生駒市での不動産売却に関する参考情報

目次

  1. 生駒市の歴史
  2. 生駒市の近年の傾向
  3. 生駒市の市政
  4. 生駒市の特徴や見所
  5. 生駒市での不動産売却に関する総括

生駒市の歴史

生駒地方の歴史は古く、生駒神社が雄略天皇の頃に誕生し、長福寺が聖徳太子の開基であるように、昔から文化の開花が見られていました。古墳時代から奈良時代にかけては、「役行者・役小角、僧行基、有間皇子、美努岡萬」などが足跡を刻んで、平群氏が勢力を伸ばしておりました。また、行基の開基と呼ばれる「円福寺、宝幢寺、法楽寺、稲蔵寺」などは今もなお残っており、竹林寺境内には行基の墓が存在しています。

そして、平安時代になると、荘園経営が活発になり、「高山庄、生駒庄、庄田、小明、菜畑、萩原」などといった集落が開かれました。平安末期から鎌倉、室町時代にいたっては、山岳信仰または地蔵信仰が活発になり、あらゆる所に八大竜王であったり、石仏がまつられることになりました。

明治に入ってからも、生駒市における行政組織の混乱と改革は継続しました。統率する府県のみでも、1887年までに「奈良県、奈良府、堺県、大阪府、奈良県」と、また、郡制下の自治制でも、「大区、小区、戸長、役場制」と目まぐるしい変化を繰り返したのです。

ところが、文明開化の波が生駒にも伝播したことにより、1889年の町村制施行から、生駒地方22か村に関しては「北生駒村、南生駒村、北倭村」の3か村に統合され、3村がおのおのの独自路線を歩むことになりました。そして、1897年には、郡制の統廃合が実施され、「平群、添下」の両郡が統合し、新たな形で生駒郡が完成されたのです。

そして、1941年には太平洋戦争に突入したことで、生駒も戦乱の時代を迎え入れることになりました。幸運なことに戦災は免れたのですが、国民生活の困窮と参詣人の減少により、生駒の町も寂しくなったことから、戦争中の疎開者をきっかけとして、都会からの移住者も多くなりました。そして、地方自治としても、新憲法による「住民による住民のため」の自治行政が実施されるようになりました。

そして、1955年3月10日に南生駒村と、1957年3月31日に北倭村がそれぞれ合併したのです。その他、1959年6月に阪奈道路が、1964年7月には新生駒トンネルが貫通するなど、大阪との距離がいっそう短くなったことで、住宅ブームに乗り、人口も右肩上がりになりました。1971年11月1日には、県下9番目の市制を敷くに至ったのです。

詳しいデータにつきましては、羽曳野市のホームページで誰でもご覧いただけますので、是非ともご参照ください。

*生駒市ホームページ 市の歴史
https://www.city.ikoma.lg.jp/0000002188.html#:~:text=%E7%94%9F%E9%A7%92%E5%9C%B0%E6%96%B9%E3%81%AE%E6%AD%B4%E5%8F%B2%E3%81%AF,%E3%82%92%E4%BC%B8%E3%81%B0%E3%81%97%E3%81%A6%E3%81%84%E3%81%BE%E3%81%97%E3%81%9F%E3%80%82

生駒市の近年の傾向

生駒市に関しては、山下市政の9年間で大きく発展を成し遂げたと思われます。市長がひとづくり、まちづくりに全力で向き合って、実績を上げることができたのです。
しかしながら、日本はここにきて、少子高齢化時代を迎えており、生駒市も例外ではないです。市民のおよそ25%が65歳以上という状況であり、2018年以後については人口も減少すると予測されています。

高齢化の進展を迎え、この後、その中でも一人暮らしの高齢者の孤独・孤立化の問題・認知症・介護・交通弱者の問題など、これまでの施策だけでは100パーセント解決できない課題が存在しています。また、若者を取り巻く状況は、就職難・非正規雇用・ひきこもり・ニート問題であるとか、厳しい環境に追い詰められる若者もたくさんいます。

