【必見】大阪府豊中市ってどんなところ?徹底調査してみた

目次

  1. 豊中市はどんなところにあるのか?
  2. 豊中市の基本情報
  3. 豊中市の魅力とは?
  4. 豊中市の家賃相場はどれくらいか?
  5. 豊中市の今後の傾向とは?
  6. まとめ

大阪府豊中市はどんなところにあるのか?

 不動産を売却するときは、そのエリアの相場や、売る時期によって価格が変わってきます。つまり、いい条件で売却するには、その地域の特徴などを理解し、不動産売買のニーズを理解することがいい条件で売買するために必要となってくるのです。今回は豊中市の特徴について説明していきます。みなさんは豊中市という地域がどのようなところか知っていますか?豊中市は不動産売却についてどのような特徴があるのか、不動産を高い価格で売却できるのかについてみていきましょう。豊中市の不動産の売却を考えている方や不動産の購入を検討している方は必見です。

豊中市の基本情報

豊中市の人口

まず、豊中市の基本情報について説明します。豊中市は大阪市の隣にある市で、中核市に指定されています。住宅都市として発展しており、「お金持ちが住む街」としても取り上げられています。人口は、大阪府内の中で、大阪市、堺市、東大阪市の次に多いです。

総人口は、6月1日現在で400,077人おり、男性187,975人で女性212,102人です。世帯数は178,556世帯となっています。

豊中市の特徴

豊中市は、大阪市の隣にあることから住宅街として発展しました。全国でも有数な交通の便がいい街としても有名で、豊中市の鉄道駅は12駅あります。「大阪モノレール」「北大阪急行」「阪急宝塚本線」などの路線が通っており、非常に交通の便がいい市となっています。また、バスも多く運行している事から豊中市内は、公共交通機関を使って生活することができます。このことから、豊中市はベッドタウンになっています。また、教育にも力を入れている市で「教育文化都市」として、取り組みを多く行っている市です。

お金持ちが住む街

豊中市は、大阪市の隣にあり、ベッドタウンと言われています。隠れた高級住宅街として「東豊中」「緑丘」「上野」は人気があり、資産家が多く住んでいます。新幹線が停まる「新大阪駅」や「伊勢空港」が近い事から、旅行やビジネスで移動する人々に人気があります。夜は静かなので安心して過ごすことができます。豊中市は、治安のいい街です。

教育文化都市

豊中市は、子育て支援や教育環境が整っています。私立図書館が11箇所あるので、勉強できる環境が揃っています。小学校や中学校の校舎も綺麗で過ごしやすくなっています。また、大きな公園が複数あるため体を動かして遊ぶことも日常的にできます。
豊中市は教育文化都市として力をいれている市です。

豊中市の魅力とは?s

豊中市は「交通の便がいい」「治安がいい」「ベッドタウンのため、夜は静かに過ごすことができる」「子育て支援が充実している」といった魅力があります。それぞれについて説明していきたいと思います。

交通のアクセスがいい

豊中市は交通網が発達しています。地下鉄御堂筋線と連結した北大阪急行が通っているため、心斎橋や梅田、難波などの繁華街に一本で行くことができます。梅田までは、直通10分程度で行くことが可能なので、通勤のストレスもなく電車通勤をすることができ、週末には、ショッピングに出かけることができます。昼時にも電車も10分おきにくるので、長時間まつ必要がありません。新幹線が停まる駅に乗り換えなしで行くことができるのでとても便利です。モノレールやバスなどもあるため、様々な場所に、色んな手段で行くことが可能です。大阪国際空港には20分程で行くことが可能で、気軽に飛行機に乗ることが可能です。

買い物に困らない

豊中市は、スーパーやドラックストアが充実しており、各駅にあるので買い物で一切の不便がありません。夜遅くまで営業しているスーパーもあるため、仕事終わりでも買い物をすることができます。また、コンビニも24時間営業しているので急な買い物があっても対応することができます。美容院などもありますので、生活に必要なことは豊中市で解決することができます。また、車を利用すると20分圏内で商店街や、大型スーパーに行くことができるので買い物に困ることはありません。

