【必見】泉大津市ってどんなところ?徹底調査してみた

目次

  1. 大阪府泉大津市はどんなところにあるのか
  2. 泉大津市の基本情報
  3. 泉大津市の魅力とは?
  4. 泉大津市の家賃相場はどれくらいなのか
  5. 泉大津市の今後の傾向
  6. まとめ

大阪府泉大津市はどんなところにあるのか

 不動産を売却するときは、そのエリアの相場や、売る時期によって価格が変わってきます。つまり、いい条件で売却するには、その地域の特徴などを理解し、不動産売買のニーズを理解することがいい条件で売買するために必要となってくるのです。今回は大阪府泉大津市の特徴について説明していきます。みなさんは泉大津市という地域がどのようなところか知っていますか?泉大津市は不動産売却についてどのような特徴があるのか、不動産を高い価格で売却できるのかについてみていきましょう。泉大津市の不動産の売却を考えている方や不動産の購入を検討している方は必見です。

泉大津市の基本情報

泉大津市の人口

まず、泉大津市の基本情報について説明します。泉大津市は大阪府の南部に位置し、北部、東部は、高石市と和泉市と隣接しています。南部は大津川を境に北泉郡忠岡町と隣接しています。海に面しており、淡路島を遠くに見ることができます。市内全域がほぼ平坦な地形で、年の平均気温温度も17度前後で暖かく過ごしやすい気候です。海面を埋め立てたことや、発展したことにより、現在の面積は13,73平方メートルほどです。2020年の国勢調査では総人口74,412人となっており、人口の増加が前回より増えている傾向にあります。

泉大津市の特徴

泉大津市は、交通の便や、駅周辺が栄ていること、また子育て支援などが充実している事からベッドタウンとして人気のエリアです。また、市の面積がそれほど大きくないので、スーパーや病院、市役所などが集まっており、移動が楽に済ますことができます。駅周辺が栄ているので、自然や緑は少なく感じますが海が隣接しているので、自然を感じられるスポットもあります。

泉大津市にはどのような施設があるのか

泉大津市には、メインとなる「泉大津駅」があります。その周辺にはスーパーなどの商業施設があり、仕事帰りにも買い物をすることができる場所が複数あります。2017年には「N.KLASS泉大津」というスーパーマーケットがオープンし、スポーツジムや、海産物などの食品が売られている複合施設があります。「いずみおおつCITY」という駅直結の商業施設もあり、雑貨屋、ファッション店舗が揃う複合施設になっています。

駅周辺は住みやすく交通の便がいい

泉大津市には南海本線「泉大津駅」「北助松駅」「松ノ浜駅」の3つの駅があります。メインとなる「泉大津駅」には急行の電車も発着します。そのことから1日約29,000人が乗り降りする大きな駅です。日中は1時間に8本ほど電車が止まるので、10分待てば電車に乗ることが可能です。また「なんば駅」には乗り換えをすることなく約20分ほどで行くことができるので、通勤や通学買い物にも簡単に行くことができます。

泉大津市の魅力とは?

泉大津市は「交通の便がいい」「商業施設があり生活に不便がない」「教育が充実している」「治安がいい」といった魅力があります。それぞれについて説明していきたいと思います。

交通の便がいい

泉大津市は交通の便がいいです。南海本線の「泉大津駅」「北助松駅」「松ノ浜駅」の3駅があります。「泉大津駅」は普通と急行の電車が停まり一時間に8本ほど電車がきます。「なんば駅」までは乗り換えなしで20分、料金は450円と少し高めです。「天王寺駅」「梅田駅」「新大阪駅」までは乗り換えが必要ですが1回の乗り換えなどで楽に移動することができます。大阪市内の駅までは距離が短いので、比較的早く主要駅に着くことができます。

日常生活に不便がない

「泉大津駅」には、スーパーや日常生活に必要なものを揃えることができるドラックストアがあります。スーパーマーケットは「泉大津駅」の周辺だけで9箇所あり、夜遅くまで営業しているスーパーもあるので仕事で遅くなった際でも買い物をして帰ることができます。

