泉佐野市での不動産売却をお考えの方へ

目次

  1. 泉佐野市の歴史
  2. 泉佐野市の近年の様子
  3. 泉佐野市の市政
  4. 泉佐野市の見所
  5. 泉佐野市での不動産売却に関するまとめ

泉佐野市の歴史

泉佐野市は、大阪市と和歌山市のおよそ中間地点に位置する、自然に恵まれた緑あふれる地域です。金剛生駒紀泉国定公園に指定されている和泉山脈と、瀬戸内海の大阪湾に囲まれた場所にあり、雄大な山河の美しさを存分に感じることができます。瀬戸内式気候に属するエリアであるため気候は温暖で、降水量も全国的に見て比較的少ないです。

泉佐野市は、大阪市と和歌山市のおよそ中間地点に位置する、自然に恵まれた緑あふれる地域です。金剛生駒紀泉国定公園に指定されている和泉山脈と、瀬戸内海の大阪湾に囲まれた場所にあり、雄大な山河の美しさを存分に感じることができます。瀬戸内式気候に属するエリアであるため気候は温暖で、降水量も全国的に見て比較的少ないです。

2016年4月1日時点では、市の面積が約56.51平方キロメートル、人口は約101,000人、世帯数は約46,000世帯と、面積に対する人口密度が全国的にも上位の市と言えるでしょう。

泉佐野市の名称の由来としては、中世以来の村名「佐野」に、旧国名である和泉が冠されたものと言われており、古くから伝わる伝承では「狭い原野」ということから「狭野」と呼ばれるようになり、そこから転じて「佐野」という呼び名が広まったものとされています。1948年に行われた、佐野町の市制施行により泉佐野市が生まれ、1954年には、南中通村、日根野村、長滝村、上之郷村、大土村という5つの村が合併したことで、現在の市域となりました。

豊かな自然に囲まれている中、商業を中心にあらゆるビジネスも活発に行われており、交通の面でも利便性の高い泉佐野市は、全国的にも人気のエリアの一つと言っても過言ではないでしょう。不動産売却を考えている方には、こうした市の歴史も背景に、ぜひご検討いただきたいです。

泉佐野市の近年の様子

まずは大きな特徴として、1994年の関西国際空港の開港以来、市の世帯数は年々増加の一途をたどっています。世帯数が増えるということは、自ずと不動産への需要の高まりも期待できますので、現在、泉佐野市での不動産売却を考えていらっしゃる方には、ぜひご着目いただきたい動向の一つです。

次に、地域のビッグイベントである「大阪・関西万博」の開催時期が2025年と迫ってきています。日本を代表する国際的な博覧会ですので、国内のみならず世界各国からの来訪が期待できるたいへん大きな催しです。泉佐野市の「令和4年度 施政に関する基本方針」の中でも、「万博を一過性のイベントにせず、この好機を生かして大阪の成長につなげるとともに、コロナ禍を超え、コロナを克服して、成長する大阪の土台を強固なものにするとしています。」と述べられている通り、大阪府としてこの一大イベントに多大な熱意をもって取り組む決意が見て取れます。こういった大きな動きがある点も、泉佐野市での不動産売却を考える際の重要なキーワードになるでしょう。

また、泉佐野市は財政面でも注目すべきポイントがあります。コロナの影響など不確定な要素も多い昨今でありながらも、前述、泉佐野市の「令和4年度 施政に関する基本方針」において「本市の財政状況におきましては、引き続き黒字決算を堅持している」旨の記載があり、黒字決算の継続に向けて、事業と財源におけるあらゆる施策が講じられています。市の財政状況や施策などに関する詳細は、泉佐野市の公式ウェブサイトで誰でも閲覧することができますので、不動産売却を検討中の方は、ぜひそういった情報も参考にしてみてください。
 *泉佐野市の公式ウェブサイト(https://www.city.izumisano.lg.jp/index.html)

そして、泉佐野市では市ならではの独自事業も多数行われています。2017年10月1日より、泉佐野ポイントカード「さのぽ」という、市の事業への参加などでポイントがもらえるカードを発行しており、貯まったポイントを使って加盟店での買い物などを楽しむことができます。2022年4月1日からスタートされた「GO TO IZUMISANOキャンペーン2022」でも、対象となる泉佐野市の宿泊施設での宿泊者に対し「さのぽ」加盟店で使えるキャッシュレスポイントを給付する取り組みが始まりました。
泉佐野市ならではの消費者にやさしい事業にも力を入れており、こうした市としての価値を高めようとする風潮が不動産売却時の追い風になることを期待してやみません。

泉佐野市の市政

泉佐野市の公式ウェブサイトでは、市政について、主要な施策が掲載されています。

「地域の強みを生かし、賑わいを創り出すまちづくり(活力・賑わい)」では、不動産売却時にもポイントとなる「観光」「国際化」「産業」「雇用・労働」をキーワードに掲げ、活力ある市を目指した取り組みが挙げられています。

「ひとを豊かに育むまちづくり(子育て・教育)」として、「子育てのまち いずみさの」を目標にした子育て支援施策の充実や、「学校教育」などについて語られています。特に、新婚世帯やファミリー世帯の不動産購入時には非常に大きな着眼点となるこの施策の充実は、不動産売却側にとっても重要なポイントでしょう。

「ひとを豊かに育むまちづくり(子育て・教育)」として、「子育てのまち いずみさの」を目標にした子育て支援施策の充実や、「学校教育」などについて語られています。特に、新婚世帯やファミリー世帯の不動産購入時には非常に大きな着眼点となるこの施策の充実は、不動産売却側にとっても重要なポイントでしょう。

