交野市での不動産売却を検討するなら【まとめ情報】

目次

  1. 交野市ってどんな場所?
  2. 交野市の住みやすさ
  3. 交野市の取り組み
  4. 交野市の見所
  5. 交野市での不動産売却まとめ

交野市ってどんな場所?

「交野市(かたのし)」は、大阪府・京都府・奈良県のおよそ中央に位置する、豊かな自然が特徴的な田園都市です。緑あふれる山々が市の東部と南部に連なり、市域の中央を斜めに横切る「天野川」をはじめとし、「星のまち交野」と呼ばれる所以が随所に散らばっています。

天野川は、織姫と彦星の物語で有名な「七夕伝説」の舞台にたとえられており、まさに「天の川」を彷彿とさせるような美しい河川です。天野川は、奈良県の生駒を水源として、磐船の渓谷を通じて交野平野に流れ、淀川に合流する一級河川として地域を潤してきました。伝承では、かつて天野川のあたりで米作りが開始され、「この地域では甘くおいしい米がとれる」という評判から、「甘野」「甘野川」として人々に親しまれるようになり、後に「天野川」と呼ばれるようになったとのことです。

天野川は、織姫と彦星の物語で有名な「七夕伝説」の舞台にたとえられており、まさに「天の川」を彷彿とさせるような美しい河川です。天野川は、奈良県の生駒を水源として、磐船の渓谷を通じて交野平野に流れ、淀川に合流する一級河川として地域を潤してきました。伝承では、かつて天野川のあたりで米作りが開始され、「この地域では甘くおいしい米がとれる」という評判から、「甘野」「甘野川」として人々に親しまれるようになり、後に「天野川」と呼ばれるようになったとのことです。

歴史や天体、物語や伝説が好きな方への不動産売却をお考えであれば、ぜひ交野市のこうした背景もお話してみてください。

続いて、歴史的な趣を感じられる集落地帯と、新たに作られた現代の住宅地が共にあることで、豊かな自然との調和がとれた交野市の魅力について解説していきます。

交野市の住みやすさ

交野市は、大阪府の中でも移住先として人気のエリアの一つです。市としても移住支援に力を入れており、交野市内に住宅を取得し、移住・定住した方を対象に、補助金が交付されています。

 *令和4年度 交野市住宅取得流通促進支援事業補助金(https://www.city.katano.osaka.jp/docs/2022030300026/)

さらに、「交野市同居・近居促進事業補助金」として、交野市外にお住まいの子育て世帯と、市内在住の親世帯が、交野市で新たに同居や近居を開始する場合にかかる、住宅取得や住宅改修工事にまつわる経費の一部が助成される制度もあります。

そして、「交野市中古住宅流通促進・リフォーム等補助金」では、新築から15年以上経過している交野市内の中古住宅を購入し、転居された場合に一部が助成され、加えて、転居の際に購入した家をリフォーム・改築・建替えされた場合には、追加で助成が行われる制度もあるのです。

 *交野市「移住をサポートする補助制度」(https://www.city.katano.osaka.jp/nagomi/docs/2020102600128/)

こうした制度について理解を深めることは、交野市外の方へ不動産売却を進める際に、大きな一助となることでしょう。

また、交通アクセスが非常に良い点も、住みやすさを語る上では外せません。前述の通り、交野市は大阪・京都・奈良のほぼ中間地点に位置するため、通勤・通学・観光などの拠点としてたいへん重宝されています。交野市を通る「京阪電鉄交野線」や「JR学研都市線」をはじめ、市内初の高規格道路として話題となった「第二京阪道路」の開通もあり、交通アクセスが大幅に向上しているのです。学生さんや、ビジネスパーソンのおられる世帯向けの不動産売却では、ぜひこれらの点も強調してみてくださいね。

最後に、子育て世帯にとって重要な、交野市の「子育て支援」の充実についてもまとめます。「第3子保育料等の完全無償化」として、認定こども園等に在園する第3子以降の子どもに対し、0~2歳児は保育料を、3~5歳児は副食費(おかず)を、世帯収入を問わず、交野市独自で無償化する制度が設けられています。子育てに関する各種相談窓口の設置はもちろんのこと、市内には大小あわせて100箇所以上もの公園やちびっこ広場が用意されており、のびのびと遊べる環境づくりが行われています。

交野市の魅力については、ホームページでもまとめられていますので、ぜひ目を通してみてください。

 *かたの”和(なごみ)”クオリティ(https://www.city.katano.osaka.jp/nagomi/)

交野市の取り組み

交野市では、2021年11月3日に「市制施行50周年」が記念され、大きな節目を迎えました。はるか昔の石器時代より、人々の営みが行われてきた交野の地では、「身近に溢れる自然と、昔ながらの趣を残す集落や、新たにつくられた住宅地が調和するまち」として発展を続けてきました。

「交野市 市制施行50周年 記念特設サイト」では、「 現在も若い子育て世代が多く移り住んでいただいており、近年では、第二京阪道路の開通により交通利便性が飛躍的に高まったことから、星田北エリアでは新しい市街地が生まれつつあり、住民誘致や雇用の創出となる企業誘致が見込まれています。」と市長からのメッセージが掲載されています。この追い風は、交野市での不動産売却をお考えの方には、ぜひご着目いただきたいポイントです。