そして、価値観の多様化またはライフスタイルの変化などにより、教育に対してのニーズも多岐に亘っている他、いじめ・不登校・安心・安全な教育環境の確保など、いろんな課題への細やかでスピーディーな対応が緊急の課題であります。さらに、地球的規模の環境問題が原因となる、見通しを立てることがむずかしい自然災害であるとか、市民の暮らしまたはまちづくり全体・待機児童の解消・空き家対策・認知症・介護予防であるなど、取り組まなければいけない課題は、まだいくつも残っています。

それにプラスして、6月1日にオープンしました、生駒市立病院の滞りのない運営、高山地区第2工区の将来像、ごみの有料化への配慮などもこれからの課題としてあります。

こういった風に、社会ががらりと変わる中で、どんな人でも住み慣れたエリアで安心して生活していくためには、市民や議会、そして行政の三者が強い相互信頼で結ばれていることが求められます。そして、これまでの発展を継承して、そのベースの上に、必要な改善または修正、新しいチャレンジを加えつつも、生駒市のさらなる発展を実現していく必要があります。

そういった取り組みに向けて、生駒市には「みんなで創る、日本一楽しく住みやすいまち「生駒」を目指して」という頼もしい抱負があります。

2018年以後については人口も減少すると予測されていて、過疎化がある程度進んでいる為、今のうちに不動産の売却を検討しておいた方が良いかもしれません。

こちらも、詳しいデータにつきましては、生駒市のホームページで誰でもご覧いただけますので、是非ともご参照ください。

*生駒市ホームページ 市政運営のビジョン
https://www.city.ikoma.lg.jp/0000005571.html#:~:text=%E6%9C%AC%E5%B8%82%E3%82%82%E4%BE%8B%E5%A4%96%E3%81%A7%E3%81%AF,%E8%A7%A3%E6%B1%BA%E3%81%A7%E3%81%8D%E3%81%AA%E3%81%84%E8%AA%B2%E9%A1%8C%E3%81%8C%E3%81%82%E3%82%8A%E3%81%BE%E3%81%99%E3%80%82

生駒市での不動産売却をご検討されている方は、こうしたここ何年かの情勢も鑑みながらも、売却のタイミングを見定められることをオススメします。

生駒市の市政

2021年、生駒市は、市制施行から50周年を迎えたことで、次の50年を見据え、さらに生駒市が発展を続けるためには、単なるベッドタウンから卒業して、学研高山地区第2工区の整備またはニュータウンの再生・観光・産業の振興なども含めた次世代の住宅都市を目標にするチャレンジが必要不可欠であると考えられています。

今後については、市民と共に汗を流しながら進めていく「自治体3.0」のまちづくり、「ワーク・ライフ・コミュニティの融合」を具現化する、脱ベッドタウンのまちづくり、市民全員の力をまとめ上げる「12万人総親和(Inclusive)」のまちづくり、生駒市の強みまたは特性を最大限活かした「稼ぐ」まちづくり、「最先端技術と自然・伝統・歴史がつながる」まちづくりといったこれらの「5つのキーワード」に基づき、まちづくりを進めていき、「みんなで創る!日本一楽しく住みやすいまち”いこま”」へと導くため全力で取り組んでいるそうです。

市政情報の詳しいデータにつきましては、生駒市のホームページで誰でもご覧いただけますので、是非ともご参照ください。

*生駒市ホームページ市政情報
https://www.city.ikoma.lg.jp/category/2-0-0-0-0-0-0-0-0-0.html

生駒市の特徴や見所

生駒で注目を集めるものといえば、茶道で用いられる高山茶筌があります。茶筌に関しては、室町時代から引継がれる技法を使って、茶筌師のプロフェショナルな手さばきと長年に及ぶ勘にたよるもので、伝統的工芸品に指定されています。その他、茶道具や編み針などの竹製品の製造が盛んです。

