高石市での不動産売却を検討している方へ

目次

  1. 高石市の歴史について
  2. 高石市の近年の様子
  3. 高石市の市政について
  4. 高石市の見所
  5. 高石市での不動産売却について

高石市の歴史について

高石市は大阪府の中南部に位置しており、北と東は西区、南は和泉市と泉大津市に隣接しています。また西は大阪湾にも面しており、海が見えます。市域のほとんどが平坦となっており、急な坂などは見られません。大阪府の下の市では、11.30平方キロメートルと2番目に面積が小さい地域でもあります。高石市は1年を通して暖かく、古くからの農業や漁業が盛んな地域なのが特徴です。特に市内高師浜にある高石漁港を中心に漁業が盛んで、チヌやイカナゴ、ブリなどが多く水揚げされています。

農業、漁業に長けているだけではなく、大阪市内まで約20分、堺市内まで約10分でアクセスできる利便性の高さも特徴です。そのためベッドタウンとして、住みやすい町でもあります。2022年5月1日時点では、人口は約55,210人、世帯数は約22,000世帯と大きな減少は見られません。

高石市の名称の由来は、「高脚」とも書かれた「高師浜」から来ています。百人一首では「音の聞く高師浜…」と詠われており、白石青松の美しい名所として天下に知られています。禁断漁猟区域が制定されたときは、高師浜が基準とされたほどです。現在は埋め立てが進み、砂浜はなくなってしまったものの、ところどころ面影が残っています。

ベッドタウンとしても人気で、漁業や農業が盛んに行われており、他の市へのアクセスが良い高石市は住みやすい町だといえます。不動産売却を検討している方は、市の歴史も背景にして、検討してみるとまた面白いでしょう。

高石市の近年の様子

高石市の特徴は、ファミリー世帯から人気が高い市です。リモートワークや働き方の多様化により、都市から離れる選択肢をする方が多くいます。

その中でも高石市は都市部に行きやすい距離であるため、たまにオフィスに出社する機会がある方に最適です。「都市部は家賃が高い」「喧騒から少し離れたい」と思う方には住みやすい町となっています。他にも遊具やグランド、広い公園など緑が多く、お子さまの遊ぶ場所が豊富で嬉しいのも魅力的な点です。
働き方の多様化により都市部にこだわる必要がなくなった今、自ずと高石市の需要の高まりが予想されます。高石市での不動産売却を考えている方には、ご着目していただきたい動向の1つです。

次に、高石市のビッグイベントである「高石だんじり祭り」は毎年10月に行われます。だんじり祭りは何箇所かで開催されてますが、高石だんじり祭りも人気があり多くの観光客が訪れます。人気テレビ番組で取り上げられているお祭りなため、ご存じの方も多いのではないでしょうか。そんな大盛況の高石だんじり祭りですが、コロナの影響により中止が続いています。しかしコロナが収束すれば、また多くの観光客で賑わいを見せるでしょう。一大イベントであるため、市民からはやってほしいとの声が相次いでいます。過ごしやすさだけではなくこうしたイベントがあるのも、高石市での不動産売却を考える上での重要なキーワードとなります。

また、高石市は財政面でも安定しています。コロナの影響が大きい中、令和年度の決算の収入が支出を上回っており、黒字です。2020年だけで交通整備から児童生徒1人に1台のタブレットの整備など、さまざまな事業を実施しています。市の財政状況や実施した事業などは、高石市の公式ウェブサイトより誰でも閲覧可能です。不動産売却を検討している方は、これもまたヒントとなるためぜひ参考にしてください。

市の財政状況や施策などに関する詳細は、高石市の公式ウェブサイトで誰でも閲覧することができますので、不動産売却を検討中の方は、ぜひそういった情報も参考にしてみてください。

 *高石市の財政状況/高石市ホームページ(http://www.city.takaishi.lg.jp/politics/zaisei/index.html)

そして、高石市は都市計画に力を入れています。残念ながら高石市は住みやすいと評判の街でありながら、1985年をピークに人口が減少し続けているのです。その対策として「高石市まち、ひと、しごと創生総合戦略」に基づき、沢山の人が住みやすくなる町を目指しています。事実、インフラ整備が進んでおり、公共施設等の老朽化対策に力を入れています。

v

高石市の都市計画図は市役所の都市計画課で販売されているため、気になった方は購入してみてください。こうした市の取り組みや人口増加に力を入れているのはとても魅力的であり、人口の増加も期待できます。

高石市の市政について

高石市の公式ウェブサイトでは、市政についての施策が掲載されています。高石市は水と緑に溢れた町です。その理由は「水と潤いのある道づくり」を目指しているからです。シンボルロードとしての整備を目指しており、ますますファミリー世帯からの注目を浴びています。

