不動産売却における大東市の魅力とは?

目次

  1. 大東市の歴史
  2. 歴史に基づく町の活動
  3. 大東市の土地や住宅
  4. 大東市の子育てや補助金制度
  5. 大東市の魅力・まとめ

大東市の歴史

大東市には元々縄文時代から河内湾というものがありました。時代が進み、それは河内湖へと変化し、さらに大きな池へとなり、それに合わせて東高野街道沿いに集落が完成しました。それによって奈良に向かう道に交差する寺川や中垣内付近は、交通の便において重要な土地となりました。

戦乱の時代には、東高野街道周りの地域は戦略に重要な土地となったこともあり、歴史の教科書などでも名前が上がるほど有名です。

近世から近代では新田開発が進められ、それにより農業の大きな発展に繋がりました。その結果、木綿や菜種などの生産が大幅に増え、農業生産量を強みに大阪を支え続け、鉄道の開通も始まります。

大正に入ると、人口は1万人を超え、電灯や浄水場設備などインフラの面でも整備され始め、1980年代から大きな都市化が進んだといえます。

そして現代、1956年の4月1日に南郷村・住道町・四条町が合併したことにより、大東市が発足されました。高度経済成長の時期に入ったことで、住宅や事業所の活発化も増し、都市化と人口増加が顕著に見られる時代でした。

1972年と1975年に集中豪雨による水災害が発生し、市域が水没するほどの影響を与えました。この大災害をきっかけに、河川や水路の改善、福祉、教育、公共施設などに力を入れ街の発展に努めました。

「人間尊重の快適なまちづくりをめざして」を掲げる第2次総合計画、「つくろうヒューマン新都心・大東」をテーマとする第3次総合計画、「いきいき安心のまち・大東」をテーマする第4次総合計画(2001年策定)はその意識に基づかれたものとなります。

歴史に基づく町の活動

昔から大阪、京都、奈良を繋ぐ役目を持っていた大東市には、多くの歴史や文化遺産が今も残っており、それらの遺産を巡り歴史を味わえる大東市公式の散策コースや、登山など自然を楽しめるコンテンツがあります。いずれもコースガイドやマップがしっかりとあるため、若い人だけでなく高齢の方でも安心して楽しむことができます。

この登山ガイドは、書店に置かれているガイド本にも紹介されているほど信用性も高いものです。

大東市では遺産や自然がただそこにあるだけではなく、積極的に散策コースを立ち上げたり、ガイドマップを作成するなどしているため、アウトドアな遊びや歴史散策が好きな方に人気があるといえるでしょう。このような特徴はどの地域にも必ずあるわけではないため、不動産を売却する上でも大きい需要の1つとなります。

また、住宅は大きな買い物ですので、将来性や老後のことも考える方がほとんどです。
老後は移り変わりの激しい都心より、落ち着いた町を選ぶ方は少なくないため、その点を踏まえても、大東市は住むには十分な魅力があります。
古き良き雰囲気も残しながら、都市として発展する点は大東市の大きな魅力です。

以下にいくつかリンクをご紹介しますので、ぜひチェックしてみてください。

出典:「大東市魅力発信サイト エエトコ!だいとう」飯盛山ハイキングマップのご案内 出典:「大東市魅力発信サイト エエトコ!だいとう」大東市歴史の散策道

大東市の土地や住宅

先ほども記載しましたように、大東市は2町1村が合併して誕生しました。
現在では、大阪都市圏内のベッドタウンとしての居住都市、製造業を中心とした企業活動都市、市域の1/3を占める山地のある自然環境都市の3つの特性をもつ都市です。 大東市は大阪府の東部にあり、大阪都心部から10kmほどの距離にあります。東は「金剛生駒紀泉国定公園」を境に奈良県、西は大阪市、北は門真市や寝屋川市、南は東大阪市と連なっています。

