【まとめ記事】摂津市での不動産売却について

目次

  1. 摂津市の概要
  2. 摂津市の最近の動き
  3. 摂津市の取り組み
  4. 摂津市の名物
  5. 摂津市での不動産売却に関するまとめ

摂津市の概要

摂津市は、その市のまるでハートのような形状から「大阪のハート」と称されることもある、大阪府中央のやや上部に位置する地域です。

特筆すべきは「交通アクセスの良さ」で、大阪の都心部まで約10キロメートル圏内とほど近く、大阪や京都の中心地までも電車1本で行くことができます。さらに、国際的な窓口である関西国際空港までは高速道路で1本、伊丹空港まではモノレール1本とお出かけの際には非常に便利な場所にあります。その背景には、市の北端を東西に通る「阪急京都線」や「東海道本線(JR京都線)」、市の中心部を南北に渡る「大阪モノレール線」の活躍があります。

市の面積は14.87平方キロメートルと広くはないものの、人口密度は全国の市の中でも上位にあり、全国的な人口減少が叫ばれる昨今でありながら、摂津市の人口は10年前に比べて増加しています。摂津市の人口特性については特徴的なものが2点あります。まず一つ目は、2019年に行われた厚生労働省の調査において、人口千人あたりで計算された「出生率」が府内1位を獲得している点です。保育所の整備や医療費の助成といった子育て支援に力を入れており、「子育てするなら摂津」といったキャッチフレーズもあるほどです。二つ目に、65歳以上の年代の増加傾向が顕著であるため、まちぐるみでの健康づくりを推進しています。詳細は後ほど述べますが、市民一人ひとりの健康の質の向上と、健康寿命を延ばすべく、様々な取り組みが行われています。

そんな摂津市の名前の由来は、国名である「摂津国」からきており、過去に「三島市」として市制施行をしたものの、静岡県に同じ名称の自治体の存在が明らかになったために、即日改称された経緯があります。

ハート型のちょっとユニークな形をした摂津市では、「人と人とのつながりを大切にする温かいまち」をテーマに、人々のハートを大切にした活動が盛んに行われています。ぜひ摂津市での不動産売却を迷われている方は、こちらの記事を参考に、市への理解を深めてみてください。

摂津市の最近の動き

前述の通り、全国的に人口減少が課題とされている中、摂津市においては10年前と比較して人口が増加傾向にあり、これは摂津市での不動産売却をお考えの方には、ぜひご注目いただきたい動向になります。直近の発表では、2020年から21年にかけては若干の減少があるものの、10年前に比べると、人口がおよそ2,000人以上も増加しており、市としてはなかなか珍しい傾向です。その主な要因は、2011年から始まった南千里丘地域に建設された大型マンションへの入居が挙げられており、続いて、千里丘新町地域にも大型マンションの建設が行われています。摂津市で不動産売却を計画されている方には、こういった市の人口にまつわる動きを、ぜひお耳に入れておいていただきたいです。

さらに、摂津市の人口推移については年代別にも特徴的な動きがあり、特に65歳以上の年代が増加傾向にあるため、以来、地域の活力や、介護医療需要についても考慮しながら少子高齢化問題に対する意識が高められています。摂津市では、市を挙げて市民の健康づくりを推進しており、以下のような様々な活動が行われています。

これらの活動が、摂津市でご高齢の方向けの不動産売却をご検討される方にとって、うれしい追い風になることを願ってやみません。

なお、このような摂津市の近況については、摂津市のホームページにも分かりやすく掲載されていますので、ぜひ不動産売却時のご参考としてください。
*摂津市ホームページhttps://www.city.settsu.osaka.jp/soshiki/shichoukoushitsu/kouhouka/tokuchou/index.html

摂津市の取り組み

摂津市での不動産売却を予定されている方に、ぜひチェックしていただきたい情報の一つに「市政」があります。摂津市でも、市政運営についてまとめられた資料が公開されており、今回の記事では「令和4年度 市政運営の基本方針」の内容について解説していきたいと思います。
*摂津市 令和4年度 市政運営の基本方針https://www.city.settsu.osaka.jp/soshiki/shichoukoushitsu/seisakusuishinka/shiseihoushin/18958.html

摂津市では、「摂津市行政経営戦略」に則り「7つのまちづくりの目標」が掲げられています。

第1に、「市民が元気に活動するまちづくり」として、地域コミュニティの中核である自治会や町会の活動への支援が挙げられており、摂津市自治連合会のプロジェクトチームを中心に、市の活性化を促す施策が検討されています。

第2として、「みんなが安全で快適に暮らせるまちづくり」があり、河川の氾濫や地震など自然災害対策をはじめとした防災・避難への対応が述べられています。特に甚大な被害が懸念されている南海トラフ地震に対しては、大阪北部地震の教訓を生かし、万全を期する意思が記されています。