また先に述べましたように、高石市は建物の老朽化の改善にも力を入れています。現在は人口減少の傾向にある高石市ですが、1965年頃は大阪中心部のベッドタウンとして人口が急増しました。それにより学校施設の建設が急ピッチで進められたのです。しかし、高石市の学校施設のほとんどが1981年6月の建築基準法改正後の新耐震基準を満たしておらず、他の年に比べて耐震化率が低くなっています。しかし2007年8月には「高石市小学校教育施設耐震化計画」を策定し、2010年頃には耐震補強工事を実施し、しっかりと取り組んでいます。

福祉では「健康のまち たかいし 地域福祉推進プラン」として、課題解決に取り組んでいます。主な課題は次の6つです。

具体的な取り組みとして人権啓発活動の充実や早期対応の促進、外出・移動の支援など住みやすい町を目指しています。

お子さまから大人まで、年齢・性別問わず住みやすい町を目指しているため、長く住むための選択肢として挙げられるでしょう。高石市の公式ウェブサイトから福祉に関する取り組みを見られるため、ご高齢の方や障害を持った方、お子さまがいる方向けの不動産売却時にはぜひ確認していただきたい内容です。

不動産売却時に重要なキーワードとなるものを多く入手できる、貴重な情報です。

s

高石市の見所

高石市は何といっても、大阪中心部まで20分で出られる立地の良さです。これにより住みやすさが抜群のエリアと評判です。大阪中心部は数多くの企業やビルが立ち並んでおり、ビジネスマンが多いエリアとなっているため、住むには家賃や物価が高いといったデメリットもあります。さらに中心部の雰囲気が苦手な方にとっては住むのに適しません。その一方で高石市は緑が多く、中心部よりも安い賃料で住むことができます。これにより中心部に足を運ぶことが多々ある、しかし賃料はなるべく抑えたいという方には最適です。交通面での利点が多いのは非常に魅力的であるため、高石市での不動産売却をお考えの方にはぜひ、強くアピールしていただきたい点です。

高石駅前にはいくつものスーパーがあり物価も安いため、自炊をしたい方にも嬉しいポイントです。ドラッグストアなどの商業施設も多くあり、ファミリー世帯だけではなく学生にもおすすめです。デメリットとして駅前は繁華街がなく飲食店が少ないもののその分、夜間は静かに過ごせます。さらに街頭をLEDに変えているエリアが多いため、夜道も明るく女性でも安心です。大阪府全体で見ても、特に治安が良いエリアであるためおすすめです。

また高石市の特徴として全域がほぼ平坦であることが挙げられますが、これが自転車で移動しやすい利点となります。自転車で移動する方にとって坂道はとてもつらいものですが、高石市は平坦であるため移動もしやすく買い物にも行きたくなるでしょう。車を持っている方は国道26号線沿いに行けば、大型ショッピングモールや飲食店が多く立ち並んでおり、買い物も楽にできます。

高石市での不動産売却をする上で、こうした利便性の高さも強くアピールしてほしいところです。

高石市での不動産売却について

高石市はベッドタウンとして人気があり、緑と川が多く、商業施設もある住みやすいおすすめの市です。市の方針もファミリー世帯からお年寄りまで寄り添っており、長く住める街です。現在は人口減少が進んでいますが、市も対策を行っているため今後に期待ができる市です。不動産売却をする上で魅力となる取り組みを多くしているため、不動産売却時には強くアピールしていきたい点です。

また、防災意識が高まっている昨今においては、地域としての安全性を高める試みがしっかりとされているのは不動産購入時にも重要なポイントとなります。たくさんの重要なキーワードが記載されている高石市の市政情報についてはしっかりと読み、不動産売却時の参考情報にしていただければと思います。

現時点の町に注目するのではなく、市がどのくらいまちづくりに取り組んでいて、実施しているのかに注目するとアピールできる点が多く見られるでしょう。イベントや社会情勢を把握して、不動産売却のタイミングを判断する際にご考慮ください。

今回の記事では、高石市と不動産売却を絡めながら、あらゆる角度から地域の情報を調査しました。住みやすく自然もある魅力に溢れた高石市ですので、ぜひ不動産売却時のご参考にしてみてください。


【関連記事】

宝塚市の不動産売却/宝塚大劇場があり、歌劇の街として有名

堺市美原区の不動産売却/黒姫山古墳があり鋳物発祥の地

大阪市東淀川区の不動産売却/大学生が賑わう住宅街

神戸市灘区の不動産売却/北は六甲山、南は大阪湾に面した街

赤穂市の不動産売却/赤穂城跡、大石神社など歴史溢れる街

豊岡市の不動産売却/城崎温泉があり、鞄産業が盛んな街

朝来市の不動産売却/天空の城「竹田城跡」がある観光地の街

守口市の不動産売却/スーパーが多く、大阪市内への交通も便利

南あわじ市の不動産売却/黒岩水仙郷、渦潮が見れる観光地

神戸市須磨区の不動産売却/須磨海水浴場は多くの人で賑わう