茨木市の不動産売却相場と売却のタイミングを詳しく解説

茨木市で不動産売却を考えている場合は、売却相場や地域の特徴を知っておく必要があります。また、不動産売却はタイミングによって価格が大きく異なるため、土地公示価格の推移を確認しておくことも大切です。

そこで今回は、茨木市の中古戸建て・マンション価格平均相場や地価公示価格の推移などについて、詳しく解説します。茨木市の特徴や暮らしやすさも紹介しますので、同エリアで不動産売却を考えている方は、ぜひ参考にしてください。

目次

  1. 茨木市の特徴
  2. 茨木市の住みやすさ
  3. 茨木市の不動産を売却するタイミング
  4. 茨木市の中古不動産相場
  5. 茨木市で不動産売却をする際の注意点
  6. まとめ

茨木市の特徴

茨木市は、大阪府の北部に位置する歴史文化と豊かな自然が特徴の街です。市内をJR・阪急・大阪モノレール各社が通っており、大阪市のベットタウンとしても機能しています。市の中心となる駅はJRの「茨木」駅と、阪急の「茨木市」駅です。この両駅が市街地や市役所を挟む形となっています。

駅周辺には娯楽施設も多く、買い物に便利な商店街もあります。商店街には飲食店や美容室、アパレルショップなどが並んでいるので、日常的な買い物に困ることはないでしょう。また、駅周辺にはスーパーも多いため、買い物には大変便利な街であるということが言えます。

駅の周囲にはオフィスビルが多いため日中は人通りが絶えず、車の交通量が多いという特徴もあります。一方、住宅街は静かで落ち着いた雰囲気となっているため、喧騒から離れて暮らすことができるでしょう。新しい建物も多く、綺麗な街並みも特徴となっています。

住宅地はファミリー向けの物件がほとんどで、単身者向けの物件はそれほど多くありません。いずれにしても、駅周辺の賑やかさと住宅街の落ち着いた雰囲気の共存が、茨木市の特徴的なところと言えるでしょう。

茨木市の住みやすさ

茨木市に住む大きなメリットは、「大阪」駅まで乗り換えなしで行ける利便性の高さでしょう。通勤だけではなく、ショッピングやレジャーに出かける際にも快適なアクセスが約束されるのは嬉しいポイントです。このように通勤が便利であるため、大阪のベッドタウンとしての性格があるものと考えられます。

ただし、駅から離れたエリアになると駅までの移動に時間がかかるため、基本的には駅から近いエリアが住みやすく、不動産の価値も高いということになります。駅から遠いエリアであれば、大阪都市部へのアクセス性は数段落ちるので注意が必要です。これは不動産の売却においても同じことが言えるでしょう。つまり、駅から離れるほど不動産の価値も下がるということです。

なお、「茨木」駅と大阪都市圏の主要駅までの所要時間は下表が目安となります。

着駅所要時間乗り換え回数
大阪・梅田約17分
なんば約30分1回
天王寺約38分1回
京橋約24分1回
淀屋橋約24分1回
本町約26分1回
鶴橋約33分1回

この表を見ても分かるように、ほとんどの主要駅までは30分前後、乗り換え回数も0回か1回で行くことができます。

茨木市内には、ショッピングモールやショッピングセンターも数多く存在しています。主なショッピングモールとショッピングセンターは下記のとおりです。

上記の他にもスーパーマーケットが多いため、大阪都市部まで出向かなくても、日常的買い物はほとんど済んでしまうでしょう。アクセスが良いエリアというのは日常的な買い物に出費がかさむ傾向にありますが、茨木市であれば食費を抑えながら暮らすことも可能です。自炊をする機会が多いという方も、茨木市であれば出費を抑えながら暮らすことができそうです。

レジャー施設はそれほど多くありませんが、大阪都市部のほとんどの主要駅まで30分前後で行くことができるので、休日などに大阪都市部まで出向いてもそれが苦痛になることはないでしょう。

このように、大阪都市圏までのアクセスが便利で価格の安いスーパーが並ぶ茨木市は、比較的住みやすいエリアであると言うことができます。住みやすいエリアであるということは、不動産の売却時に高い価格で売却も期待でき可能性が高いということです。

茨木市の不動産を売却するタイミング

茨木市の公示地価は、2013年から2021年の9年間で4.7%上昇しています。住宅地、商業地ともに上昇傾向にあるのが特徴です。大阪都市部へのアクセスがしやすく、日常的な買い物も便利で住みやすい街なので、地価も上昇傾向にあると考えられます。地価が上昇しているということは、今後も不動産が高く売却できる可能性があるということです。

茨木市内でもとくに上昇率が高いのは、「茨木」駅と「茨木市」駅を中心としたエリアです。どちらの駅も大阪都市部へのアクセスがしやすく、日常的な買い物も便利なので、他のエリアに比べると地価が上昇傾向にあるものと考えられます。

一方、名神高速道路より北側となる駅から遠い郊外エリアでは、地価が下落傾向にあります。駅からの距離が遠ければ、大阪都市部へのアクセスや日常的な買い物も不便になるため、地価が下落傾向にあるものと考えられます。

なお、茨木市では市内の人口が増え続けています。市内で人口の増加が顕著な場所と、人口が増加している理由として考えられるのは下記のとおりです。

イオンモール茨木の周辺

イオンモール茨木の周辺は、他の場所に比べて人口が増加しているエリアが多いという特徴があります。「茨木」駅からも近く、買い物に便利なイオンモールも近いため、人口が増えているものと考えられます。