生駒で注目を集めるものといえば、茶道で用いられる高山茶筌があります。茶筌に関しては、室町時代から引継がれる技法を使って、茶筌師のプロフェショナルな手さばきと長年に及ぶ勘にたよるもので、伝統的工芸品に指定されています。その他、茶道具や編み針などの竹製品の製造が盛んです。

まちのシンボルである生駒山においては、山頂に京阪神一体に電波を出しているテレビアンテナ群があります。また、遊園地もあり、年間を通して大勢の方で賑わっています。また、大阪平野、大和盆地を眼下に見下ろす山頂からの眺望は抜群で、夜景も特に美しいことで注目を集めています。

そして、生駒山の南には、その昔、芭蕉が歩いたことで知られる「暗がり峠越えの道(暗峠)」があります。今もなお石畳が残ってて、当時をしのぶことができるでしょう。また、市の北部にはバーベキューや、ボート遊びなどを楽しむことができる「くろんど池」があり、観光シーズンには家族連れであったり、ハイキング客などでにぎわいをみせます。

こういった風に生駒市については、豊かな自然または歴史・伝統産業といった魅力と画期的な一面を備えた機能性の高い住宅都市として、市民が創る「ぬくもりと活力で満ち溢れるまち・生駒」を目指して、進歩を続けています。

こうした傾向を是非ともチェックしていただきながら、不動産売却について知識を深めて頂ければと思います。

生駒市ホームページ 生駒市について
https://www.city.ikoma.lg.jp/0000002139.html

生駒市での不動産売却に関する総括

生駒市の北部は、関西文化学術研究都市の区域に指定されていて、アクセス路線としては、近鉄けいはんな線が2006年に開通した事により、このトレンドも少しずつ変化しつつあります。これまで学園前駅を活用していた人々が、けいはんな線利用にシフトする流れが見られます。

市域につきましては、決して広いとは言えないのですが、自動車・オートバイがないと市内の移動も大変です。平地が多くないこともあって、傾斜地も住宅地として開発せざるを得ず、生駒山ですらも、かなり上の方に至るまで住宅地化しているのです。そのため、一般的に観光用として敷設されるケーブルカー(生駒ケーブル)が、生駒市においては通勤・生活路線としても機能するみたいな状況にあります。

ニュータウンの高齢化、または公共インフラの老朽化に関しては、生駒市の課題の一つといえるでしょう。

また、山に囲まれた地形のため、台風の被害はかなり少ないのですが、生駒市内を流れる川に関しては小さいものが沢山あり、治水対策などが進んでいないという理由から、洪水の危険がいくらかあります。

商業施設につきましては、近鉄生駒駅周辺の商店街・デパート・国道168号沿いに郊外型の大型スーパーまたは量販店があり、けいはんな線新駅周辺にはファッションビルが集中していたのですが、従来の商店街でも、「100円商店街」などといった取り組みが開始されるなど、地域活性化に向けた取り組みが見られます。

まちびらきから何十年もたったエリアには、空き家・空き地・空き店舗などといった課題も見受けられます。高度経済成長期に作られてから、40年ほど経過している古い公共施設も多いです。

是非とも、ありとあらゆる面から、生駒市の抱える課題とアピールできる強味を調査いただいて、不動産売却時に活かしていただければと思います。


【関連記事】

大阪市此花区の不動産売却/ユニーサルスタジオジャパンが人気

堺市北区の不動産売却/古墳に囲まれた由緒ある街並み

大阪市浪速区の不動産売却/なんぱパークスやでんでんタウンで賑わう街

芦屋市の不動産売却/超高級住宅地、六麓荘町がある街

河内長野市の不動産売却/自然休養村や滝畑四十八滝のある街

洲本市の不動産売却/淡路島の中心に位置する住みやすい街

池田市の不動産売却/自然環境と交通便がよく住みやすい街

大阪市大正区の不動産売却/運河に囲まれた緑豊かな街

大阪市北区の不動産売却/「キタ」の愛称で親しまれる繁華街

泉南市の不動産売却/広大な泉南りんくう公園が楽しめる街