子育て支援が充実

豊中市は、子育てと教育に力をいれている市です。豊中市が打ち出している政策は幼児教育の無償化、待機児童ゼロ維持。女性の就労支援などが挙げられています。そのほかにも、医療費助成の拡充や教育施設の改修促進など、子育て、教育にかかわる支援が充実しています。また、図書館などの公共施設なども充実しています。実際に住んでいる人たちの口コミもよく、「安心して子供を育てることができている」という言葉がおおいです。

治安がいい

豊中区は、資産家が住む高級住宅街と言われています。また、転勤族も多く住む市なので、民度が高いと評判です。治安も良く、駅周辺も街灯が多いため、安心して女性や、子供でも、歩くことができます。しかし、住宅街ということもあり、住宅地に入ってしまうと、街灯が少ないので少し不安に感じることもありますが、大きな事件などがないのが豊中市です。

公園が多く子供が遊べる自然が整っている

豊中市には、公園も多くあり、週末は家族でお出かけを楽しむことができます。「腹部緑地」は、野外音楽堂や、乗馬センター、テニスコートなど、大人も楽しめるスポットがあり、家族連れに人気があります。周辺にある、「伊勢スカイパーク」は飛行機を間近で見ることができるスポットとなっています。日中は子供連れの家族が楽しむ姿がり、夜は、飛行機の飛び立つ灯りを楽しむカップルが多いスポットです。 その他にもたくさんの公園があり、子供と楽しめる場所が多いのが豊中市です。

豊中市の家賃相場はどれくらいか?

これまでで豊中市は交通の便にすぐれており、都心的な区だということがわかりました。それでは家賃相場はどのくらいなのでしょうか。例えば豊中市でワンルームを借りようとするとその家賃相場は5,9万円ほどになります。1Kの場合だと約5,7万円で1LDKで8,45万円です。3LDKの物件も多く、平均家賃は13,8万円です。一人暮らしようの物件でも、面積が広い物件が多いのが特徴です。2LDK以上の物件も多くあり、戸建の物件もある事から、カップルや家族がいる人も快適に暮らすことができる間取りが用意されています。

豊中市の今後の動向とは?

ここまでで豊中市は、交通の便がよく子育てや教育に力を入れており、治安がいいベッドタウンだということがわかりました。それでは今後はどのような街に変化していくのでしょうか?例えば人口はどのように変化していくのかというと豊中市の人口は2010年の38万9千人をピークに減少を続けると予想しています。2040年には14%減少し、33万5千人になると見込まれています。しかし、豊中市は、外の市に比べ交通の便もよく、立地がとてもいいです。つまり豊中市の不動産を購入したいという需要は今後も高いと考えられます。そのため、もし豊中市にある不動産を売却すれば、高く買い取ってもらえる可能性があるでしょう。それは、購買需要が高ければ高いほど買い手がつきやすく、そのような物件は高い価格をつけて売却しても売れ残る心配がないからです。もし豊中市にある不動産を手放そうか悩んでいる場合は、売却を検討してみるのもよいでしょう。

まとめ

今回は、大阪府豊中市の人口や特徴、住みやすさなどについて紹介してきました。豊中市は交通の便がよく、繁華街へのアクセスや、空港へのアクセスがいい市になっています。駅周辺も賑わっている事から買い物にも便利で、安心して快適に住める街です。人口減少があったとしても他の市より交通の便がいい事や、治安がいい事から豊中市の不動産を売却すれば高く買い取ってもらえる可能性が高くなります。もし豊中市に不動産を所有している場合は今が売り時かもしれません。

【参照】大阪府豊中市役所(URL:https://www.city.toyonaka.osaka.jp)


【関連記事】

大阪市鶴見区の不動産売却/鶴見緑地公園は家族で賑わう

豊中市の不動産売却/千里ニュータウンがあるベッドタウン

相生市の不動産売却/相生湾ではペーロン競漕が行われる街

大阪市城東区の不動産売却/人口密度全国2位の街

伊丹市の不動産売却/大阪国際空港(伊丹空港)のある街

大阪市旭区の不動産売却/こども自然公園がある住宅地

宍粟市の不動産売却/山崎アウトドアランド、もみじ山が人気

神戸市須磨区の不動産売却/須磨海水浴場は多くの人で賑わう

大阪市西淀川区の不動産売却/工業地域として発展した街

丹波市の不動産売却/藤のシャワーが見れる白毫寺が人気の街