大和郡山市の特徴からみた不動産売却のポイント

目次

  1. 大和郡山市の概要
  2. 大和郡山市の歴史
  3. 大和郡山市の産業・経済
  4. コミュニティ活動や子育て支援
  5. まとめ

大和郡山市の概要

大和郡山市は奈良県の北部に位置する、大阪と京都のベッドタウンです。
金魚の名産地として知られており、毎年夏には「全国金魚すくい大会」が開催されています。土地はほぼ平坦ですが場所によっては丘陵が広がっており、起伏が大きいところもあります。また、市内にいくつか池が見られますが、これは金魚の養殖池として頻繁に用いられたものです。

町には大規模な商業施設が複数揃っているため、どこへ出かけても買い物で困ることがありません。また子育て世代向けの公園・施設や補助対策もしっかりしているため、将来性もあり安心して暮らせる町だと言えます。

町の中心部は昔の城下町の名残で、細い路地が多く、少し入りくんだ道になっています。市内を東西に通る国道25号は昼夜を問わず交通量が多いです。市内にはパナソニックやシャープ、サンヨー食品など多くのメーカーや企業の工場があります。

交通アクセスも大変充実しており、鉄道での中心となる駅は、郡山駅と近鉄郡山駅となります。JRは大阪駅・天王寺駅・JR難波駅へ直通しています。1時間に4本程の頻度で大和路快速・区間快速が運転されています。朝は通勤通学時間ということもあり、本数が多くなります。JR京都駅、新大阪駅へも朝の通勤時間帯に直通が存在します。

大和郡山市は大阪や京都に非常に近く、落ち着いた街並みの中、お店も多く充実しているためとても過ごしやすい地域です。交通アクセスも良好ですので、土地としての需要がかなりあります。不動産売却で購入者を探す際には、こういった利便性のある地域をお探しの方におすすめしてみてください。

大和郡山市の歴史

大和郡山市は「金魚とお城の町」と言われることで有名で、様々な歴史があります。
この町には歴史的な遺産として、お城が今も残っており観光名所として多くの人が訪れています。有名なもので、「郡山城」があり、これは戦国時代に豊臣秀吉が大阪城を守るために作らせたものと言われています。城は筒井順慶が築き、豊臣秀吉の弟、秀長が百万石の城として増築しました。そして、1585年に豊臣秀長が郡山城に入り、郡山はこの時期大和国の中心都市として栄え、都市の形態が出来上がりました。当時、大阪の境や奈良などから商売人を連れてきたため、現在でも境町、今井町、奈良町などの町名が残っています。城郭の建築にあたっては、平城京羅城門の礎石や石仏、墓石など、転用石と呼ぶ石を数多く組み込みました。中には、北面の石垣に逆さに積まれた地蔵もあり「さかさ地蔵」と呼ばれています。

こういった秀長の働きにより、豊臣時代に城下町の大半ができあがりました。
そして1887年に奈良県が設置され、明治二十二年には、郡山町が成立しその後、矢田村、昭和村、治道村を合併して大和郡山市が成立し、県内では、奈良市、大和高田市に次いで3番目の市政となりました。

大和郡山市には「紺屋町(こんやまち)」「魚町(うおまち)」、「豆腐町(とうふまち)」「鍛冶町(かじまち)」など、様々な地名があり、これによってどのような家業の人々がそこに住んでいたかがわかります。また、「境町(さかいちょう)」「奈良町(ならまち)」といった、当時そこに住んでいた商人の出身地がそのまま地名になっているなど、歴史の名残が今も色濃く残る町です。

文芸や学問が繁栄していた時代には、文化交流に熱心で中心人物となる藩主「松平信之(まつだいらのぶゆき)」がいました。松平は作風が奇抜であると有名な俳諧である「西山総帥(にしやまそうすい)」を度々大和郡山に招き、陽明学者である「熊沢蕃山(くまざわばんざん)」を厚遇するなど、大和郡山市内でさまざまな働きかけをしていました。

大和郡山市は城跡や、町並みからいつでも時代を感じることができる町です。ここまで歴史的建造物に囲まれた町も数少ないため、不動産売却する際は歴史が好きな方や、風情のある落ち着いた環境を探している方におすすめしてみてはいかがでしょうか。

大和郡山市の産業・経済

大和郡山市の代表的な産業の1つに金魚が挙げられます。 今から約2000年前、中国南部地方で野生のフナの中から赤色のものが発見され、これを原種として、現在の金魚産業に発展しました。当市では、江戸時代より武士の副業として始められ約300年の歴史をもち、現在も金魚の養殖が大変に盛んで、年間約5800万尾が出荷されています。江戸時代では、高級魚でしたが明治時代以降は、庶民も飼い始めることができるようになり、需要が急増しました。山形県の庄内金魚と市場を大きく二分するほどのシェアを誇ります。しかし近年では後継者不足や市の低迷から、廃業して養殖池を宅地などに転用する業者が相次いでおり、かつては市内のあちこちに見られた養殖池は年々減少しています。この事から近年では市の後援や地元の業界団体などにより「全国金魚すくい選手権大会」などが開催されています。この他にも、金魚鉢のデザインコンテストや、金魚を飼う文化を発信するための「金魚マイスター」の養成など、市場の活性化に向けて様々な試みが行われています。町のなかにはマンホールやフェンスの絵など、いたるところに金魚モチーフのもので溢れています。金魚を鑑賞しながらお茶が飲めるおしゃれな喫茶店や、金魚の上手なすくい方をレクチャーしてくれるおみやげ処など、あそび心がいっぱいのお店もたくさんあり、お子さまから大人まで楽しめる魅力あふれる町です。