第2として、「みんなが安全で快適に暮らせるまちづくり」があり、河川の氾濫や地震など自然災害対策をはじめとした防災・避難への対応が述べられています。特に甚大な被害が懸念されている南海トラフ地震に対しては、大阪北部地震の教訓を生かし、万全を期する意思が記されています。

第4「暮らしにやさしく笑顔があふれるまちづくり」では、子どもの安全対策の強化について、市長の熱い想いを見ることができます。「子どもに対する暴力の撲滅をはじめとする「命」を守る施策をオール摂津で展開してまいります。」とあるように、子育て世帯への不動産売却をお考えの方には、ぜひご覧いただきたい内容です。

第5では「誰もが学び、成長できるまちづくり」が挙げられています。摂津市では、「令和3年度 全国学力・学習状況調査」において、過去最高の成績を記録する科目があったりと、市の児童生徒の「確かな学力」を支える取り組みが活発化してきています。授業改善の推進や、教育環境の整備についても市政に盛り込まれていることは、育児に取り組む方へ不動産をおすすめする際にぜひお伝えしたいポイントです。

第6の「活力ある産業のまちづくり」の項目は、新型コロナウイルス感染症の影響で、事業の下振れが懸念される各方面への発展的な伴走型の支援が述べられています。
最後を締めくくるのは、第7の目標である「計画を実現する行政経営」です。テレワークやキャッシュレス決済、オンライン手続きをはじめとする社会のデジタルシフトに対応した、スマート自治体の推進を目指しています。

このように、市政を読み解くことで、摂津市についてより深い知識を得ることができます。不動産売却を進める際の参考資料として、ぜひご一読ください。

摂津市の名物

摂津市といえば、なにわの伝統野菜である「鳥飼なす」が特産品として有名です。ソフトボール大の丸いフォルムが特徴的な鳥飼なすは「まぼろしの野菜」と言われており、他のなすと比較して栽培が容易でなく、連作することができないといった理由からも、扱う農家が非常に限られています。現在では、市場に十分な量が出回るほどの収穫は見込めず、たいへん希少性の高いまさに「まぼろしの野菜」となってしまいました。そんな貴重な鳥飼なすを楽しむことができるのも、摂津市民ならではの特権かもしれません。

摂津市内の農家が栽培した鳥飼なすのお漬物は、市役所売店でお求めいただくことができます。「まぼろしの鳥飼なす漬」という商品名で、1個756円で販売されていますので、足を運ばれる機会がありましたら、ぜひ覗いてみてください。なお、こちらのお漬物は、2018年に摂津ブランド「摂津優品(せっつすぐれもん)」として認定を受けた由緒ある名産品ですので、お土産にも喜ばれるかもしれませんね。

摂津市での不動産売却時についてお話をされる際には、こんな小話もネタの一つにいかがでしょうか。

摂津市での不動産売却に関するまとめ

市の形状から「大阪のハート」と親しまれ、その交通アクセスの良さから府内観光時にも重宝されている摂津市は、全国的にも珍しい人口増加傾向にある人気の市の一つです。

特に、不動産売却時に着目されることの多い「子育て支援」や「高齢化対策」といったキーワードに対しても市として積極的に取り組んでおり、実際に市の出生率や人口動向にその効果が現れていると言えるでしょう。

小さなお子様から働き盛りのビジネスパーソン、ご高齢の方まで、非常にアピールポイントの多い地域と言っても過言ではありません。

摂津市における、近年の人の動きや計画されている市政については、市のホームページで誰でも簡単に閲覧することができます。かなり詳しい情報が網羅されていますので、不動産売却について重要な判断をされる前には、ぜひ目を通していただければと思います。

こちらの記事では、摂津市での不動産売却についてまとめてみました。ご参考になれば幸いです。


【関連記事】

豊岡市の不動産売却/城崎温泉があり、鞄産業が盛んな街

宍粟市の不動産売却/山崎アウトドアランド、もみじ山が人気

堺市美原区の不動産売却/黒姫山古墳があり鋳物発祥の地

羽曳野市の不動産売却/竹内街道や横大路など歴史名所多数

高砂市の不動産売却/播磨アルプスと呼ばれる山々が並ぶ街

大阪市東住吉区の不動産売却/中央卸売市場がある市民の台所

堺市東区の不動産売却/田園風景が残る自然豊富な街

大阪市住吉区の不動産売却/歴史ある住吉大社がある街

大阪市西淀川区の不動産売却/工業地域として発展した街

神戸市中央区の不動産売却/三宮センター街、神戸旧居留地がある街