 *交野市 「市制施行50周年 記念特設サイト」(https://www.city.katano.osaka.jp/50th_anniversary/docs/2021060400034/)

一方で、少子高齢化や人口減少といった全国的な問題については、交野市も同様であり、大きな課題とされています。同サイトの中でも「安全・安心で快適な暮らしのための都市機能や、自然・文化等のまちの魅力を未来に引き継ぎ、また、エネルギーや食糧消費の反省、多様性を認め合う価値観、あらゆる分野でのIT技術の活用など、世界的な時代の流れを踏まえながら、まちの活力や地域の豊かさをこITれからも持続させていかなければなりません。」と述べられています。これらの課題に対しては、交野市の「令和4年度 実施計画書」の中でも、以下のように具体的な対策が講じられています。

「観光振興」:関係人口の増加とまちの活性化を図るため、多様な団体や事業者など連携し、地域資源を活用した市の魅力発信事業を行う。

「就労支援の充実」:少子高齢化が進展することにより労働力人口の減少が懸念される一方、経済状況は好調を維持しており、雇用情勢についても改善が見られている。しかしながら、いわゆる就職困難者は確実に存在していると言われていることから、引き続き各関係機関と連携して就労機会の創出を図る。

「シティプロモーションの推進」:市内外にまちの魅力を情報発信し、定住の促進及び移住・交流人口の増加を図る。

 *交野市「令和4年度 実施計画書」(https://www.city.katano.osaka.jp/docs/2022051700010/)

「住みたい・住み続けたい・住んでよかった」と思える交野を目標に、市としても積極的な取り組みが進められています。こうした市政にまつわる情報は、市のホームページから誰でも簡単に閲覧することができますので、交野市での不動産売却を検討される際には、ぜひ参考にしてみてください。

交野市の見所

交野市と言えばやはり、「七夕伝説」にちなんだ名所が見どころです。天野川をはじめ、その流域に残る七夕ゆかりの痕跡も、伝説発祥の地としておさえておきたいポイントです。

交野市の倉治には、織姫をまつる「機物神社(またものじんじゃ)」があり、その対岸に位置する枚方市の香里団地にある中山観音寺跡には「牽牛石」が設置されており、天野川を間に、織姫と牽牛がまるで向い合うように配置されています。

また、天野川に架かる橋の名前にも、七夕伝説をなぞらえたロマンチックなものがあります。「逢合橋(あいあいばし)」は、織姫と牽牛が1年のうちに7月7日のたった一度の逢瀬を楽しんだ場所として有名です。「鵲橋(かささぎはし)」には、鵲が羽根を連ねて2人の橋渡しをしたという、言い伝えが残されています。「天津橋(あまつばし)」は、「天の港」の意が込められ、現在では織姫と彦星のイルミネーションが輝く人気スポットとなっており、待ち合わせ場所としても利用されています。これらは交野市と枚方市を結ぶ大きな魅力です。

さらに、交野市のご当地キャラクターとして、「おりひめちゃん」や「星のあまん」も活躍しており、市のイベントやPR活動に精を出しています。s

次に、「大阪には、森がある」をキャッチコピーに、府政100周年を記念し整備された、9つの園地からなる自然公園「府民の森」も、ぜひ足を運んでいただきたいスポットです。交野市にある「ほしだの森」は巨大な吊り橋やクライミングなど、アクティビティに富んだ冒険の森で、観光地としても大人気です。全長280メートルに、高さが50メートルを誇る、巨大吊り橋「星のブランコ」や、本格的なクライミングウォールなど、自然の中で大いに遊べる場所になっています。

歴史深く、物語のロマンを秘め、大自然の中で存分に体を動かし楽しむことができるのは、交野市の大きな強みと言えるでしょう。

交野市での不動産売却まとめ

いにしえより、豊かな実りをもたらし愛されてきた天野川と、豊かな山々に囲まれた交野ケ原を中心に、七夕伝説をはじめとした様々な伝説との繋がりがささやかれてきた交野市は、歴史と近代が共存する緑豊かな田園都市です。

交通拠点としてもアクセスが良く、通勤や通学にたいへん便利な地域である点も魅力です。市外からの移住にも対応できるよう様々な支援が整えられており、子育て支援の充実と共に、育児をきっかけに不動産購入を考えている方にもおすすめできるポイントが多数あります。

今回の記事では、交野市の魅力についてまとめてみました。ぜひ、交野市での不動産売却をご検討中の方は、こういった情報をもとに、交野のアピールポイントを探ってみてくださいね。


【関連記事】

岸和田市の不動産売却/岸和田だんじり祭りがおこなわれる街

たつの市の不動産売却/龍野城、新舞子海水浴場で楽しめる街

四條畷市の不動産売却/生駒山系の自然や歴史遺産に恵まれた街

八尾市の不動産売却/山も近く自然豊かな住みやすい住宅地

神戸市垂水区の不動産売却/明石海峡大橋の始点に位置する街

大阪市大正区の不動産売却/運河に囲まれた緑豊かな街

堺市美原区の不動産売却/黒姫山古墳があり鋳物発祥の地

守口市の不動産売却/スーパーが多く、大阪市内への交通も便利

大阪市浪速区の不動産売却/なんぱパークスやでんでんタウンで賑わう街

大阪市住之江区の不動産売却/人気展望台がある観光地