金魚の他には紳士靴の製造が活発であり、第二次世界大戦後、白表草履の衰退に伴い手縫い靴の技術を導入したことから、紳士靴の生産が始まりました。1956年頃の最盛期には業者数約60軒でした。1963年頃から機械化が進むにつれ、製造の中心は手縫い靴から圧着靴に移り、1984年には奈良県靴工場団地が建設されました。 また、市南部の昭和地区には、1965年頃から多くのメーカーの工場が誘致され、現地では昭和工業団地として知られています。パナソニックやシャープ、ハウス食品などが、市内に奈良工場を置いています。

コミュニティ活動や子育て支援

コミュニティ活動

大和郡山市では地域に根ざしたコミュニティづくり、市民との協働によったまちづくりを目指すため、選挙投票率の向上や、地域情報の受発信や市民・自治会・自民団体などの支援を積極的に行っています。しかし、自治会をはじめ、スタッフやふるさとづくりの担い手が減少傾向にあるため、活動内容の魅力や存在意義の周知を広めるなど、市として計画を立て改善を試みています。

コミュニティ活動の1つに、「健康づくり推進員」というものがあります。これは、自分はもちろん、家族や周囲の人に健康づくりについて広め、地域を支えることを目的としたものです。推進員は「健康づくりボランティア養成講座」を受講し、課程を修了した大和郡山の市民で、しっかりと知識が身についている方々です。活動内容としては、生活習慣病予防のための講座や、ウォーキングを推進するためのまちのマップ作り、男性のための料理教室など多くのことに取り組まれています。このように、大和郡山市は市民同士で協力しあい、住む人々が健康に明るく毎日を過ごせるようにと活動をしています。まちを良くしようと多くの人が考え、お互いが支えあっているため、他の町にはない住みやすさが大和郡山市にはあり、それが魅力の1つでしょう。

子育て支援

近年、少子高齢化や女性の社会進出などにより、子どもを産み育てる環境が徐々に変わりつつあります。大和郡山市では、この変化に対応するためにも子育てに関する支援や情報提供を、まちの施策として積極的に行っています。

生後4ヶ月までの乳児がいる家庭を対象に、助産師・保健師が「こんにちは赤ちゃん訪問」というものを全戸に行います。これは、出産後のできるだけ早期に養育環境を把握して、それぞれの家庭に適切な支援をするものです。また、安心して子育てができるように、地域内の親同士が情報交換ができる「子育て教室」「子育て自主活動グループ」などの取り組みもされています。

待機児童の問題では、保育園の建て替え工事による定員の増員や、保育施設と求人機関との連携で保育士の確保を図るなど、待機児童解消に向けた施策も見られます。

このように、大和郡山市は自主的にまちの問題点を解消しようと多くの施策を打ち出しています。自治体としてはもちろんですが、なにより住民の人々がまちの発展のために協力し合っている点が大和郡山市の魅力です。この他にも、ひとり親家庭への支援や小中学校へのスクールカウンセラーの活用を強めるなど、教育や家庭問題にも力を入れていることから、共働きで忙しい家庭や、子育てが初めてで心配があるような方には安心して暮らせるまちであると思われます。今回紹介した他にも、まだまだ多くの支援やボランティア活動を行っている地域ですので、将来的に家庭をもち、落ち着いた場所で暮らしたいという方におすすめしたいまちです。

まとめ

大和郡山市は歴史ある町で、それが現在も暮らしの中に残っている大変貴重な地域です。観光地や自然も多くあり、風情を感じながら都市としても発展を続けてきました。人口減少や、後継者不足など課題はありますが、まちで改善をしていこうと様々な施策を行っています。子育てや生活で困ったことがあれば、市や周りの住民の方がサポートしてくれる温かいまちですので、落ち着いて暮らしたい方には非常に住みやすいでしょう。不動産売却の際はこういった大和郡山市の魅力をアピールをしてみてください。


【関連記事】

豊岡市の不動産売却/城崎温泉があり、鞄産業が盛んな街

堺市東区の不動産売却/田園風景が残る自然豊富な街

大阪市旭区の不動産売却/こども自然公園がある住宅地

堺市南区の不動産売却/泉北ニュータウンがある住宅街

三田市の不動産売却/神戸三田プレミアム・アウトレットが有名

大阪市城東区の不動産売却/人口密度全国2位の街

高槻市の不動産売却/ファミリー中心で飲食店が豊富な街

大阪市浪速区の不動産売却/なんぱパークスやでんでんタウンで賑わう街

神戸市垂水区の不動産売却/明石海峡大橋の始点に位置する街

大阪市西区の不動産売却/おしゃれな堀江、京セラドームがある街