【必見】大阪市鶴見区ってどんなところ?不動産売却の際に抑えるポイント!

目次

  1. 大阪市鶴見区の概要
  2. 鶴見区の特徴は?
  3. 鶴見区の歴史
  4. 鶴見区の魅力はなにがあるのか!
  5. 鶴見区の家賃相場は?
  6. 鶴見区での不動産売却
  7. まとめ

大阪市鶴見区の概要

「不動産を売却したい!」という方は、早く高く売りたいと考えているはずです。しかし、その早く高く売却することを実現するためには、所有する不動産の周辺状況を十分に理解することが必要不可欠になってきます。今回は大阪市鶴見区の特徴について説明していきます。様々な地域ならではの特性を基に、鶴見区が不動産売却という観点でどのような状況に置かれているのか見ていきましょう。鶴見区に不動産を所有している方、売却・購入をまさに検討している方は必見です。

②大阪市鶴見区の特徴

鶴見区の位置と人口

まず大阪市鶴見区の基本情報について説明していきます。鶴見区は大阪市の最も東に位置しており、大東市、東大阪、城東、旭の両区、守口、門真の各市と隣接しています。鶴見区は河川や水路が多く、多くの農地が現在も点在しています。そのため豊かな自然環境とともに、住みやすい環境が整っています。大阪市によると鶴見区の人口は、2022年3月末時点で112,408人となっています。そのうち、男性は53,462人、女性は58,946人となっています。世帯数は52,514世帯であり、多くの住民が鶴見区で暮らしています。

交通の便

鶴見区には、JRおおさか東線・JR片町線・大阪メトロ長堀鶴見緑地線の3つの路線が通っています。京橋や心斎橋、新大阪まで1本でアクセスすることができます。幹線道路や鉄道を利用することで、区内の移動は比較的容易にでき、住環境の充実に伴って、人口は増加傾向にあります。

鶴見区にある施設とは

鶴見区でシンボルとなっているのが「花博記念公園鶴見緑地」です。この鶴見緑地は1972年に開園し、1990年には「国際花と緑の博覧会」の会場にも選ばれています。さらに公園内の施設の再整備や新しい施設の開設が行われており、バーベキューやキャンプ場なども人気を集めています。なんといっても四季折々の草花や自然を堪能できるため、地元の人だけでなく、多くの利用者に親しまれている施設です。

また「三井アウトレットパーク大阪鶴見」もあり、お買い物には困りません。門真南駅から徒歩5分と非常にアクセスもしやすく、様々なブランドの商品を購入するために、多くの買い物客が訪れています。アウトレットエリアと西日本最大級の花き卸売市場との複合施設になっており、休日にはシーズンに合わせたイベントも開催されています。
その他にも、大型ショッピングセンターや大規模マンションの建設など、様々な施設が建設されており、暮らしやすい環境づくりが進んでいます。

鶴見区の歴史

名前は鶴が多く住みついていることから付けられたといいます。昔から水路が多く点在していたこともあり、農業や草花の分野で発展しています。特に花博記念公園鶴見緑地の中にある「咲くやこの花館」は日本最大の温室面積を誇っており、様々な季節の植物を楽しむことができるポイントとして、鶴見区の代表観光スポットになっています。道路沿いには歴史漂う古い建物が残っており、昔の街並みを感じられる景観となっています。

鶴見区の魅力

自然が豊かである

リラックスした生活を送るためには、周辺の自然環境はかなり重要になってきます。鶴見区は花博記念公園鶴見緑地を中心に自然が非常に充実しているため、穏やかな景観とともに、落ち着いた生活を送れること間違いなしです。自然が豊かという事は、子どもはのびのびと暮らすことができ、発展した都市部に比べて安全で健康的な成長にもつながります。家族で暮らすには絶好の場所です。

アクセスが良い

鶴見区にはJRおおさか東線・JR片町線・大阪メトロ長堀鶴見緑地線の3路線が通っており、都市部へのアクセスも困りません。やはりお仕事は都市部に通われている方も多いため、スムーズに都市部へ移動できるのは、鶴見区の大きな魅力と言えます。区内の移動もバス等を利用すれば問題なく行うことができ、お買い物などのお出かけの際にもストレスを感じることはありません。