地形は、中部から西部にかけて低湿地平野となり、東部は生駒山のような山間地です。
土地の総面積は18,27平方キロメートルで、これは甲子園球場の460個分に相当し、大阪府内43市町村の中で、30番目の広さとなります。
住宅や商工業に向いた都市的な地盤は全体の65%であり、山林や農地などの自然的な使い方は35%であるため、都市と自然のバランスが良いです。
都市としても自然としても、それぞれの特色を活かせる地域は今後さらに発展していきますので、不動産の売却を考える点でも将来性のある土地として魅力があるところもポイントです。

地盤や土地の値段

大東市の坪単価ですが、中核市である東大阪市と値段はほぼ同じであり、隣接する大阪市内と比べ、20万円ほど下がります。交通の便も良いことを考えると、購入者の視点でみても、充分前向きに検討することができます。

治安

住む場所の安全面はやはり大切です。大東市は駅周辺でも治安は良い方となります。中心地や住宅街から離れた場所は多少街灯が少ないところは見られますが、治安にそこまで大きい影響はないでしょう。

公共サービス

水道料金でいえば、他の大阪府下と比べても、上下水道料金は大阪43市町村の中でも6〜7番目ほどの順位にあたるため、そこまで高くはありません。公共料金は安いに越したことはないため、この点でも住宅購入者が大東市を選ぶ1つの指標になるでしょう。

交通の便

鉄道面としては、大東市にはJR西日本片町線が市内を中心に通っています。主に住道駅、野崎駅、四條畷駅のどの駅からも、大阪駅まで30分ほどで着くことができます。3駅の中でもメインゲートとなるのは大東市で、約15分ごとに普通電車と快速電車が止まるため使いやすいです。

路線バスは、民間の交通事業者が主な駅とそれぞれの地域間を走行しており、近鉄バスは南部間、京坂バスは市北部と京阪鉄道間、大阪シティバスは市西部と大阪メトロ間を連絡しています。
交通の便が良いと地元の人から声が上がっているほどなので、アクセス面は困らないでしょう。
車を使うとなれば、東西間を繋ぐ主な道路は大阪生駒線と諸福中垣内線の2本になります。南北を繋ぐ道路も2本で外環状線と八尾枚方線となります。

これらのことから、移動手段としても充分整っているため、とても生活しやすい地域だといえます。駅前には商業施設も充実しており、おしゃれで住みやすい町に変化しています。
市としても、”あふれる笑顔 幸せのまち大東づくり”を基本理念に、市民にとって過ごしやすいまちづくりを積極的に行っています。この基本理念をもとに、今後さらに発展していくことが期待されている点からも、移住する際の町選びに選びたいポイントです。

大東市の子育てや補助金制度

大東市は、住宅の購入を検討している子育て中のご家族におすすめされている地域でもあります。「子育てするなら、大都市よりも大東市」と掲げるほど、出産前から産後の女性の支援が手厚いです。小中学生対象の支援もあるため、長い目で見ても安心して子育てができます。以下に大東市の子育て支援制度を紹介します。

子供連れの家庭には、大東市の交通の便の良さは、とても住みやすく、メリットとなります。また、家族向けの大きい公園や大型遊具を備えた商業施設もあり、バーベキューやドッグランとしても利用できるなど、遊ぶ場所としても充実しています。

子供連れの家庭には、大東市の交通の便の良さは、とても住みやすく、メリットとなります。また、家族向けの大きい公園や大型遊具を備えた商業施設もあり、バーベキューやドッグランとしても利用できるなど、遊ぶ場所としても充実しています。

送迎保育ステーション

他の地域ではあまりない「送迎保育ステーション」というものが、大東市の住道駅近くに設置されています。

送迎保育ステーションとは、保育所への送迎が難しいご家族のために作られたサービスです。市内5ヶ所の保育施設と連携しているので、朝に送迎保育ステーションに子供たちを預ければ、保育施設へ送迎してくれます。帰りも、送迎保育ステーションが迎えに行ってくれるため、保護者が保育施設に行かなくても、子供は安全に帰宅することができます。

