高槻市ってどんなところ?徹底調査してみた

目次

  1. 高槻市はどんなところにあるのか
  2. 高槻市の基本情報
  3. 高槻市の魅力とは?
  4. 高槻市の家賃相場はいくらくらいか?
  5. 高槻市の今後の傾向は?
  6. まとめ

高槻市はどんなところにあるのか

 不動産を売却するときは、そのエリアの相場や、売る時期によって価格が変わってきます。つまり、いい条件で売却するには、その地域の特徴などを理解し、不動産売買のニーズを理解することがいい条件で売買するために必要となってくるのです。今回は高槻市の特徴について説明していきます。みなさんは高槻市という地域がどのようなところか知っていますか?高槻市は不動産売却についてどのような特徴があるのか、不動産を高い価格で売却できるのかについてみていきましょう。高槻市の不動産の売却を考えている方や不動産の購入を検討している方は必見です。

高槻市の基本情報

高槻市の人口

まず、高槻市の基本情報について説明します。高槻市は5つの地形に分かれています。「山地」「谷底平野」「丘陵地」「台地」「沖積低地」の区分です。自然も溢れており、山岳や、川峠などがあります。年間の平均気温は16度前後なので比較的あたたかい気候です。令和4年3月末時点での人口は349,109人で男性166,625人で女性が182,484人となっています。高槻市は人口が20万人以上いる中核市に指定されています。

高槻市の特徴

高槻市は、大阪市と京都市へのアクセスがいいことから1970年代以降ベッドタウンとして開発が進みました。その影響で人口が増え、1975年には30万人を超える市となりました。1995年には過去最高の362,270人を超える大きな市になりましたが、その後の少子高齢化の影響により、人口は減少しています。最近は高槻市の再開発が進み、市民の利便性が上がりマンションの建設も増えていることから近畿県内や都心の人が、高槻市に移り住む姿も増えていきました。

高槻市は交通の便がいい

高槻市を一言で表すと、「交通の便がいいまち」です。高槻市は、地図を見るとわかるように高槻市は、大阪市と高槻市の中心にある市です。「高槻駅」から「大阪駅」までは、JRを利用すると15分で行くことができ、料金も250円ほどでいくことができます。「高槻駅から」から「京都駅」までは、12分でいくことができ、料金は390円になっています。高槻市は、どこにいくにもアクセスがいい街だということができます。

高槻市は「都会と田舎」のまち

高槻市は、大阪市や京都に近いことから、「都会なのかな」と感じた方も多いかと思いますが、市内には、自然がたくさんあり、「田舎らしさ」を感じることもできます。交通の便が良く駅前には、「松坂屋」「西武」などのデパートやショッピングセンターがあり、なんでも揃う高槻市ですが、街の雰囲気は緑が多く落ち着いた雰囲気があります。また、市街化整備区域が市70パーセントを占めているため、山などが守られています。公園もあり「摂津峡公園」「芥川桜堤公園」は市民に人気があり、桜がきれいに咲く公園になっています。このことから、高槻市は「都会」と「田舎」を感じられる市になっています。

高槻市の魅力とは?

岸和田市は「交通の便がいい」「都会と田舎が感じられる街」「子育て支援が手厚い」「医療が充実している」といった魅力があります。それぞれについて説明していきたいと思います。

交通のアクセスがいい

高槻市には5つの駅があります。一番大きな駅はJR線の「高槻駅」阪急線の「高槻市駅」をはじめ「摂津富田駅」「上牧駅」「富田駅」の5つの駅があります。

「高槻駅」から線快速にのれば、「大阪駅」までは15分でいくことができ、「京都駅」までは12分でいくことができます。JR「高槻駅」から阪急「高槻市駅」までは徒歩で10分ほどの距離にあるので、阪急線へのアクセスもいいです。その阪急線「高槻市駅」から「阪急梅田駅」までは22分でいくことができ、京都の祇園が近い「阪急河原町駅」までは24分でいくことができます。そのため平日は、大阪市内に仕事に通い、週末は京都で楽しむことができます。このことから、仕事や、遊び、どちらも楽しめることができるのが高槻市です。

駅周辺は商業施設が栄ている

高槻市はデパートやショッピングセンターなどの商業施設が充実しています。「松坂屋」「西武」などのブランドを扱うお店から、ファッションや、生活用品を扱うショッピングセンターまであります。また、「高槻駅」から「高槻市駅」をまでをつなぐ商店街もあり、カラオケ店や食品を扱うお店が立ち並んでいます。