「総持寺」駅周辺

「総持寺」駅周辺では、人口が大幅に増加しています。この理由としては、大規模マンション「ライオンズ茨木ニューシティ」の完成によるものと考えられます。大規模マンションができれば、そこに住む人が増えるため、全体的な人口が増えるのも当然と言えるでしょう。

「彩都西」駅の周辺

「彩都西」駅の周辺でも人口が増加傾向にあります。

上記のほかに、山手台新町の新興住宅地でも人口が大きく増えています。こちらに関しても、新しく住宅ができれば住む人が増えるため、全体的な人口が増えるのも当然と言えるでしょう。

ただし、イオンモール茨木の周辺、「総持寺」駅周辺、「彩都西」駅の周辺などを除いたエリアでは、人口が減り地価が下落している箇所も少なくありません。特に名神高速道路より北側となる駅から遠い郊外エリアでも地価が下落傾向にあります。

このように、茨木市内では、「地価が上昇しているエリア」と「地価が下落傾向にあるエリア」の二極化が進んでいるのです。そのため、地価が上昇しているエリアの不動産であれば、高い売却価格を期待することもできます。一方、郊外のなどの不動産は買い手を探すのが難しくなると考えた方がいいでしょう。

茨木市の中古不動産相場

茨木市の中古不動産相場は、下記のとおりです。

上記の価格は「全体的な平均相場」であるため、物件の所在地や環境、間取りによって価格は大きく異なります。たとえば、「茨木市」駅から徒歩圏内にある築浅中古マンションであれば、4LDKで9,600万円のマンションもあります。逆に、築年数が古くなると、「茨木」駅からの徒歩圏内にある3LDKのマンションでも3,000万円台の物件が見られます。

いずれにしても、茨木市の不動産売却で重要なのは「駅からの距離」と「築年数」考えた方がいいでしょう。駅から遠い場所にある物件や築年が古い物件は、高い価格での売却は難しくなりそうです。逆に言えば、駅に近いエリアに物件を所有しているのであれば、売却をしても大きな損をする可能性は低いと考えられます。築年数が浅い物件も同様です。今後も地価の上昇や人口の増加が続くのであれば、値上がりも期待できるでしょう。

このように、茨木市の不動産を少しでも高く売りたいと考えているなら、全体的な売り出し平均価格だけではなく、「駅周辺」や「築年数」などのように立地条件を分けたうえで相場を比較することが大切です。極端に築年数が古い物件は敬遠される傾向にあるため、所有している不動産の築年が古い場合には、できるだけ早めに売却を検討した方がいいでしょう。

不動産の売却相場がなかなかわからないというときは、過去の売却実績などを参考にしてみるのもひとつの方法です。ただし、あまりにも古い実績では現在の価格と大きく変わっていることがあるため、過去の売却実績をチェックする際には直近の取引を確認するようにしましょう。

茨木市で不動産売却をする際の注意点

茨木市近郊の不動産を扱う不動産会社は数多く存在しますが、不動産会社によって戸建てやマンションなど、取り扱う不動産の得意分野が異なるため、売却を依頼する前に各社の実績を確認しましょう。

しかし、得意分野の不動産だからといって、初めから1社に限定するのは問題です。初めから1社に決めてしまうと不動産の売却相場がわかりません。相場がわからなければ不利な条件で不動産売却することにもなりかねないので注意が必要です。

所有している不動産を少しでも有利に売却したいと考えているのであれば、複数の不動産会社に査定を依頼したうえで、各社の条件を比較検討するようにしましょう。

まとめ

茨木市での不動産を売却は、エリアによって売却価格や売却に適しているタイミングが異なります。「茨木」駅や「茨木市」駅の徒歩圏内であれば、今後の大幅な値下がりはないものと考えられます。場合によっては物件価格の上昇も期待できるでしょう。

一方、その他のエリアは地価が下落傾向にある箇所もあるため、所有している物件の所在地が郊外の場合は早めの売却を検討した方がいいでしょう。築年が古い物件も早めの売却がおすすめです。

参考サイト
https://www.homes.co.jp/mansion/chuko/osaka/ibaraki-city/price/
https://www.homes.co.jp/kodate/chuko/osaka/ibaraki-city/price/
http://www.mlit.go.jp/totikensangyo/totikensangyo_fr4_000043.html
http://nlftp.mlit.go.jp/ksj/
https://www.soumu.go.jp/main_sosiki/jichi_gyousei/daityo/jinkou_jinkoudoutai-setaisuu.html
http://www.city.ibaraki.osaka.jp/shisei/gaiyo/tokei/jinko_setai/chocho/index.html


【関連記事】

四條畷市の不動産売却/生駒山系の自然や歴史遺産に恵まれた街

丹波篠山市の不動産売却/黒豆、ジビエなど美味しい食満載の街

大阪市東成区の不動産売却/モノづくり企業が栄える街

堺市北区の不動産売却/古墳に囲まれた由緒ある街並み

松原市の不動産売却/自然災害が極めて少なく大阪のへそと呼ばれる街

大阪市東淀川区の不動産売却/大学生が賑わう住宅街

富田林市の不動産売却/自然と歴史に恵まれた街並み

豊岡市の不動産売却/城崎温泉があり、鞄産業が盛んな街

神戸市灘区の不動産売却/北は六甲山、南は大阪湾に面した街

高砂市の不動産売却/播磨アルプスと呼ばれる山々が並ぶ街