商業施設が豊富である

生活に必要なものを買いたいときに買える環境が鶴見区には整っています。その中でも利用者が多いのは「イオンモール鶴見緑地」と「三井アウトレットパーク大阪鶴見」です。イオンモール鶴見緑地を利用すれば、食料品から衣料品まで様々な生活用品を揃えることができます。また三井アウトレットパークでは、国内外の有名メーカーやブランドから様々な商品が購入でき、アウトレットなのでよりお買い得に楽しむことができます。また大型商業施設に限らず、住宅地周辺には業務用スーパーから有名スーパーまで、多くのスーパーマーケットが点在しています。24時間営業のスーパーも多いため、お買い物には困らない充実した環境となっています。

今後の発展

鶴見区エリアが近年注目を集めている理由は、これからも大きく発展していくことが予想されるからです。自然豊かな地域に加えて、2022年10月以降には「コストコ」や「ららぽーと」が建設予定となっているのです。今ある商業施設に加えて、これらの商業施設が徒歩圏内に完成することで、自然が豊かで心落ち着く生活に加えて、利便性が高い町となり、より発展していくでしょう。これによって、より広い世代の方にとって住みやすい環境となります。

家賃相場

ここまでは鶴見区の住みやすさや周辺施設についてみてきましたが、家賃相場についても説明していきます。鶴見区の賃貸の家賃は、1Kの場合は5.02万円、1DKの場合は6.34万円が平均となっています。また3LDKの場合の平均は9.00万円となっています。比較的、家賃相場は落ち着いているといえます。また大阪市の中でも鶴見区は治安が良いため、そういった観点と併せて考えても、非常に住みやすいといえるでしょう。鶴見区に住みたいと考えている方はぜひ参考にしてみて下さい。

不動産売却を検討するなら

不動産売却の際に考えるべきポイントは、不動産の購買需要です。購買需要が高いほど、買い手が早くつきやすく、さらに高い価格で買い取ってもらえる可能性も高くなります。そして鶴見区の不動産購買需要は、2つの理由から高いといえます。1つ目は人口の緩やかな増加です。人口が大きく減少していると、購買需要は低下してしまいますが、人口が増えていれば、買い手が増えるため、購買需要は高いといえます。2つ目の理由は近年発展が進んでいることです。鶴見区の場合は緑地公園付近を中心に急速に発展しています。より住みやすい環境になっていくため、この機会に鶴見区へ移住しようと考える人は多く、不動産の購買需要は高さを保っていくでしょう。もし現在不動産売却を考えている方は、ぜひしっかり検討してみるのがよいでしょう。特に鶴見緑地付近の不動産を所有されている方は、その他のエリアに比べても需要が高いため、より高い値段で売却できるかもしれません。

まとめ

今回は、大阪市鶴見区の特徴や歴史、魅力を通じて不動産売却を検討すべきか紹介してきました。鶴見区は豊富な自然と便利な施設の両方を兼ね備えた魅力あふれる町です。さらに治安の良さや、昔ながらの街並みを堪能できるという特徴があります。新しい商業施設も建設予定であり、今よりももっと住みやすい環境となっていくでしょう。これらを考慮すると、今鶴見区の不動産を売却すれば、高い値段で売却できる可能性は十分にあります。もし鶴見区に不動産を所有している場合は今が売り時かもしれません。

「鶴見区の概要 ‐ 大阪市」
https://www.city.osaka.lg.jp/tsurumi/page/0000001256.html


【関連記事】

洲本市の不動産売却/淡路島の中心に位置する住みやすい街

姫路市の不動産売却/姫路城、姫路セントラルパークで賑わう街

柏原市の不動産売却/柏原地ワインとして知られブドウ畑が多い街

淡路市の不動産売却/うずしおクルーズ、休暇村南淡路が人気

大阪市平野区の不動産売却/大阪市内で人口ナンバーワン

神戸市兵庫区の不動産売却/ハーバーランドまで歩いて行ける

大阪市鶴見区の不動産売却/鶴見緑地公園は家族で賑わう

明石市の不動産売却/子育て施策は全国トップクラスの街

堺市美原区の不動産売却/黒姫山古墳があり鋳物発祥の地

岸和田市の不動産売却/岸和田だんじり祭りがおこなわれる街