香芝市での不動産売却に関する参考情報

目次

  1. 香芝市の歴史
  2. 香芝市の近年の傾向
  3. 香芝市の市政
  4. 香芝市の特徴
  5. 香芝市での不動産売却に関する総括

香芝市の歴史

香芝市は、奈良県の中西部に位置しており、東部の春日山断層崖から西武の生駒山や金剛両山地まで広がる大和盆地とも呼ばれる「奈良盆地」の最西部に位置しています。香芝市の南部に位置している二上山の地域では、1,000万年ほど前に終息するまで活発に火山活動が起こっており、この火山活動によって溶岩・火砕流蓄積物などで地質が形成されている現在の二上山では、「サヌカイト」と呼ばれるガラス質の溶岩で割れると刃物のように鋭利な面を作ることから旧石器時代から弥生時代、今では槍先やナイフなどの材料として利用されてきました。このサヌカイトは香芝市の二上山をはじめ、世界的に見ても日本の一部の地域でしか採取することのできない貴重な鉱石なのです。そんなサヌカイトはアクセサリーとしても人気を集めており、サヌカイトが多く採取することのできる香芝市でサヌカイト加工をした商品は特産品として知られています。

また、香芝市は1956年に北葛城郡五位堂村・下田村・二上村・志都美村という4つの村が合併して誕生した「香芝町」が発足し、その後1991年10月1日に北葛城郡香芝町が施行した「市政施行」により香芝市となりました。「香芝」という名前は、合併する以前から設立されていた四ヶ村組合立香芝中学校(現香芝市立香芝中学校)が由来です。

香芝市の近年の傾向

香芝市は市の面積が24.23平方キロメートルとなっており、日本に1741ある市区町村の中で1518番目に位置しており、日本全国の中でもかなり小さい部類の市区町村ですが、大阪都市圏に電車で1時間ほど、車で1時間以内で行ける場所が多く存在することから、大阪都市圏のベッドタウンとして急速に人口が増加し続け、2022年5月末日現在の人口は32,335世帯78,764人となります。

※参考:国土交通省国土地理院「全国都道府県市区町村別面積調」
(https://www.gsi.go.jp/KOKUJYOHO/MENCHO-title.htm)

中でも大阪都市圏ではたらくファミリー層からの人気が非常に高く、大規模住宅団地や住宅開発が盛んに行われてきました。そのため香芝市の市民を年齢別に見てみると偏りが少なく、若年層や高齢層でも住みやすいということがよく分かります。

※参考:香芝市の人口および世帯数「年齢別人口」 (https://www.city.kashiba.lg.jp/uploaded/attachment/11937.pdf)

また、2015年に行われた国勢調査では、香芝市の65歳以上の高齢者の割合は22.3%と発表されており、奈良県全体の高齢者の割合28.7%と日本全体の高齢者の割合26.6%に比べて低い数値となっています。

※参考:総務省統計局「平成27年国勢調査 調査の結果」(https://www.stat.go.jp/data/kokusei/2015/kekka.html)

とはいえ、香芝市でも今後の若年層の転出や出生率の低下などが原因となった高齢化や人口減少が懸念されており、香芝市が発表した「香芝市の現状及び課題」によると2035年に総人口が8.1万人とピークを迎え、高齢者人口は増加し続けることが見込まれています。その対策として、小中学校のエアコン・インターネット設備の完備やJR香芝駅をはじめとした主要駅でのバリアフリー化などが行われているのです。

※参考:香芝市「香芝市の現状及び課題」
(https://www.city.kashiba.lg.jp/uploaded/attachment/4781.pdf)

このようなことから、香芝市で不動産売却を考えているのであれば、総人口のピークと推測される2035年までを目処に売却を進めるのが理想的と言えるでしょう。

香芝市の市政

2022年3月24日に発表された「市長施政方針」では、7つの政策が掲げられています。これらの政策は今後の香芝市の動向をチェックするには欠かせない情報です。

1つ目は「未来を創造する子どもたちのために。」と題した政策となっており、妊娠や出産に関わる支援を行い安心した出産・子育てができるような体制を整えるというものです。多胎児を妊娠した方への婦人健康診査補助として10万円の支援や、子育てに関わる相談・情報提供事業の拡大などを行っています。

1つ目は「未来を創造する子どもたちのために。」と題した政策となっており、妊娠や出産に関わる支援を行い安心した出産・子育てができるような体制を整えるというものです。多胎児を妊娠した方への婦人健康診査補助として10万円の支援や、子育てに関わる相談・情報提供事業の拡大などを行っています。

3つ目は「誰もが等しく、生涯輝き続けるために。」と題した政策となっており、人権尊重のまちづくりをする中で性別・人種・国政などに関わらずに平等に生活することのできることを目的にした政策です。防犯灯や防犯カメラの設置や、異文化・異言語に触れるために異文化交流事業の推進などを行っています。

