藤井寺市で不動産を売却したい どんな地域?

目次

  1. 藤井寺市の場所と交通アクセス
  2. 藤井寺市の暮らしやすさとスポット
  3. 藤井寺市の治安―防犯や防災対策
  4. 藤井寺市の地価相場や過去の売買状況
  5. 藤井寺市不動産売却のまとめ 

藤井寺市の場所と交通アクセス

藤井寺市は大阪の南東部に位置している市です。南東部といっても、都道府県庁がある中心地の、広大な大阪市とすぐ近い位置にあり、大阪市の隣にある松原市、八尾市とも隣接しています。他都道府県に移動する公共交通機関や、大きな商業施設など、必要な施設や交通網が整った大阪市のすぐそばにある、非常に便利な地域です。大阪府全体の地図では目立たない小さな市です。藤井寺市の市域面積は8.89㎢であり、隣接した松原市の半分強という広さですが、市内は大阪市に出るための交通アクセスが充実しているため、不便さは感じません。利用しやすく人気がある駅としては、道明寺駅が挙げられます。この駅は、近鉄道明寺線と近畿日本鉄道南大阪線を利用できるので、この駅が使える地域のマンションは、人気物件として売却実績のなかでも業績が高く、スムーズに売れています。

藤井寺市では、3駅が利用できます。この道明寺駅と、近鉄南大阪線の藤井寺駅、そして近鉄南大阪線の土師ノ里駅です。そう広くない市域面積である市内にあって3駅が使えるのは、やはり藤井寺市ならではの利点であるといえます。どの駅にどのくらい近いか、駅までの徒歩やバスなどでの所要時間を、不動産を所有して長く暮らす購入希望者は重要視します。生活する上で、とても大事なチェックポイントとなります。

藤井寺市の暮らしやすさとスポット

藤井寺市は騒々しい街というイメージもなく、賃貸は家賃も安いため、「住みやすい」として定住する人が多い、郊外都市と呼ばれる地域です。郊外地域は不便な印象を持たれがちですが、藤井寺市は商店なども充実していて、日常の買い物も便利です。郵便局は7局、公園は30ヶ所近くあります。特に各公園の面積をトータルした、つまり公園総面積が6万平方メートル以上あるという点で、窮屈さがなく落ち着いた環境であるとわかります。図書館には16万冊以上の蔵書と、音声や映像などの資料が5千点以上あり、これも他市に劣らない充実ぶりです。書物や映像を楽しみたい、または学業や研究、仕事で資料が必要なときなどは、そういうものを探す目的のために、わざわざ市外に出ていく必要がない施設が整っています。

また、梅園などのスポットがあり、祭りや行事も多く、生活を楽しむための工夫も自治体から多く出されているのが、藤井寺市の特徴でもあります。楽しめるスポットのひとつに、郊外都市の藤井寺市ならではと感じられる史跡があります。古墳群がある藤井寺市は、文化財として遺跡類を大切にしています。藤井寺市にある百舌鳥・古市古墳群は世界遺産として公的機関にも記載されているため、教育面でも研究面でも大きな財産となっています。こうした価値ある史跡に興味を持つ人には、いつでも間近に楽しめるという点でも、大阪府内でも藤井寺市は価値ある地域といえるでしょう。藤井寺市という地域が、政令都市に遜色ない人気が保たれているのは、こういった史跡が大切に保護されている環境という点もあります。「施設が充実していて便利な、住みやすく楽しめる藤井寺市」というイメージがあり、市外からの観光名所としても人気の地域です。

大阪府は日本という国のなかでは、中枢的な役割の一端を担う大都市でもあります。その大阪府のなかにいくつも分かれている各市にはそれぞれ特徴がありますが、藤井寺市は古来の史跡を残す由緒ある地域です。落ち着いた印象があるため、閑静でゆっくりとした暮らしを希望する人に根強い人気があり、定住率も高く、市外から転入する人も続いています。あわただしく激しい新規開拓は、そう多く行われてはいませんが、静かな環境で暮らしやすく、かつ便利さは手放したくないという人に、好まれているようです。

藤井寺市の治安―防犯や防災対策

長く生活をする上で、気になることはいくつもありますが、治安はそのなかでも重要なものの一つです。「藤井寺市の治安は他の地域に比べて不安はないのか」、「自治体などの防犯対策は十分なのか」、これもとても大切な点です。犯罪という人災における防犯面以外に、個人では防ぎきれない規模の自然災害に見舞われた場合の防災対策も、やはり気になるところです。

藤井寺市で、防犯対策や防災対策は、どのような取り組みが行われているのでしょうか。防犯対策に関しては、犯罪発生状況が閲覧できる場所は2ヵ所あります。羽曳野警察署と大阪府警の犯罪発生マップで、最新の犯罪発生状況が確認できます。自宅の近くや、これから出かける先で何か起きていないか、外出時や在宅時に2ヶ所の警察署のサイトで確かめて香道することができるので、安心です。ここまでは防犯面です。

藤井寺市では令和3年に、藤井寺市国土強靭化地域計画というまちづくり計画が策定されています。襲ってくる災害に対して、市民生活が安全であるように、強く安心できる街づくりを目指したものです。万一の災害に備えた避難所も、その災害規模や期間に応じて決められています。

風水害や地震という災害で家屋が損傷したときの指定避難所として開放される施設は、小中学校などを中心に、市内に17ヶ所あります。また、避難生活が長引くときに、配慮が必要な長期避難所として開放される施設が、高齢者や障がい者などのために、数ヵ所決められています。