「ダイエー泉大津店」「SUPER MARKET KOHYO 泉大津店」「デイリーカナート泉大津店」「サンディ泉大津店」「コノミヤ泉大津店」「じゃんぼ食鮮舘泉大津店」「オークワ泉大津店」「食品舘アプロ松野浜店」「近商ストア 泉大津店」などがあります。ダイソーやセリアなど会社が違う100円ショップがあるので可愛い便利グッズを購入することができます。

毛布のまち泉大津市

泉大津市は「毛布のまち」として有名な街です。日本で作られている毛布の90パーセントは泉お大津市とその周辺の地域で作られています。毛布や、ニットなどの繊維産業中心に泉大津市は発展しています。

治安がいい

泉大津市は比較的治安がいいので女性の一人暮らしでも安心して暮らすことができます。

泉大池駅周辺の犯罪件数は泉大津市134件、忠岡町27件。和泉市408件、高石市135件です。駅周辺には警察署もあり、市の職員や自治体によるパトロールも行われているため、安心して暮らすことができます。

子育て支援や教育が充実している

泉大津市は、子育て支援と教育が充実しています。市内には、小学校が8校、中学校が3校あります。また、駅前周辺には、学習塾があり、知名度がある塾もあるので、子供にあった塾に通わせることができます。また、送迎バスつきの塾もあるので、忙しいお父さん、お母さんには利点があり、安全に塾に通うことができます。

泉大津市の家賃相場はどれくらいか?

これまでで、泉大津市は、電車の交通の便がよく、駅周辺に商業施設があるので、不便なく暮らすことができる市だということがわかりました。それでは家賃相場はどのくらいなのでしょうか。例えば美原区でワンルームを借りようとするとその家賃相場は5.3万円ほどでとても安いです。1Kの場合だと約4.76万円で1LDKで6.96万円です。2LDKや3LDKなどのカップルや家族で住むことができる部屋数の多い物件もたくさんあります。大阪市に近く、交通の便がいいことや、治安がいいので一人暮らしや、家族で住む人におすすめの物件があります。

泉大津市の今後の動向とは?

ここまでで泉大津市は、交通の便がよく駅周辺も栄ているため、生活に不便なく暮らせる市だということがわかりました。それでは今後はどのような街に変化していくのでしょうか?
例えば人口はどのように変化していくのでしょう。高度成長期の1950年から1975年までは、増加傾向にあった泉大津市の人口は、1970年から1990年後半まで急な増加や減少は無く、横ばいで推移しています。1990年後半から2000年代前半までは増加しましたが、2005年以降減少しています。その後も減少は続くと予想されています。土地の単価価格は上がることなく、ここ数年は横ばいが続いています。なので、泉大津市に土地などの不動産を所有している人は、早めに売ることをおすすめします。
価格が下がり続ける土地をもつより、価格がいいうちに売ることをおすすめします。泉大津駅周辺には複数の不動産会社があるので、見積もりをもらうことをおすすめします。

まとめ

今回は、泉大津市の人口や特徴、住みやすさなどについて紹介してきました。泉大津市は、交通の利便性がよく、教育も充実している市なので住みやすいです。
治安も良く、市がそれほど大きく無いため市内の移動も自転車などで動くことができる街です。しかし、土地や不動産価格が横ばいか少し減少している地域なので、少しでも高く売りたいという方は、今が売り時かもしれません。

【参照】泉大津市役所(URL:https://www.city.izumiotsu.lg.jp )


【関連記事】

富田林市の不動産売却/自然と歴史に恵まれた街並み

豊中市の不動産売却/千里ニュータウンがあるベッドタウン

赤穂市の不動産売却/赤穂城跡、大石神社など歴史溢れる街

大阪市生野区の不動産売却/コリアンタウンがある観光地

洲本市の不動産売却/淡路島の中心に位置する住みやすい街

柏原市の不動産売却/柏原地ワインとして知られブドウ畑が多い街

神戸市北区の不動産売却/三宮から近いが、山が多く自然豊か

神戸市東灘区の不動産売却/三宮にも大阪にも近く住みやすい街

姫路市の不動産売却/姫路城、姫路セントラルパークで賑わう街

神戸市灘区の不動産売却/北は六甲山、南は大阪湾に面した街