大阪市城東区の特徴は?不動産を売却したらいくらで売れるのか?

目次

  1. 大阪市城東区とはどのような街なのか?
  2. 城東区の基本情報
  3. 城東区の人口
  4. 城東区の治安
  5. 城東区の歴史
  6. 交通アクセス
  7. 城東区の特徴
  8. 城東区の不動産売却の現状とは?
  9. まとめ

大阪市城東区とはどのような街なのか?

みなさんは城東区とはどのような街なのか知っていますか。城東区は大阪市の東の方に位置する区で、治安がよく、生活しやすい街だとよく言われています。一般的に、生活しやすい場所は不動産の購入需要が高く、買い手がつきやすいため、売却したら高く買い取ってもらえることになります。それでは、実際には城東区の不動産売却では、買取相場はどれくらいなのでしょうか。今回は、大阪市城東区の特徴を紹介し、不動産売却の現状について説明していきます。

城東区の基本情報

まずは、城東区の基本的な情報について説明します。城東区は、大阪城がある中央区のすぐ東に位置しており、全体的に平らな土地が広がっている区です。標高は1〜2mと、低くなっています。城東区には河川が多いという特徴があります。寝屋川と第二寝屋川という川が東西に流れており、南北には、城北川や平野川、平野川分水路が流れています。このような特徴は他の区にはあまり見られないので、川が多いというのは城東区ならではの特徴だと言えるでしょう。

城東区の人口

城東区の人口は、大阪市城東区役所によると、2022年5月時点で推計167,921人となっています。この人口は、大阪市24区の中でもかなり多い方です。しかし、面積は8.38平方キロメートルと、あまり広い方ではありません。つまり、城東区は人口密度が高い街だということがわかります。ちなみに、2022年5月時点の城東区の人口密度は、20,046人/平方キロメートルでした。

城東区は大阪市のベッドタウン的な存在になっています。城東区に出てくる人が多いというよりも、市内に通う人が住む街なのです。つまり、城東区は通勤や通学に便利で、住みやすい街なのです。ビジネスパーソンや子育て世代の人が多く住んでいます。

城東区の治安

城東区は治安がよい街だとよく言われるのですが、それには主に二つの理由があります。一つ目は、城東区の近くには大きな繁華街がないからです。繁華街があると買い物にも便利で賑わいがあって楽しいですが、その代わりに治安が悪くなってしまうことがあります。しかし、城東区は繁華街から少し距離があるため、そのような心配はありません。二つ目の理由は、城東区は防犯意識が高い街だからです。そのため、治安を意識したさまざまな取り組みが行われているのです。例えば、地域の啓発運動や、日々の見回りが盛んに行われています。また、通学する学生を守るため、通学路には防犯カメラが設置されています。もし何かあっても防犯カメラで犯人を特定することができるし、防犯カメラがあることで犯罪の抑止効果もあります。このように、行政や地域が力を入れて安全対策を講じているので、城東区は治安がよい街になっているのです。その結果として、実際に城東区の犯罪件数は他の区と比べて少なくなっています。

これまで城東区の治安はよいと説明してきましたが、城東区ならどこでも治安がよいということではありません。城東区の中でも治安が心配なところがあります。それは、京橋駅の周辺です。京橋駅の周辺には風俗街や繁華街があります。そのため、キャッチや酔っ払いが多くいるのです。さらに、周辺には公園があるのですが、そこにはホームレスが多いです。城東区は全体的に見ると治安がよいのですが、京橋駅周辺は少し注意が必要でしょう。

城東区の歴史

次に、城東区の歴史について紹介します。現在城東区がある場所は、かつては海だったと考えられています。海に、淀川と旧大和川から土砂が流れ込んだことでできた陸地が、現在の城東区だとされています。そのように形成された土地のため、標高が低く平坦な土地となっているのです。

城東区の辺りには長い間、工業地帯が広がっていました。なんと明治時代には陸軍砲兵工廠や紡績工場があり、それを中心にさらに工場が建設されていきました。城東区には川がたくさんあるため、工場の建設に適していたのです。それが昭和の頃になると再開発され、住宅が立ち並ぶようになっていきました。かつては陸軍砲兵工廠があった場所に住宅が建設されていき、別の場所にも再開発によって高層住宅が建設されるようになったのです。そのように住宅の建設が進むのに従って、買い物ができる店も建設されるようになっていきました。こうして、現在の城東区ができていったのです。

しかし、そのように住宅の建設が進んだことで、自然が失われてしまうことはありませんでした。城東区にはたくさんの川が流れており、その自然の美しさはしっかりと保全されています。それは今後も、住宅の建設や更なる公共交通機関の充実を進めていっても、水辺環境を整備したり、緑化を推進したりする取り組みも大事にされています。

