和泉市の特徴

目次

  1. 和泉市の特徴と歴史について
  2. 和泉市の近年の様子について
  3. 和泉市の市政について
  4. 和泉市の見どころポイント
  5. 和泉市での不動産売却に関するまとめ

和泉市の特徴と歴史について

 和泉市は、大阪の都心から約25Km、関西国際空港からは約20Kmの大阪南西部に位置してします。面積は84.9km²、人口は約18万6千人となっています。オイルショック後から大阪都心のベッドタウンとして開発が進められている地域で、かつては人口増加率が大阪府下で1位を記録するなど宅地造形が活発に行われていました。そのため年少人口率(15歳未満)と生産年齢率(16歳〜64歳)が全国的にも上位にランクインしており、労働者や世帯持ちの家族が多く暮らすまちになります。

 また、南部には和泉山脈が連なり、中部から北部にかけて広陵と平地が広がっているため自然と都会の調和が取れた暮らしやすい地域となっております。さらに、和泉市は泉州の市では唯一、大阪湾に面していない内陸に位置しています。沿岸部に発達した都市が、山手の農村部を編入する傾向が強い泉州地域の自治体においては異例とも言えます。これは、国府や伯太藩の影響から、山手としては比較的大きな集落が形成されていたことに一因があると考えられています。さらに、年間降水量は全国平均より少なく、年間を通した平均気温も全国的に見て比較的低くなっています。

 和泉市は、弥生時代の集落跡として全国有数の規模を誇る池上曽根遺跡のある長い歴史をもつ昔ながらの豊かな自然風景も残っています。旧石器時代の土器、石器、木製品など貴重な文化財が出土した土地でもあります。また、シティプロモーションを市で推進しており、広陵部において「ららぽーと和泉店」や「コストコ」、さらには小中一貫教育を行う「和泉市立南松尾はつが野学園」の建設などの教育推進・都市開発も進めています。2014年には東西経済新報社「都市成長力ランキング」にて全国4位に選ばれたこともある魅力的な市です。

古い歴史も残っており、大阪市内からも近く大型商業施設のある都会的なまち、そんな田舎【里】と都会【まち】が融合した地域になっております。

和泉市の近年の様子について

 まず大きな特徴の一つに教育体系への取り組みが挙げられます。大阪府のベッドタウンという特色を活かして、2017年に南大阪にて初の施設一体型義務教育学校「南松尾はつが野学園」が設立されました。これは9年間の育ちと学びを見通したフレキシブルな教育制度として導入されたもので1年生から9年生までが在籍し、自分たちで児童生徒会の運営なども行います。また本市では、小学校・中学校共に自校調理方式の給食制度を取り入れており、近隣の農家さんや八百屋から購入した新鮮な野菜を使用し調理員が心をこめて提供しています。ここから、市全体で特に教育に力を取り組んでいることが分かります。

また、教育体制の設備に併せて、保育・医療の充実も推し進めています。保育分野において、病後児保育(保育園等に通園中の児童)と病児保育(生後6か月から小学3年生)を推進しています。これはお子様が保育園等に通園中、また小学3年生までの児童が病気(主に感染病)やケガの回復期に、老木レディスクリニック内「病後児保育バンビーニ」及びなかじまクリニック小児科・循環器科内「病児保育室ポっぽ」でお預かりするという制度になります。働くご両親の方が多い和泉市では、市をあげて育児協力が盛んです。

 さらに、2018年4月1日には「和泉市立総合医療センター」が開設しました。槇尾川公園に隣接する緑豊かな環境の中、最新医療機器を導入し、24時間365日の救急医療の他、がん診療を始めとする高度医療を行っている大型の病院施設になります。

次に、2014年に阪和自動車道 岸和田和泉インターチェンジ付近に「コストコ和泉倉庫店」ができ、同年にはコストコに隣接した「ららぽーと和泉」がオープンしました。このことがきっかけになり、それまでは空き地が目立っていたトリヴェール和泉地区付近に他市から相次いで企業が進出しました。

各市役所で調査を行なっている”生活.com”において、人口増減比率では全国の上位10%以内を誇り、世帯数も上位にランクインしております。

 子育て世帯に向けた取り組みも数多く実施しているため、これからの大阪府の発展並びに和泉市の人口増加や世帯数増加に伴い、自ずと不動産への需要の高まりも期待できますので、現在、和泉市での不動産売却を考えていらっしゃる方には、ぜひご着目いただきたい動向の一つです。

和泉市の市政について

 最近では、和泉市の創業支援事業計画が国の認定を受けたことにより、創業優遇措置を受けることも可能になりました。(1)会社設立時の登録免許税の減免(2)創業関連保証の特例(3)日本政策金融公庫 新創業融資制度の自己資金要件充足(4)市補助金制度など、和泉市商工会議所や和泉市産業振興プラザと協力して企業支援も行なっております。
近年では、和泉市内の企業への就職を希望する人々を応援するため、テクノステージ和泉やトリヴェール和泉西部ブロックで事業を営む企業と協力し、市主催の合同就職面接会を開催するなど、市を挙げて雇用の活性化に力を入れています。

