不動産売却における川西市の魅力についてご紹介

目次

  1. 川西市とは
  2. 川西市の魅力
  3. 川西市の取り組み
  4. 川西市の補助金制度
  5. 川西市で不動産売却をおこなうポイント

川西市とは

川西市は兵庫県南東部に位置する市です。大阪府との県境に面しており、阪神北県民局の管轄区域となります。清和天皇の後裔である源満仲が、多田神社のある地域に源氏武士団を形成し、後に鎌倉幕府を開いた源頼朝などの清和源氏の本拠地となりました。

清和源氏とは、源氏の一族であり「清和天皇」を起源とする一族のことです。源氏は、起源とする天皇ごとに全部で21の一族があります。

そのなかでも、清和源氏が有名なのは、武士として初めての政権である「鎌倉幕府」や「室町幕府」や「江戸幕府」もすべて清和源氏から誕生しているためです。当時、日本を動かしていた歴史の主人公が貴族から武士へと変わったときの「源平合戦」はさまざまな物語とともに、今でも語り継がれています。

1995年1月17日に阪神・淡路大震災で被災し死者も出ています。2011年3月11日に東日本大震災が発生した際は、同年3月18日に「東日本大震災川西市支援本部」が設置されました。

現在は、武門源氏発祥の地として市の在住者や、ゆかりのある者、市長の認めた者のなかから「源氏ふるさと大使」を任命し地域復興に取り組んでいるようです。市のイメージキャラクターは金太郎の形をした「きんたくん」が存在し、防火キャラクターとしては「きんすけくん」があります。また、川西市では人権擁護都市宣言や非核平和都市宣言を発表しています。

川西市の魅力

源氏ゆかりの地でもある川西市内には、寺社仏閣がいくつもあり、春になると武者行列のイベントなども開催されている歴史あるまちです。ここでは、そんな川西市の魅力についてご紹介します。

<利便性が良い>

川西市の中心エリアでは、3路線を利用することができます。駅周辺にはバスターミナルの施設が整備されているため、多方面にアクセスしやすく通勤や通学で利用する人が多いです。大阪の都心エリアにも1時間以内で到着と利便性が良く、アクセス面でも充実しています。

能勢電鉄は地元の人々から「のせでん」と親しまれ、イベントが開催されることもあります。電車の窓から、のどかな住宅街や自然の景色を眺めることができるのは、川西市の大きな魅力でしょう。

また、阪急電鉄宝塚本線や能勢電鉄妙見線の川西能勢口駅付近は、大阪のベッドタウンとしても人気で、ファミリー層も多く暮らしています。大都市へアクセスしやすく、駅前は繁華街で大きな駅ビルなどもあります。

<商業施設が多い>

川西能勢口駅周辺には商業が発達しているため、都会的な雰囲気があります。「西友」などのショッピング施設から、昔懐かしい精肉店や青果店などもそろっており、落ち着いて買い物をすることができます。JR川西池田駅と阪急川西能勢口駅の間にある「アステ川西」はファミリーでも利用可能な便利な施設です。テナントも豊富で、ひとつのビル内で買い物を済ませることもできます。

川西能勢口駅周辺には商業が発達しているため、都会的な雰囲気があります。「西友」などのショッピング施設から、昔懐かしい精肉店や青果店などもそろっており、落ち着いて買い物をすることができます。JR川西池田駅と阪急川西能勢口駅の間にある「アステ川西」はファミリーでも利用可能な便利な施設です。テナントも豊富で、ひとつのビル内で買い物を済ませることもできます。

<静かな環境>

川西市は商業施設が立ち並び近代化が進んでいますが、歴史あるスポットも多く、昔の寺院や文化財が残っているエリアです。有名なのが多田神社で、源氏ゆかりの地で歴史に触れることができます。春頃におこなわれる「源氏まつり」では、源氏歴代の武将の衣装を着て馬に乗る行列が見られます。

このように、古い歴史が残っていますが住みやすい環境づくりに取り組むなど、さらなる活性化のため新たな高速道路が開通され、より便利なまちへと進化し続けているのです。中国自動車道ともアクセスができるようになったため、交通渋滞の緩和を目指しています。道路がより便利になったことで、交通面での安全性が高まっていくことが期待できるでしょう。

また、川西市では通院医療費が無償化の対象となるのが未就学児までとされていましたが、現在では子育て支援が充実し、中学3年生までに変更となりました。妊婦健康診査費の助成額も引き上げられ、子育てのしやすい環境が整えられています。保育施設を対象に、産休明けの受け入れや乳児保育が充実しているのも魅力のひとつです。

さらに、大阪のベッドタウンとしても人気が高いため、住宅街が広がり高級住宅街もあります。便利なまちで不便なく生活ができるうえ、自然や歴史、文化も身近に感じることができるため、単身者やファミリーでも非常に住みやすく好立地といえるでしょう。

川西市の取り組み

2020年で市政65年を迎え、ますます活気が溢れている川西市では、今もなお市民にとって住みやすい環境づくりが進められています。

<かわにしプロジェクト>

取り組みとしては、近年「あんばい ええまち かわにしプロジェクト」を立ち上げました。川西市をPRするため、大阪市の中心部でポスターを活用したり、住宅・観光関連の情報サイトを充実させ、市の活性化を図っています。プロジェクトにより、「新名神高速道路」が2018年に開通し、ダブルアクセスが実現しました。