4つ目は「まちの活力と魅力の向上のために。」と題した政策となっており、商工業・農業・観光の復興を目指すため支援を行うものです。「商工業への支援」としては、香芝市内にある企業の競争力の強化や新規創業の促進、新たな企業設立を促進する制度の充実、さらには香芝市内の商工業と連携して進めている香芝市地域ブランドの認知度向上、「農業への支援」としては、香芝市産のホシアオバ・ヒノヒカリを原料とした酒米やお菓子などの販売促進やタブレット端末を利用したデータの集積・集約、「観光への支援」としては、県指定天然記念物としても認定されている「屯鶴峯(ぼうんづるぼう)」の保全活動やSNSやアプリを活用とした感染対策を取り入れたイベントの開催などを行っています。

5つ目は「まちと人の安全・安心のために」と題した政策となっており、自然災害や交通事故などの危険から市民を守るための対策を行うものです。香芝市内の各避難所における環境の整備や備蓄の充実、ゲリラ豪雨や異常気象に備えて大和川流域の貯留浸水事業、高齢者を狙った特殊詐欺を防ぐために防犯電話購入費用の補助などを行っています。

6つ目は「自然と調和した快適で便利な暮らしのために。」と題した政策となっており、SDGsに基づいた取り組みや誰もが快適に暮らすための設備の設置を行うものです。リデュース・リユース・リサイクルを目的としたイベント「ええもんクルっと市」の実施や、交通・福祉・医療などにおいたコンパクトで持続可能なまちづくりの推進、バリアフリー施設や道路整備の充実、水道事業の拡大などを行っています。

7つ目は「スマートでスリムな行政運営の確立のために。」と題した政策となっており、ふるさと納税などで集まった資金などをもとにして様々なまちづくりを行うものです。市税や保険料などのスマホ決済対応や、市税・保険料における徴収力の強化、さらには現在2年目に突入している「第5次香芝市総合計画」の推進などを行っております。

※参考:香芝市「市長施策方針」
(https://www.city.kashiba.lg.jp/uploaded/attachment/10627.pdf)

このような市政は今後の香芝市がどのような市になっていくのかを予想する大きな指標となりますので、不動産売却を考えている方は参考になるはずです。

香芝市の特徴

香芝市の大きな特徴として、非常に交通の便が良いことが挙げられます。香芝市内から近鉄大阪線を利用すれば大阪駅まで1回の乗り換えで行くことができますし、時間は1時間ほど、大阪市内であれば最短20分ほどで行くこともできます。交通の便の良さは電車だけではなく、国道165号線を利用して大阪方面へ行くこともでき、国道168号線を利用すれば和歌山方面へ行くこともできます。さらには香芝市内にある香芝ICを利用すれば名古屋方面に繋がる西名坂自動車道路へのアクセスも簡単にできるのです。

昨今の情勢から完全リモートワークや隔週出勤になった方も多く、都市部に住んでいた方が都市近郊に移住するケースは非常に増えています。ビジネスマンにとっては非常に生活のしやすい場所であり、休日に遠出をするときにも便利です。このような情勢による居住地の変化も不動産売買のときに考えてみると良いでしょう。

香芝市での不動産売却に関する総括

大阪のベッドタウンとして急速に人口が増加した香芝市は、若年層のファミリー層や長く香芝市に住んでいる高齢者がバランスよく住んでおり、市の政策としてはどの年代にも対応できる対策を行っています。ですので、子育てをすることはもちろん、生涯住み続けるのにも適した土地です。総人口に関しては減少することが推測されていますが現状は横ばいですので、昨今の情勢を考えると総人口が大きく減少することは考えにくいでしょう。

また、奈良盆地に位置している香芝市では水害が懸念されるポイントですが、市政において「下水道の整備」や「貯留浸水事業」など、水害に対しての様々な対策を行っていることを考えると懸念するべきポイントは少なくなるはずです。香芝市の不動産売却を考えるときには、都市圏に近い立地の良さはもちろん、水害や住みやすさなどの懸念材料を払拭できるように香芝市の市政を調査していただければと思います。


【関連記事】

大阪市阿倍野区の不動産売却/高級住宅街帝塚山がある街

泉南市の不動産売却/広大な泉南りんくう公園が楽しめる街

大阪市天王寺区の不動産売却/阿倍野ハルカスや四天王寺がある街

羽曳野市の不動産売却/竹内街道や横大路など歴史名所多数

宍粟市の不動産売却/山崎アウトドアランド、もみじ山が人気

相生市の不動産売却/相生湾ではペーロン競漕が行われる街

柏原市の不動産売却/柏原地ワインとして知られブドウ畑が多い街

堺市南区の不動産売却/泉北ニュータウンがある住宅街

加西市の不動産売却/兵庫百選に選ばれた田園風景が人気の街

堺市堺区の不動産売却/大和川が流れ大仙陵古墳がある港町