島の中心に位置する住みやすい街

三田市の不動産売却/神戸三田プレミアム・アウトレットが有名

相生市の不動産売却/相生湾ではペーロン競漕が行われる街

河内長野市の不動産売却/自然休養村や滝畑四十八滝のある街

交野市の不動産売却/天野川が流れ、山に囲まれた田園都市

宍粟市の不動産売却/山崎アウトドアランド、もみじ山が人気