不動産売却における加西市の魅力についてご紹介

目次

  1. 加西市とは
  2. 加西市の魅力
  3. 加西市の取り組み
  4. 加西市の補助金制度
  5. 加西市で不動産売却をおこなうポイント

加西市とは

加西市は、兵庫県の南部に位置する市です。地域的には東播磨、または北播磨となりますが、兵庫県北播磨県民局に区分されます。

播磨平野のほぼ中心に位置し、市の面積は150.19㎢、東西12.4㎢、南北19.8㎢の広さを持つ市です。北部には山林があり、南端部の低山にも山林が目立ちます。

加西市のキャッチコピーは「花、ゆめ、根日女(ねひめ)」です。市域には山林のほかに畑作地帯や田園地帯が目立ち、南東端部には乳牛育成牧場もあり、基幹産業のひとつに農業が挙げられます。

また、「兵庫県立フラワーセンター」という大型の植物園も有し、大型のゴルフ場も目立ちます。

また、「兵庫県立フラワーセンター」という大型の植物園も有し、大型のゴルフ場も目立ちます。

<歴史>

玉丘史跡公園には、播磨風土記にも記された根日女の恋伝説を伝える玉丘古墳をはじめ6基の古墳が点在しています。それらの古墳を取り囲むように芝生広場や湿地観察園、野鳥観察デッキ、ガイダンス棟が整備されています。玉丘古墳は、400年代前半に築造された全長109cmの前方後円墳です。県下では6番目の大きさを誇り、墳丘や外壁が残っているため、国の史跡指定を受けています。

また、古墳時代の恋物語を、文献である播磨風土記で現在に伝える古墳は全国的にも極めて少なく、古代歴史の浪漫漂う公園は悠久の時を越えて市民に親しまれています。
平安時代に建立され、日本を代表する古塔でもある「法華山一乗寺」は、西国三十三所の第二十六番札所の天台宗の寺院です。三重塔は平安時代末期に建立され、屋根は上に行くほど小さくなるように造られており、安定感のある優美な塔となっております。

そのほかにも、石造宝塔や奥の院開山堂等文化財が多く存在し、特に国宝にも指定されている「聖徳太子及び天台高僧像」は有名です。

北条の宿は、1200年以上前に建立された住吉神社や酒見寺の門前町として栄えました。戦国時代の小谷城主であった赤松氏が、古市場を開いたことから繁栄し、江戸時代には京都と出雲を結ぶ東西の街道に、南北の街道が集まる交通の要衝に当たる宿場町として栄えました。

現在でも、住吉神社や酒見寺の門前町や、多くの商家が贅を競い趣向を凝らした家屋やその面影を見ることができるため、散策道として楽しむことができるでしょう。

加西市の魅力

加西市は、緑の多さが最大の特徴です。自然公園や古墳群、情緒ある街並み・家並みは兵庫百選にも選ばれ、良い環境が整っています。また、田舎でありながらも過疎化が進んでいるわけでもなく、程よいベッドタウンとしても機能しています。
ここでは、そんな加西市の魅力についてご紹介します。

<自然豊かなまち>

加西市は、瀬戸内の温暖な気候により、古くから豊穣の地として知られています。
特に、山田錦が名産であるため田畑が広がり、自然公園も多数存在します。都会と比較すると、空気がきれいでおいしく、自然豊かな環境の下で子育てをしたいという方が移住することも多いです。

<土地・駐車場が安い>

人口5万人に対し面積が約150㎢と、人口密度が低く広いのが特徴です。そのため、都市部と比較すると土地が安く、大きな家を持つことができます。駐車場代も格安であるため、非常に住みやすいまちといえるでしょう。

<防犯意識が高い>

ご近所付き合いの濃さも特徴のひとつです。ご近所のつながりの強さから、まち全体の防犯意識が高く、子どもを見守ってくれるところも大きな魅力となります。

<子育て支援が充実>

加西市では、待機なしで保育園に入れたり、医療費が中学生まで無料だったりと、子育て世帯に手厚いサポートを行っています。ほかにも、新婚世帯向けの家賃補助制度や、多子世帯保育料の軽減などの市政もあり、子育て支援が充実したまちです。

加西市の取り組み

加西市には、全国から気球愛好家が飛行に集まります。地域を活性化させるために「気球の飛ぶまち加西推進委員会」が行った取り組みが、2020年度の「ふるさと名品オブ・ザ・イヤー」を受賞しました。地域住民も積極的に関わり、まちの魅力を発信している点が評価されました。

また、加西市で気球愛好家が気球のフライトを始めたのが2014年で、すぐに市が愛好家と住民の橋渡しを担い、飛行しやすい環境づくりに徹しました。
2016年には、「気球の飛ぶまち加西条例」を制定し、気球を前面に出すPRに踏み出しました。

2019年からは、クリスマス時期に気球を飛ばす「ハッピーバルーンクリスマス」が開催されています。
ほかにも、市民パイロットの養成講座や小学校の校庭で気球を係留するなど、加西市民の間に着実に根づきつつあることがわかります。
そこで、気球のまちを全国に広めるため、「ふるさと名品オブ・ザ・イヤー」のコト部門へ「気球の飛ぶまち加西」を応募し、2020年度に地方創生賞を受賞しています。

加西市の補助金制度

加西市の土地の平均価格は、住宅地で1㎡あたり3万2388円、商業地では1㎡あたり5万9000円です。
空き家率は12.92%、持家比率は78.71%、賃貸用住宅の空き家率は27.98%となっております。
1住宅あたりの延べ床面積は156.34㎡、平均通勤時間は22.1分です。
これらは、国土交通省の「都道府県地価調査」をもとに算出したデータになります。