交通アクセス

続いて、城東区の交通アクセスについて説明していきます。城東区にある主要駅としては、森ノ宮、京橋、放出などの駅があります。森之宮からは地下鉄中央線や地下鉄長堀鶴見緑地線、環状線などの路線を利用でき、京橋からは、同じく地下鉄長堀鶴見緑地線と、JR東西線、環状線、京阪本線が出ています。例えば京橋駅を利用すれば、大阪の中心部へ簡単にアクセスすることができます。京橋駅はJR大阪駅からたった3駅です。また、放出からは、JRおおさか東線やJR東西線に乗ることができます。路線にこれだけの選択肢があれば、大阪市内へはどこに行くにも少ない乗り換えでアクセスすることが可能です。特に、梅田、心斎橋、新大阪、谷町、堺筋本町といった場所へのアクセスが良好です。

このように、城東区ではJR東西線や市営地下鉄、京阪線といったさまざまな路線を利用できます。そのため、大阪市内へのアクセスだけでなく、京都や福井などへも少ない乗り換えで行くことができます。城東区では交通機関が整っているので、自家用車がないと不便になるようなことはありません。また、路線が多く、都心へのアクセスもよいことから、通勤や通学をしている人には特に住みやすいでしょう。

城東区の特徴s

城東区は、中心に住宅街が広がっており、その周りに主要駅が点在する形となっています。一般的に治安がよいとされているので、家族連れにも、一人暮らしをしている人にも人気があります。人口密度が高く、住宅が多いので、大型のショッピングモールや繁華街がたくさんあるわけではありません。しかし、スーパーマーケットやコンビニエンスストア、ドラッグストアなどはあるため、日用品を購入する場所に困る心配はありません。さらに、利用できる路線が多く、都心への交通アクセスがよいので、通勤通学に便利です。都心部へ通勤する人は、特に城東区中央の高層マンションエリアに住んでいることが多いです。このように、城東区は大阪市のベッドタウン的な存在になっています。城東区に出てくる人が多いというよりも、市内に通う人が住む街なのです。つまり、城東区は通勤や通学に便利で、住みやすい街なのです。

これらの特徴からわかる通り、城東区は不動産需要が高いです。そのため、次々に新しいマンションが建設されています。それに伴って商業施設の建設も進んでいます。この動きが続けば、城東区はさらに住みやすい街になっていくでしょう。

城東区の不動産売却の現状とは?s

このように、城東区は交通アクセスがよく、治安もよいため、多くの人に人気があります。そのため、実際に不動産の相場価格は上昇しているのです。その不動産の形態とは、マンションも戸建も土地も、全てにおいて相場が上昇傾向にあります。

城東区で戸建てを売却する相場としては、永田のエリアでの取引が最も高額で、52万円/㎡という相場になっています。取引件数としては、野江、関目、東中浜といったエリアでの取引が多いです。例えば野江では、築年数17年、75㎡の戸建てが、2,850 万円 (38万円/㎡)で取引されたことがあります。一方、マンションの場合、城東区の諏訪というエリアが最も高い売却相場で、95万円/㎡という価格がついています。取引件数では、関目、中央、鴫野西などのエリアでの取引が多いです。実際に、城東区の中央のエリアでは、築年数27年、65㎡のマンションが2,600 万円(40万円/㎡)で取引されました。

もしこれらのエリアに不動産を持っている場合は売却したら高値で買い取ってもらえるかもしれません。

しかし、一般的には、築年数が経ってしまった物件には買い手がつきにくいです。そのため、あまりにも状態が悪い物件は買い取ってもらえない可能性があります。しかし、城東区では過去に、築年数が46年にもなったマンションが売却されたこともありました。つまり、築年数が経ってしまっている物件でも諦めずに不動産会社に相談してみると、うまく売却できるかもしれません。売却を少しでも検討したらまずは一度不動産会社に相談してみるとよいでしょう。

まとめ

今回は、大阪市城東区の特徴と不動産売却の現状について説明してきました。城東区は繁華街から少し離れており、犯罪件数も少ないので、治安がよいと言えます。また、交通機関が充実しているので簡単に都心へ出られます。そのため、会社員や学生、子供がいる家庭、一人暮らしの人、男性、女性など、さまざまな人にとって需要があります。特に城東区の中でも、高層マンションが多いエリアは人気です。もし城東区にある不動産を所有している場合は、売却を検討すると、思っていたよりも高く買い取ってもらえるかもしれません。気になった場合は不動産会社を訪れてみてください。


【参照】
大阪市城東区役所「区の統計」
https://www.city.osaka.lg.jp/joto/page/0000000833.html


【関連記事】