不動産売却における小野市の魅力についてご紹介

目次

  1. 小野市とは
  2. 小野市の魅力
  3. 小野市の取り組み
  4. 小野市の補助金制度
  5. 小野市で不動産売却をおこなうポイント

小野市とは

小野市は、兵庫県の中南部にあり、東播磨のほぼ中心に位置しています。北播磨県民局に区分されており、北播磨の中心都市です。天気予報や気象注意報・警報区分は「兵庫県南部」「播磨南東部」に属します。

兵庫県の県庁所在地である神戸市と、播磨地方の中心都市である姫路市の二大都市のほぼ中間に位置し、両市のベッドタウンとして機能しています。そのため、1970年代〜1980年代にかけては特に住宅地化が進められました。

また、兵庫県では有数の伝統工芸都市として知られており、「そろばん」の生産地としても有名です。東隣の三木市と同様に金物で知られ、なかでも「播州鎌」は兵庫県の伝統工芸品にも指定されています。

<歴史>

小野市では、貴重な文化財や歴史資産などに触れることができます。
600年代後半の飛鳥時代に建てられた古代寺院跡に、「広渡廃寺跡歴史公園」が建立されました。東西両塔や金堂、講堂などが確認され、奈良の薬師寺と同様の伽藍配置であったことから明らかになったと言われています。現在は史跡公園として整備し復元され、建物の基礎である基壇や、縮尺20分の1の伽藍縮小模型などから当時の姿を偲ぶことができます。

鎌倉時代には「浄土寺」、現在の「国宝・浄土寺浄土堂」が建立されました。源平合戦により焼失した東大寺を再建するために、責任者の重源上人が建立した寺院です。浄土堂は、「大仏様」という技法を唯一全国で伝える貴重なお堂で、信仰の場であるとともに、自然の光が来迎の姿を表現する構造となっているため、芸術やオブジェといっても過言ではないでしょう。

鎌倉時代には「浄土寺」、現在の「国宝・浄土寺浄土堂」が建立されました。源平合戦により焼失した東大寺を再建するために、責任者の重源上人が建立した寺院です。浄土堂は、「大仏様」という技法を唯一全国で伝える貴重なお堂で、信仰の場であるとともに、自然の光が来迎の姿を表現する構造となっているため、芸術やオブジェといっても過言ではないでしょう。

江戸時代には、小野藩一柳家の陣屋跡に「好古館」が建てられ、小野市の歴史や芸風、風土に関する資料などが展示されています。実体験コーナーも設置されており、昔の玩具で遊べたり、歴史や風土を映像で楽しんだりすることが可能です。敷地内には「柳風亭」という茶室があり、茶道を通して日本の伝統文化に触れることができます。茶庭には、木や竹、石の自然な姿が調和し風情を感じられるのも魅力のひとつです。

小野市の魅力

小野市は、古くからそろばんや家庭用の刃物の生産地として栄え、美しい自然と伝統文化のあるまちです。ここでは、そんな小野市の魅力についてご紹介します。

<交通アクセスの充実>

ベッドタウンとして多くの人々が住んでいる小野市では、交通アクセスが充実している点が大きなメリットです。
JR西日本加古川線は小野町駅を起点とし、加古川駅や粟生駅、谷川駅といったターミナル駅まで行くことができます。
神戸電鉄粟生線は、三木市の住宅地と神戸を繋ぐ路線であり、通学や通勤でよく利用されています。

北条鉄道北条線は、小野市の粟生駅と加古川市の北条町駅を繋ぐ路線です。
電車のほかには「らんらんバス」というバスが市内を循環しています。小学生以下と65歳以上の方は無料で利用でき、中学生以上〜65歳未満では1回100円で利用可能です。ノンステップバスであるため、高齢者の方でも車椅子を利用する方でも安心して利用することができるでしょう。

電車を利用すると、姫路まで約40分、三宮までは約1時間程度で到着します。また、神戸方面にもバスは出ていますが、車があるほうが便利でしょう。

<周辺環境の充実>

小野市は、自治体による手厚い支援が受けられることから、子育て世帯から高齢の方まで幅広い年齢層にとっても住みやすいまちです。
子育て関連では、0歳〜高校3年生までの医療費が所得にかかわらず無料となります。4歳・5歳の幼児教育や保育料も所得にかかわらず無料で、学童保育は市内すべての小学校で実施されています。そのため、市内の保育所での待機児童は0人です。
また、「妊娠・子育てサポートセンター」や、妊娠・出産の際に助成金があることから、これから出産する方でもさまざまな恩恵を受けることができます。

高齢者関連では、日々の生活をサポートする「地域の絆づくり支援事業」を実施し、支援体制が充実しています。さらに、「福祉総合支援センター」を通じた福祉支援にも積極的で、「北薩摩総合医療センター」は450床のベッド数を誇る総合病院で医療設備も充実しているため安心です。
そのほかにも、学校はすべて耐震工事済みで、外国語教育にも力を注ぎ、住宅用太陽光発電システム設置の補助など、自治体としてさまざまな分野で積極的な取り組みをおこなっています。