また、「ちょいず」という市民による市政参加型の取り組みも行われております。これはボランティア団体やNPO法人など、市民の方々が支援したい市民活動団体を選択し、市へ届出をすることにより、その選択届出数に応じて市から市民活動団体に支援金が交付される制度です。市政への参加は今後発展する街においては欠かせない要素となってきます。

また、「ちょいず」という市民による市政参加型の取り組みも行われております。これはボランティア団体やNPO法人など、市民の方々が支援したい市民活動団体を選択し、市へ届出をすることにより、その選択届出数に応じて市から市民活動団体に支援金が交付される制度です。市政への参加は今後発展する街においては欠かせない要素となってきます。

和泉市の見どころポイント

 和泉市の魅力はなんといってもその歴史と自然と街が調和されている点にあります。

 和泉市池上町には、総面積60万平方メートルの規模を誇る、日本でも有数の環濠集落(周囲が溝で囲われた集落)、「池上曽根遺跡」があります。1976年には、環濠に囲まれた範囲を中心に、約115,000平方メートルが国史跡に指定されました。史跡指定地のうち、集落中心部約35,000平方メートルが、池上曽根遺跡が最も栄えた約2000年前の様子を復元した史跡公園として整備されています。

また、、昭和57年に開館した和泉市立の和泉市久保惣記念美術館もあります。
日本と中国の書画、工芸品など東洋古美術を主に、浮世絵版画や西洋美術など約11,000点を所蔵し、約2ヶ月ごとに所蔵品をいかした異なるテーマの展覧会を開催しています。
庭園があったり、週末のコンサートも開催されていたりと人気スポットになります。

 また、春にはいちご狩り、夏にはそうめん流し、秋にはさつまいも掘り、冬にはみかん狩りなど季節に応じた農業を「いずみふれあい農の里」では体験できます。特にいちご狩りは関西最大級の規模を誇っており、シーズンになると毎年県内外からお客様が訪れます。
またBBQ施設も併設しており、ご家族やご友人などと年間を通じて楽しめることができます。

「コストコ和泉倉庫店」・「ららぽーと和泉店」、「エコールいずみ」などの大型商業施設をはじめ、2018年に「和泉市立総合医療センター」の設立、それに伴い高層ビルや一軒家の増築も進みました。和泉市の木材(愛称「いずもく」)を使用した住宅や店舗の、新築・増改築・リフォームに対して、1㎥あたり5万円の補助金を交付するなど、都市開発においても市が先導していきます。
 また、和泉中央エリアでは小規模な研究学園都市機能も兼ねており、桃山学院大学や 大阪府立産業技術総合研究所もあることから、不動産・住宅情報サイトHome’sによる「住みたい街ランキング2017」では、和泉中央が「買って住みたい街」として近畿圏全体で第3位、南大阪では第1位にランクインしています。

これらのように自然と都市開発が融合している地域の発展性は、不動産売却時の大きなアピールポイントになることが期待されます。

和泉市での不動産売却に関するまとめ

 大阪市内で働く方にとって代表的なベッドタウンといえば和泉市といっても過言ではありません。その中でも「和泉中央駅(泉北高速鉄道)」は、なんば駅から直通電車で31分という立地の良さ。適度に自然を感じられるのに買い物にも便利な街という事で、ここ数年は関西でも特に“住みたい街”として注目されています。実際に、新築・増改築・リフォームをする際に「イズモク」によるサポートがあることによって、これから住宅や店舗を新しく建てられる方やリノベーションを考えられる方のどちらも増えていくでしょう。

 弥生時代の集落跡として全国有数の規模を誇る池上曽根遺跡のある、長い歴史をもつまち、和泉市は大阪市内からも近く、「ららぽーと和泉」や「コストコ和泉倉庫店」などの家族向け大型商業施設のある都会でありながら、昔ながらの里山風景も残っているまちで

市の方針として、子育て世帯にもやさしい施策や、関西で働く方を意識した取り組みも数多く挙げられており、そういった方向けの不動産売却時にはおすすめしやすいキーワードが多数ある点が特徴です。

 今回の記事では、市全体で教育事業や企業振興に取り組んでいる和泉市についてあらゆる角度から地域の情報を調査してみました。たくさんの魅力にあふれた和泉市ですので、ぜひ不動産売却時のご参考にしてみてください。


【関連記事】

小野市の不動産売却/日本一低い小野アルプスが人気の街

加東市の不動産売却/東条湖おもちゃ王国で人気を集める街

豊岡市の不動産売却/城崎温泉があり、鞄産業が盛んな街

四條畷市の不動産売却/生駒山系の自然や歴史遺産に恵まれた街

狭山市の不動産売却/狭山稲荷山公園や一級河川入間川が流れる街

神戸市灘区の不動産売却/北は六甲山、南は大阪湾に面した街

松原市の不動産売却/自然災害が極めて少なく大阪のへそと呼ばれる街

尼崎市の不動産売却/大阪駅まで電車で5分、住みやすい住宅街

神戸市北区の不動産売却/三宮から近いが、山が多く自然豊か

宝塚市の不動産売却/宝塚大劇場があり、歌劇の街として有名