都会と田舎の両面を感じれるまち

先ほどかいた通り、商業施設が建ち並ぶ駅周辺もありますが、自然を感じられるスポットが高槻市にはあります。「摂津峡公園」「芥川桜堤公園」は、桜がきれいで、高槻市民が集まるスポットになります。「高槻森林観光センター」は、アウトドアを楽しめるスポットで6月中旬頃には「ゲンジボタル」を見ることができ自然を感じることができます。

子育て支援が充実

高槻市は、子育て支援が充実しています。子供が生まれる前の健診には通常保険が適用されませんが、高槻市は最大14回、12万円分までの助成があります。そのため、出産までは、ほとんど実質の負担額無く、健診を受けることができます。

また、不妊治療の助成金は通常所得制限があるのですが、高槻市は関西で初めて、所得の制限を撤廃しました。

生まれてから、中学校卒業までの医療費の実質負担額が1回につき500円です。1ヶ月の上限は2500円なので、子供を育てやすい環境が揃っています。
また、産前産後をサポートしてくれる支援員制度もあり、初めてパパとママになる人にとっては心強いサポート体制があります。

医療体制が充実している

高槻市は医療体制がしっかりしている市です。市医師会と市医療機関の連携がしっかりされており、「高槻駅」は一般病棟477床あり、29診科がある大きな病院です。緊急時にも対応してくれる病院なので安心して暮らすことができます。

高槻市の平均家賃は?

これまで高槻市は、自然が豊かで美味しい食べ物があり、交通の便や買い物には困る事なく生活できる街だということがわかりました。
それでは家賃相場はどのくらいなのでしょうか。例えば高槻市でワンルームを借りようとするとその家賃相場は5,8万円ほどになります。1Kの場合だと約6,22万円で1LDKで10,17万円です。3LDKの物件も多くあり、平均家賃は13,45万円です。
他の市と比べ、ワンルーム、1LDKの平均価格が高めですが、繁華街までの、電車の乗車時間などを考えると納得する値段になっています。

高槻市の今後の傾向は?

ここまでで高槻市は、交通の便がよく自然もあり、商業施設も充実している街だということがわかりました。それでは今後はどのような街に変化していくのでしょうか?
日本はm少子高齢化社会になり人口が減ると予測されていますが、ここ数年の人口は大きな減少をすることなくほぼ横ばいです。また、土地の価格はここ数年上がっており、住宅地、商業地どちらも価格が上がっています。駅から離れた場所は若干ですが、価格が下がっている傾向にあります。そのため、もし高槻市にある不動産を売却すれば、高く買い取ってもらえる可能性があるでしょう。それは、購買需要が高ければ高いほど買い手がつきやすく、そのような物件は高い価格をつけて売却しても売れ残る心配がないからです。もし高槻市にある不動産を手放そうか悩んでいる場合は、売却を検討してみるのもよいでしょう。

まとめ

今回は、大阪府高槻市の人口や特徴、住みやすさなどについて紹介してきました。 高槻市は大阪市や京都市へのアクセスもよく、自然があることから、住みやすい町です。また商業施設、子育て支援、医療体制も充実しており、カップルやファミリー層に人気のエリアです。土地の価格も近年上昇していることから高槻市の不動産を売却すれば高く買い取ってもらえる可能性が高くなります。もし高槻市に不動産を所有している場合は今が売り時かもしれません。

【参照】高槻市役所(URL:https://www.city.takatsuki.osaka.jp )


【関連記事】

和泉市の不動産売却/池上曽根遺跡のある、長い歴史の街

朝来市の不動産売却/天空の城「竹田城跡」がある観光地の街

たつの市の不動産売却/龍野城、新舞子海水浴場で楽しめる街

加古川市の不動産売却/鶴林寺や高御位山があり、文化遺産の多い街

神戸市灘区の不動産売却/北は六甲山、南は大阪湾に面した街

柏原市の不動産売却/柏原地ワインとして知られブドウ畑が多い街

尼崎市の不動産売却/大阪駅まで電車で5分、住みやすい住宅街

摂津市の不動産売却/無料巡回バスがあり子育て世代に人気

大阪市浪速区の不動産売却/なんぱパークスやでんでんタウンで賑わう街

大阪市旭区の不動産売却/こども自然公園がある住宅地