<川西市子どもの人権オンブズパーソン条例>

子どもの人権オンブズパーソンとは、いじめや虐待、体罰などで苦しむ子供たちの小さなSOSを少しでも早く発見するという目的で1999年に設立されました。子どもたちのなかには、両親や学校の先生には身近な存在だからこそ「本当のことを言えない」という子もたくさんいます。そこで、子どもの人権擁護・救済のための公的第三者機関が設置されました。子どもの話を聞き、しっかり受け止め、人権が尊重された状態で前向きに問題解決に取り組めるよう支援を開始しました。

<ふるさと納税>

ふるさと納税として、川西市に5000円以上の寄付をした市外在住の寄付者に対し、寄付金額に応じた希望商品をお礼の品として渡しています。お礼の品は、市内の応援事業者が提供している約200種類の特産品のなかから選択可能で、いちじくや木のおもちゃなど、自然豊かな川西市の魅力ある商品です。
また、寄付金を指定した地域の市民活動を応援する支援金となるため、市外で暮らす方の故郷や家族の思いなどを地域に届けることができるシステムです。

川西市の補助金制度

川西市の土地の平均価格は、住宅地で1㎡あたり9万7413円、商業地では1㎡あたり17万1500円です。
空き家率は12.08%、持家比率は76.29%、賃貸用住宅の空き家率は16.67%となっております。

1住宅あたりの延べ床面積は100.94㎡、通勤時間は48.4分です。
これらは、国土交通省の「都道府県地価調査」をもとに算出したデータになります。
 *国土交通省都道府県地価調査」(国土交通省地価公示・都道府県地価調査)

続いて、補助金制度についてご紹介します。

<新築建築の住宅取得支援>

耐震診断の結果、安全性が低いと判断された住宅を建て替える際に「建替工事費補助」をおこなっています。県民で条件を満たす住宅に対し、建替工事に要した費用の一部を補助する制度で、補助金額は100万円です。しかし、対象費用が100万円未満だった場合は対象外となるため注意が必要です。

<増築・改築・改修による住宅支援>

このなかでは、2つの補助金制度が対象となります。

1つ目は、「簡易耐震推進事業」です。1981年5月31日以前に着工した住宅の簡易耐震診断を無料でおこなっています。

1つ目は、「簡易耐震推進事業」です。1981年5月31日以前に着工した住宅の簡易耐震診断を無料でおこなっています。

また、簡易耐震改修工事費補助とシェルター型工事費補助、屋根軽量化工事費補助は、それぞれ50万円ですが、50万円未満の場合は対象外です。防災ベッドの設置助成は1台につき10万円で、10万円未満のものは対象外となります。

<新・省エネルギー設備機器等導入補助制度>

都道府県の助成制度として、「令和4年度家庭における省エネ支援事業補助金」があります。蓄電システムもしくは太陽光発電システムと蓄電システムを同時に新設した場合、一部の費用を補助する制度です。蓄電システムは定額4万円、蓄電池システムと太陽光発電システムでは、定額10万円の補助があります。

<空き家関連制度>

空き家活用支援事業は、市内の空き家を取得し改修する際に、改修に要した費用の一部が助成される制度です。

主に4つの種類があります。

1つ目は、「若年・子育て世帯住居型」です。若年者や子育て世帯が、住居用で市内の空き家を取得し改修する際に100万円を上限として助成されます。

2つ目は、「事業所型」です。事業者が市内の空き家を取得し、事業所として改修する際に100万円を上限として助成されます。

3つ目は、「地域交流拠点型」です。市内の空き家を取得し、地域交流拠点として改修する際に、200万円を上限として助成されます。条件は、自治会やまちづくり協議会などで、地域を基盤とする団体であり、活動内容が地域の活性化に貢献すると認められたものです。

4つ目は、「新婚・子育て世帯向け賃貸住宅供給支援型」です。賃貸事業者が、市内の空き家を取得し、新婚や子育て世帯用の賃貸住宅として改修する際に100万円を上限として助成されます。

川西市で不動産売却をおこなうポイント

川西市の2022年の地価公示は、平均坪単価が35万円です。前年と比較すると、1.04%上昇していることがわかります。実際におこなわれた土地の取引価格は、平均坪単価が33万円です。こちらは前年と比較すると、0.93%下落しています。これらは、国土交通省の「土地総合情報システム」をもとに算出したデータになります。
 *国土交通省「土地総合情報システム」(土地総合情報システム | 国土交通省 )

川西市で戸建てを売却する際の価格相場は、1800万〜2900万円程度です。ニュータウン内の物件が多く売れる傾向にあります。分譲マンションは、周辺の市に比べると少ないため、売り出すと短期間で成約が決まります。 需要が高いのは、阪急川西能勢口駅やJR川西池田駅周辺で、価格相場は2000万〜3000万円が多いです。土地の価格相場は、1600万〜2500万円程度で周辺の市と比較するとお手頃となっています。特に人気があるのが、阪急川西能勢口駅やJR川西池田駅周辺で利便性の高さが魅力です。
このように川西市は、需要があるため早めに売却しておくことをおすすめします。また、人気エリアであれば、高値・早期売却も期待できるでしょう。


【関連記事】

丹波篠山市の不動産売却/黒豆、ジビエなど美味しい食満載の街

神戸市北区の不動産売却/三宮から近いが、山が多く自然豊か

池田市の不動産売却/自然環境と交通便がよく住みやすい街

神戸市長田区の不動産売却/コリアンタウンがある住宅街

神戸市須磨区の不動産売却/須磨海水浴場は多くの人で賑わう

神戸市垂水区の不動産売却/明石海峡大橋の始点に位置する街

大阪市住吉区の不動産売却/歴史ある住吉大社がある街

西脇市の不動産売却/上質な播州織の産地として知られる街

淡路市の不動産売却/うずしおクルーズ、休暇村南淡路が人気

大阪市西淀川区の不動産売却/工業地域として発展した街