「すこやかで、ひとがつながり支え合うまちづくり(支え合い・福祉・健康)」は、地域や高齢者、障害を持った方を意識した「福祉」について述べられており、「健康・医療」に関する施策が掲載されています。ご高齢の方や障害を持った方向けの不動産売却時にはぜひご覧いただきたい内容です。

「安全でひとと環境にやさしいまちづくり(安全・防災・環境)」の部分は、近年ますます高まる防災意識に応える強靭なまちづくりを目指すことや、環境衛生・環境保全についてもまとめられています。

「安全でひとと環境にやさしいまちづくり(安全・防災・環境)」の部分は、近年ますます高まる防災意識に応える強靭なまちづくりを目指すことや、環境衛生・環境保全についてもまとめられています。

そして最後に、「総合計画の実現に向けて」では、「泉佐野が “住みたいまち、住んでよかったまち” となるため、まちの魅力づくりや情報発信に取り組み、本市のブランド力向上を図ってまいります。」とコメントされており、泉佐野市が住みよい場所になるためのあらゆる方針がまとめられています。

不動産売却時のアピールポイントとなる要点が随所に見られる貴重な情報です。

泉佐野市の見所

何と言っても、1994年の開港以来、国際的にも重要な窓口として大いに活躍している「関西国際空港」の存在が大きいです。21世紀を担う国際都市として、世界と日本を繋ぐ架け橋としての役割を意識したまちづくりが盛んに行われています。

「泉佐野駅」から「関西空港駅」までは、南海空港線でわずか2駅、時間にして10分に満たない距離と、非常に好アクセスです。関西国際空港までのアクセスの良さは、出張の多いビジネスマンや、海外への渡航が多い方にはとても魅力的なポイントです。泉佐野市での不動産売却をお考えの際にはぜひ、そういった交通面での利点を強くアピールいただくことをおすすめします。

関西国際空港は、飛行機に乗ること以外にも、楽しみがたくさんあります。和洋中華あらゆるジャンルのレストランがあり、しっかりとした食事から、カフェなどの軽食、アルコールを取り扱うバーなど様々なニーズに応えてくれるラインナップです。ショッピング施設も充実しており、おなじみのコンビニはもちろんのこと、ファッションや化粧品、ドラッグストアに書店、お子様にもうれしい玩具売り場など、豊かな種類に驚くことでしょう。展望ホールではスカイビューを眺めることもでき、空港ならではの景色をご堪能いただけます。(時期によっては、使用条件に制限がある場合もありますので、事前にホームページなどで情報を確認の上、ご利用ください。)スカイショップでは、空港ならではのアイテムも販売されており、関西国際空港でしか味わえない楽しみが目白押しです。

関西国際空港の他にも、泉佐野市は見所がたくさんあります。「大阪みどりの百選」にも選ばれている大井関公園の「大井関桜まつり」や、世界的に評価が高く多くの受賞歴を誇る日本屈指の花火が自慢の「りんくう花火」、泉佐野市にもまたがっている巨大な国際都市である「りんくうタウン」では、ホテルやレストラン、アウトレットや、公園にビーチなど、あらゆる施設が集結しています。小さなお子様から大人の方まで、あらゆる年代の方が一緒に楽しむことができる観光スポットが身近にあることは、泉佐野市の強みです。不動産売却時の大きなアピールポイントになることが期待されます。

泉佐野市での不動産売却に関するまとめ

関西国際空港の開港以来「りんくうタウン」として全国的にも有名になった泉佐野市は、美しい山と広大な海に囲まれ、商業を中心にあらゆるビジネスがバランスよく賑わう、国際都市の一つです。

市の方針として、子育て世帯にもやさしい施策や、ご高齢の方や障害を持った方を意識した取り組みも数多く挙げられており、そういった方向けの不動産売却時にはおすすめしやすいキーワードが多数ある点が特徴です。

また、防災意識が高まる昨今においては、地域としての安全性を高める試みがきちんと市政に織り込まれていることは、不動産購入時にも重要な判断ポイントの一つになることでしょう。

そういった意味でも、泉佐野市の市政情報についてはしっかり読み込み、不動産売却時の参考情報にしていただければと思います。

世帯数も年々増加傾向にある中、地域の一大イベントである「大阪・関西万博」の開催も、2025年と近づいてまいりました。こういった社会情勢も、ぜひ不動産売却のタイミングを判断する際に、ご考慮ください。

今回の記事では、泉佐野市についてあらゆる角度から地域の情報を調査してみました。たくさんの魅力にあふれた泉佐野市ですので、ぜひ不動産売却時のご参考にしてみてください。


【関連記事】

三木市の不動産売却/戦後時代の史跡や重要文化財が豊富な街

神戸市東灘区の不動産売却/三宮にも大阪にも近く住みやすい街

朝来市の不動産売却/天空の城「竹田城跡」がある観光地の街

大阪市大正区の不動産売却/運河に囲まれた緑豊かな街

和泉市の不動産売却/池上曽根遺跡のある、長い歴史の街

神戸市灘区の不動産売却/北は六甲山、南は大阪湾に面した街

丹波市の不動産売却/藤のシャワーが見れる白毫寺が人気の街

大阪市城東区の不動産売却/人口密度全国2位の街

大阪市平野区の不動産売却/大阪市内で人口ナンバーワン

川西市の不動産売却/キャンプ場や展望台、公園などが点在