 *国土交通省都道府県地価調査」(国土交通省地価公示・都道府県地価調査)

続いて、補助金制度についてご紹介します。

<新築建築・新築購入・中古購入の住宅取得支援>

自分が住むための戸建て住宅や、分譲共同住宅などを新築または購入した方を対象に「加西市若者定住促進住宅補助制度」が受けられます。世帯主とその配偶者の合計年齢が80歳以下の若者世帯、世帯主が独身の場合は40歳以下、世帯主の未就学の子どもを含む世帯で、取得した住宅に住民登録がされ居住していることが条件です。そのほか、住宅を新築するために借入期間10年以上の借入れがあり、世帯全員が市民税などの滞納がないこととされ、上限50万円の補助が受けられます。

<新築建築・新築購入・中古購入の住宅取得支援>

自分が住むための戸建て住宅や、分譲共同住宅などを新築または購入した方を対象に「加西市若者定住促進住宅補助制度」が受けられます。世帯主とその配偶者の合計年齢が80歳以下の若者世帯、世帯主が独身の場合は40歳以下、世帯主の未就学の子どもを含む世帯で、取得した住宅に住民登録がされ居住していることが条件です。そのほか、住宅を新築するために借入期間10年以上の借入れがあり、世帯全員が市民税などの滞納がないこととされ、上限50万円の補助が受けられます。

<増築・改築・改修による住宅支援>

市民が所有し、自らが住居している市内の住宅を市内の施工業者を利用しリフォームを行う場合、助成が受けられます。工事経費の10%相当の市内で利用できる商品券で助成されます。上限は10万円で、市民税などの滞納がないことが条件です。

<新・省エネルギー設備機器等導入補助制度>

都道府県の助成制度として、「令和4年度家庭における省エネ支援事業補助金」があります。蓄電システムもしくは太陽光発電システムと蓄電システムを同時に新設した場合、一部の費用を補助する制度です。蓄電システムは定額4万円、蓄電池システムと太陽光発電システムでは、定額10万円の補助があります。

また、市区の助成制度として、「加西市創エネ・築エネ設備設置費導入補助金」があります。蓄電システムを設置した場合は定額4万円、太陽光発電システムと蓄電システムを同時設置した場合は、定額10万円の助成が受けられます。

<移住支援制度>

市のホームページに空き家バンクを開設し、空き家改修にかかった費用の2分の1、または上限50万円の補助が受けられます。空き家バンク登録者のお試し滞在として、2〜5泊の宿泊費の一部を補助しています。

<移住支援制度>

市のホームページに空き家バンクを開設し、空き家改修にかかった費用の2分の1、または上限50万円の補助が受けられます。空き家バンク登録者のお試し滞在として、2〜5泊の宿泊費の一部を補助しています。

また、返還した奨学金の一部助成や、若者世帯の住宅取得に関する借入額の50万円を上限に補助を受けることも可能です。Uターン者に住まいや子育てに関する市の定住施策の紹介・相談をおこなう「UJIターン就職相談窓口」が、ふるさとハローワークに設置されています。

さらに、移住支援金も交付しています。

<空き家関連制度>

「加西市空き家バンク制度」により空き家情報を発信しています。空き家改修費用の一部を補助したり、空き家を住宅・事務所・地域交流拠点に活用するための改修費用を補助したりしています。住宅型で225万円、事業所型で337万円、地域交流拠点型で750万円が上限です。空き家バンクに登録している空き家は、家財道具などの片づけにかかった費用を10万円を上限として補助が受けられます。また、市内の建築士や税理士、司法書士などで構成された「加西空き家対策専門家協議会(通称:え~がい加西)」が、空き家問題に関する相談の実施を行っています。

加西市で不動産売却を行うポイント

加西市の2022年の地価公示は、平均坪単価が10万円です。前年と比較すると、0.09%上昇していることがわかります。実際に行われた土地の取引価格は、平均坪単価が7万円です。こちらも前年と比較すると、106.77%上昇しています。これらは、国土交通省の「土地総合情報システム」をもとに算出したデータになります。
 *国土交通省「土地総合情報システム」(土地総合情報システム | 国土交通省 )

坪単価が安いため、大きな家を持つ人が多いのが特徴です。場所によって異なりますが、坪単価が1万円のところもあります。また、子育て支援が充実しており、ベッドタウンとしても機能しているため、移住してくる人も多いでしょう。前年より取引価格も上がっているため、不動産の売却を検討している方は、早めに行動するのがポイントです。取引件数自体も、多くはないため早期売却が期待できるでしょう。


【関連記事】

堺市中区の不動産売却/堺の中心に位置する住宅地

明石市の不動産売却/子育て施策は全国トップクラスの街

松原市の不動産売却/自然災害が極めて少なく大阪のへそと呼ばれる街

茨木市の不動産売却/インターチェンジがありファミリー層に人気

大阪市東淀川区の不動産売却/大学生が賑わう住宅街

阪南市の不動産売却/大阪府で犯罪数が最も少なく治安が抜群

柏原市の不動産売却/柏原地ワインとして知られブドウ畑が多い街

門真市の不動産売却/伊丹空港が近く大日イオンイオンがある街

豊岡市の不動産売却/城崎温泉があり、鞄産業が盛んな街

寝屋川市の不動産売却/子育て環境が整うバランスが取れた都市