泉北ニュータウンってどんなところ?気になる堺市南区の不動産売却について解説!

不動産売却には、売却するタイミングやその不動産の相場などが非常に重要です。そのタイミングや相場には、人口や商業施設、その地域の歴史や治安などが大きく影響します。この記事では堺市南区についてご説明しますので、南区での不動産購入または売却を考えておられる方に参考にして頂けたら幸いです。

目次

  1. 堺市南区の基本情報
  2. 堺市南区の家賃相場
  3. 堺市南区の今後の動向

堺市南区の基本情報

(1)特徴

南区は堺市の南端に位置し、面積は約4404haで堺市内の27%もの面積を占めています。また南区は、北部の泉北ニュータウンという近代的な都市と南部の自然豊かな農地などの環境が共存しています。さらに桜井神社拝殿は国宝に指定されており、その他にも貴重な歴史的遺産が数多く残っています。区内にはため池が点在し、石津川や和田川が北西に流れています。

(2)泉北ニュータウンとは

泉北ニュータウンとは1967年(昭和42年)から開発が進められた、日本を代表する大規模なニュータウンです。範囲は泉ヶ丘、栂・美木多、光明池の 3 地区で、面積は1,557haです。このようなニュータウンは高度経済成長期の中、戦後職を失った人々が仕事を求めて都市部に流入し、都市部に人口が集中してしまうのを防ぐために作られました。比較的都市部に通いやすく、土地も安価な郊外にニュータウンを作ることで、人口を分散させようとしたのです。泉北ニュータウンもそのような経緯で開発されており、土地区画が整理され、公園や教育施設などが揃ったエリアとして人気が出ました。

(3)泉北ニュータウンの魅力

令和2年4月の統計では、泉北ニュータウンに116,693人もの人々が暮らしています。また、世帯数は56,271世帯です。令和2年8月の南区全体の人口が138,700人ですので、南区全人口のおよそ84%が泉北ニュータウンに住んでいることになります。 ここでは、そんな泉北ニュータウンの魅力についてご説明します。

①自然が豊か

泉北ニュータウンは緑が多く、公園などの施設が充実しています。そのうちの一つである「堺・緑のミュージアム ハーベストの丘」は、体験型の農業公園であり、広い園内をゴーカートに乗って巡ったり、動物とふれあったりすることができます。また、 いちご狩りや石窯でのピザ作りを体験することもできます。さらに新檜尾公園というメタセコイアの並木がきれいな公園もあり、堺自然ふれあいの森という施設では、里山環境の復元を目指して「森の学校」が開かれています。

②交通アクセスがよい

泉北ニュータウンには、泉北高速鉄道が通っており、泉ヶ丘駅、栂・美木多駅、光明池駅をつないでいます。そして、その各駅には路線バスやふれあいバスが運行しており、電車とバスを利用すれば、主要な施設への移動には困りません。またこの泉北高速鉄道を利用すれば、難波駅まで約30分、大阪駅までは約50分と、都市部への移動もしやすいです。さらに近年では、自動車の自動運転の実証実験などの取り組みも行われているようです。

③商業施設や公共施設が揃っている

泉ヶ丘駅周辺には、高島屋泉北店や堺市泉北急病診療センター、堺市立南図書館などがあります。また栂・美木多駅周辺には、堺市南区役所や西原公園、TOHOシネマズ泉北などがあります。そして光明池駅周辺には、新檜尾公園や鴨谷体育館、運転免許試験場などがあります。泉北高速鉄道やバスを使えば、このような公共施設・商業施設を利用しやすく、とても住みやすい環境だと思います。

このように緑が多く、自然とふれあえる施設が多い泉北ニュータウンは、子育てに適したエリアだと思います。また、交通アクセスがよいので通勤通学で大阪市内へ移動される方にもおすすめです。さらにニュータウンであるがゆえに、駅周辺に主要な公共施設・商業施設が揃っており、高齢者の方や車を所有していない方も不自由なく暮らすことができるでしょう。

(4)南区の人口

南区の人口は1967年から開発が進んだ泉北ニュータウンのおかげで、1992年のピーク時には約18万人の人が居住していました。しかし現在は減少傾向であり、令和4年6月1日時点の人口は134,850人となっています。また高齢化率が上昇しており、区はさまざまな取り組みを行っています。

(5)行政の取り組み

まず南区は「自然とふれあい、人と人とのつながりを大切にする都市」を目標に活動しています。その一環として、イベント等のまちづくり事業に力を入れています。令和3年度に行われたイベントの一つに「田んぼにGO!畑にGO!」というものがあり、南区の小中学生が稲作を体験しました。また「キャンドルロードminami」というイベントでは、区民が願いごとキャンドルを作り、また区内の高校生や大学生がキャンドルアートを作って展示しました。その様子はYouTubeで配信されるなど、SNS広報にも力を入れています。他にも「南区クリーンキャンペーン」や「みなみ花咲くまちづくり推進事業」、「南区ふれあいまつり」、「孤立しないさせない生活推進事業」など、数多くの取り組みを行っています。

堺市南区の家賃相場

ホームメイトによると堺市南区の家賃相場は次のようになっています。

ワンルーム4.5万円
1K4.5万円
1DK4.76万円
1LDK6.52万円
2LDK6.21万円
3LDK9.19万円

同じ堺市の堺区などと比べると安価になっていますが、中区や東区などと比べると、部屋数が多くなるほど家賃相場は高くなっています。このことから若い世代というより、ファミリー層などに不動産の需要があると予想できます。

堺市南区の今後の動向

ここまで南区についてご説明してきましたが、自然豊かで、交通機関や各種施設の利便性が良いという点で、とても住みやすい街だとお分かり頂けたと思います。現在高齢化率が上昇していますが、行政では若者に向けたさまざまな取り組みを行っており、今後南区の良さをさらにアピールしていくと思われます。そうすれば高齢者やファミリー層だけでなく、一人暮らしの若者などからの不動産需要も高まるのではないでしょうか。これから南区で不動産を売却しようとしている方、あるいは南区への移住を考えておられる方はぜひ前向きに検討されてみてください。

南区トップページ 堺市
https://www.city.sakai.lg.jp/minami/index.html
推計人口・世帯数ー堺市
https://www.city.sakai.lg.jp/shisei/tokei/suikei.html


【関連記事】

茨木市の不動産売却/インターチェンジがありファミリー層に人気

大東市の不動産売却/野崎まいり公園、野崎観音などの観光地

松原市の不動産売却/自然災害が極めて少なく大阪のへそと呼ばれる街

泉南市の不動産売却/広大な泉南りんくう公園が楽しめる街

吹田市の不動産売却/大阪大学、関西大学など学生が多い街

川西市の不動産売却/キャンプ場や展望台、公園などが点在

交野市の不動産売却/天野川が流れ、山に囲まれた田園都市

大阪市天王寺区の不動産売却/阿倍野ハルカスや四天王寺がある街

姫路市の不動産売却/姫路城、姫路セントラルパークで賑わう街

神戸市灘区の不動産売却/北は六甲山、南は大阪湾に面した街