小野市の取り組み

小野市では、加古川を活用し新大河橋付近に「かわまちづくり計画」が進められています。「かわまちづくり計画」とは、地域が持つ資源や知恵を活かし、地域活性化や観光振興をなどを目的とする計画です。市町村や民間事業者、地域住民などと河川管理者がそれぞれの取り組みを連携し「河川空間」と「まち空間」が融合した良好な空間を目指します。河川空間を活かし地域の賑わい創出を図るための取り組みです。

西日本最大級の桜づつみ回廊がある大部地区を拠点とし、姫路河川国道事務所とともに、「かわ」と「まち」が一体となった良好な水辺空間を整備する計画を検討しています。

川の怖さや対応について学び、気軽に川と親しみ、身近に感じられていた時代をイメージし、川の景観や憩いの場、学びの場として繋がれるようなまちづくりをおこないます。

取り組みイメージとしては、水生生物学習会やサイクリング、マルシェ、イルミネーションなどを計画しています。f

小野市の補助金制度

小野市の土地の平均価格は、住宅地で1㎡あたり3万2550円、商業地では1㎡あたり7万8500円です。

空き家率は11.39%、持家比率は76.69%、賃貸用住宅の空き家率は26.18%となっています。1住宅あたりの延べ床面積は125.43㎡、平均通勤時間は23.2分です。

これらは、国土交通省の「都道府県地価調査」をもとに算出したデータになります。
 *参考:国土交通省都道府県地価調査(国土交通省地価公示・都道府県地価調査)

続いて、補助金制度についてご紹介します。

<新築建築の住宅取得支援>

現在の住宅を解体して同じ場所に新築する際に、工事費の一部を補助する「住宅耐震化建替助成事業」を行っています。工事にかかった費用の80%、もしくは100万円のいずれか低い額が助成されます。対象となるのは、1981年5月31日以前の建築物で、耐震診断の評点が低い、市内にある居住用の戸建て住宅です。その他にも要件があるため、新築する際は確認しておきましょう。

<増築・改築・改修による住宅支援>

ここでは、2つの補助金制度が対象となります。

1つ目は、「住宅耐震改修助成事業」です。補助対象となる経費は、工事費に応じてか100万円のいずれか低い額が助成されます。対象となるのは、1981年5月31日以前の建築物で、耐震診断の評点が低い、市内にある居住用の戸建て住宅です。上記同様にほかにも要件があるため、新築する際は確認しておきましょう。

2つ目は、「高齢者等住宅改造費助成事業」です。日常生活を送るうえで支障のある高齢者や障碍者に対しバリアフリー工事費用が助成されます。住宅改造助成対象の工事費合計額のうち80万円まで助成対象基準額としています。介護保険住宅改修費等と合わせると100万円です。生計の中心者である所得に応じ費用負担や所得制限があります。

<新・省エネルギー設備機器等導入補助制度>

都道府県の助成制度として、「令和4年度家庭における省エネ支援事業補助金」があります。蓄電システムもしくは太陽光発電システムと蓄電システムを同時に新設した場合、一部の費用を補助する制度です。蓄電システムは定額4万円、蓄電池システムと太陽光発電システムでは、定額10万円の補助があります。

<移住支援制度>

高校3年生までの医療費が所得制限なしで無料です。また、2歳以下の子どもに対し、保護者が負担すべき保育料の3割を市が負担しています。
そのほかにも、全小中学校の教室の空調設備を整備したり、65歳以上・小学生以下・障がい者は運賃無料の「らんらんバス」を運行したり、他市にはないオンリーワンのサービスを展開しています。

<空き家関連制度>

2017年度より、関電サービス株式会社と連携し、市内の「空き家見守りサービス」を実施しています。実証事業モニターになれば年2回の空き家見守りサービスが1年間無料です。
また、空き家の有効活用を目的とした「空き家バンク」を実施しています。空き家を利用し、小野市への移住を希望している方に、市内の空き家情報を提供する「空き家バンク制度」も実施しています。

小野市で不動産売却をおこなうポイント

小野市の2022年の地価公示は、平均坪単価が13万円です。前年と比較すると、0.4%上昇していることがわかります。実際におこなわれた土地の取引価格は、平均坪単価が8万円です。こちらは前年と比較すると、27.22%下落しています。これらは、国土交通省の「土地総合情報システム」をもとに算出したデータになります。  *国土交通省「土地総合情報システム」(土地総合情報システム | 国土交通省 )

データを見ると、土地の取引価格は下落傾向にありますが、子育て世帯から高齢の方まで幅広い年齢層で手厚い支援が受けられる住みやすいまちです。ベッドタウンとしての人気もあるため、移住してくる方も多くおられます。そのため、子育て世帯の移住を狙うことが早期売却につながる重要なポイントとなるでしょう。


【関連記事】

丹波市の不動産売却/藤のシャワーが見れる白毫寺が人気の街

三木市の不動産売却/戦後時代の史跡や重要文化財が豊富な街

明石市の不動産売却/子育て施策は全国トップクラスの街

柏原市の不動産売却/柏原地ワインとして知られブドウ畑が多い街

西宮市の情報と不動産売却について【まとめ記事】

堺市中区の不動産売却/堺の中心に位置する住宅地

大阪市東成区の不動産売却/モノづくり企業が栄える街

高石市の不動産売却/浜寺公園が近く静かで暮らしやすい街

淡路市の不動産売却/うずしおクルーズ、休暇村南淡路が人気

交野市の不動産売却/天野川が流れ、山に囲まれた田園都市