このような災害時に、ペットと暮らしている人にとっては、避難所に入れるのかどうかということも気にかかる問題です。藤井寺市役所の案内では、災害時にペットと同行避難するよう書かれています。これは同行避難であり、避難所への同伴避難とは限らないため、各避難所に確認するようにということです。そのうえで、ペットの災害対策を日頃からそれぞれの家庭でするために大切な注意事項が記載されています。この取り組みから、市がペットを家族の一員と考えていること、藤井寺市に安全な状態で迎え入れ暮らしてもらいたいという姿勢が見えます。

また、藤井寺市役所には危機管理室が設置されています。防犯、防災どちらに関しても、危機管理室に問い合わせが可能で、電話やFAX、メールフォームが利用できます。

藤井寺市の地価相場や過去の売買状況

藤井寺市で実際に不動産を売却するとなれば、地価相場などが判断の基本になります。公示価格や一般的な不動産相場は、不動産会社でも情報がつかめます。また、藤井寺市が過去に不動産売却でどういう流れを汲んできたか、これも不動産会社に訊くとよくわかります。藤井寺市を含め、大阪周辺での土地価格推移は2015年頃に一度下降の波を見せ、坪単価55万円にまで下がりました。それまでは55万円を切ることがなかった藤井寺市ですが、このときばかりは下落に転じていたようです。買い時ではあるものの、売却には相応しくない時期でした。しかし、その後はまた緩やかな上昇傾向に回復し、2020年には坪単価57万円という価格に戻りました。

数年後など、長期的な計画で売却をする場合には、この土地価格相場をまず確認しておくことが、高く売却できるかどうかの分かれ道になります。同じような面積や築年数のマンションや一戸建てが、現在どれぐらいの価格で売却できるのか、最近の売却実績はどうなっているのか、これも気になる点です。駅からの距離や室内外設備、採光に関わる家の向き、道路に面しているか、こういったことで、同じレベルの建物であっても、不動産価格は変動します。あくまで指標でしかありませんが、やはり売却できる価格の相場は知っておきたいところです。

藤井寺市でどういう物件がスムーズに売却できるか、これを把握して藤井寺市での売買実績が多数ある不動産会社に、売却を依頼しましょう。一般的に藤井寺市で人気があり、購入希望が多い物件は、マンションで築10年ぐらいまでとなっています。マンションの場合には、それ以上の築年数になると、建物老朽化や設備の劣化により、リフォーム費用の上乗せが必要になることがあり、中古物件でも築20年を目安に価格や売却の流れが変わります。築10年以上の中古マンションを売却検討中なら、その売却実績を多数持つ、藤井寺市という地域に強い不動産会社を複数探して相談することが大切です。

藤井寺市でどういう物件がスムーズに売却できるか、これを把握して藤井寺市での売買実績が多数ある不動産会社に、売却を依頼しましょう。一般的に藤井寺市で人気があり、購入希望が多い物件は、マンションで築10年ぐらいまでとなっています。マンションの場合には、それ以上の築年数になると、建物老朽化や設備の劣化により、リフォーム費用の上乗せが必要になることがあり、中古物件でも築20年を目安に価格や売却の流れが変わります。築10年以上の中古マンションを売却検討中なら、その売却実績を多数持つ、藤井寺市という地域に強い不動産会社を複数探して相談することが大切です。

しかし、自分が今住んでいるマンションや一戸建ては、築10年以上経っているから良い条件では売れないだろう、とあきらめる必要はありません。平米数や地理、近隣施設などの特徴で、思いがけず好条件で売却できるケースは多くあり、それに慣れた不動産会社は少なくないのです。

藤井寺市での不動産売却のタイミングをどう見定めるか、これも気になりますね。藤井寺市は、市内の施設や交通アクセスも便利で、住んでいる人の満足度も高く、郊外都市といえる地域ですが、定住率は高めです。それでもやはり、大阪府中心部や他の都道府県に移り住む人が増えている社会情勢もあり、少子化も後押しして、藤井寺市全体の人口は今後少しずつ減少傾向になると予想されます。人口が大きく減少して資産価値がない地域と判断されるようになる前に、藤井寺市の地価や物件相場が数年前より上昇している「今」が、売り時であるといえるでしょう。ぜひ売却を検討されてはいかがでしょうか。

藤井寺市不動産売却のまとめ 

 その地域にしかない施設が近くにあれば、そこを利用したい購入希望者が現れます。他の地域より強いカラーを持った教育機関に通える地域には、お子さんを転入や進学させたい人が、そういった点をチェックするでしょう。市外や県外から、好んで藤井寺市に移り住む人のなかには、仕事以外にそういった目的がある人もいます。
商業施設や病院に関しても同様です。現在、藤井寺市に住んでいて、日々の暮らしで必要とされる施設が生活圏内に充実している場合には、売却の強みになります。不動産会社は、こういった強みを売り出すときの広告に大きく掲げ、売却がスムーズに、そして素早く進むようにしていきます。

藤井寺市で大規模な市街地開発が予定されていない、数年先の地価相場が予想できる今のうちに、藤井寺市での売買の実績を多数持つ不動産会社に相談して、売却活動を始めてはいかがでしょう。


【関連記事】

神戸市長田区の不動産売却/コリアンタウンがある住宅街

大阪市西淀川区の不動産売却/工業地域として発展した街

茨木市の不動産売却/インターチェンジがありファミリー層に人気

八尾市の不動産売却/山も近く自然豊かな住みやすい住宅地

加古川市の不動産売却/鶴林寺や高御位山があり、文化遺産の多い街

羽曳野市の不動産売却/竹内街道や横大路など歴史名所多数

豊岡市の不動産売却/城崎温泉があり、鞄産業が盛んな街

大阪市福島区の不動産売却/活気あるおしゃれな飲食街

大阪市西成区の不動産売却/低価格な宿泊施設がある飲み屋街

門真市の不動産売却/伊丹空港が近く大日イオンイオンがある街