出産前後の際の手当

最も大きいのは「妊婦健康診査事業」です。妊婦健診は14回ほど行われ、費用としては多くても1万数千円ほどかかります。全国的に見ても、健診費の補助額は総額で10万円ほどですが、大東市ではほぼ満額の12万円の助成を行っています。
費用だけでなく、妊婦の方の健康面のことも考え、歯科検診が1回無料となるなどのサポートも行っています。些細なことかもしれませんが、このような支援がある地域は多くないので、住みやすさの1つでもありますね。

出産前後の際の手当

最も大きいのは「妊婦健康診査事業」です。妊婦健診は14回ほど行われ、費用としては多くても1万数千円ほどかかります。全国的に見ても、健診費の補助額は総額で10万円ほどですが、大東市ではほぼ満額の12万円の助成を行っています。

最も大きいのは「妊婦健康診査事業」です。妊婦健診は14回ほど行われ、費用としては多くても1万数千円ほどかかります。全国的に見ても、健診費の補助額は総額で10万円ほどですが、大東市ではほぼ満額の12万円の助成を行っています。

乳幼児がいる方への手当

市内に満2歳までのお子さんがいる家庭には「子育てスマイルサポート券」というものが公布されます。
この券はオムツなどの消耗品への利用や、救急センターへのタクシー券や子育て支援の利用券として使うことができます。

また、医療費助成制度の拡大により、家庭の自己負担分が軽減されてきています。 子供の医療費が大幅に減り、休日も診察してくれる小児科もあるため、子供も親も安心して住むことができます。

待機児童を0にした大東市の取り組み

元々、大東市は大阪府内の中でも待機児童が少なく、家族世帯が住みやすい町として知られていましたが、2018年から3年連続で待機児童数0という結果を出しています。
その取り組みの1つに「ネウボランドだいとう」というものがあります。これは妊娠・出産・子育てに関する総合窓口であり、出産前から子供が18歳になるまで、なんでも相談ができるというサービスです。

それだけではなく、妊娠届後の母子健康手帳の配布や妊婦健診受信券などの交付も行っています。
さまざまな手続きやサポートを1つの窓口に集約し、改善を重ねた結果、さらに家族世帯の住みやすい町として発展しています。

また、「三世代家族推進事業」という支援対策も行っており、これは市内外から三世代同居をするために転居をすると、引越しや住宅にかかる費用として最大で50万円が補助されるというものです。

大東市の魅力・まとめ

大東市の土地や地域の特徴は、歴史が深く、今でもその遺跡は数多く残っており、足を運べば大自然にも触れることができるというところです。そのような大東市にしかない一面をうまく活かし、町として発展し続けているのは、他の地域と比較しても惹かれる要素の1つでしょう。不動産売却を考える上でもアピールできるポイントです。

また、自然や環境面だけでなく、家族の将来や、老後のことも考えた時に、大東市はとても住みやすい地域だといえます。

その土地に何十年住むとなった場合、市からの手当や支援があるのとないのとでは大きく変わってきます。大東市にはここに記載している他にも、子育て支援がまだまだ多くあります。

このような点から、大東市で不動産売却を考えた時に、これから家族ができる人や老後の居住地を考える人など、幅広く需要がある地域だといえるでしょう。

今回は、土地の地域性や町の取り組みから大東市の特徴をまとめました。
不動産売却をする際、比較する地域で交通や金銭面などの条件で大差がない場合は、このように町の住みやすさや住民への支援サービスの手厚さも視野に入れて検討するとよいのではないでしょうか。


【関連記事】

神戸市西区の不動産売却/神戸市で最も人口の多い住宅エリア

岸和田市の不動産売却/岸和田だんじり祭りがおこなわれる街

明石市の不動産売却/子育て施策は全国トップクラスの街

阪南市の不動産売却/大阪府で犯罪数が最も少なく治安が抜群

大阪市旭区の不動産売却/こども自然公園がある住宅地

神戸市北区の不動産売却/三宮から近いが、山が多く自然豊か

養父市の不動産売却/天滝、ハチ高原など絶景が楽しめる街

高砂市の不動産売却/播磨アルプスと呼ばれる山々が並ぶ街

藤井寺市の不動産売却/古市古墳群や由緒ある神社仏閣のある街

堺市北区の不動産売却/古墳に囲まれた由緒ある街並み