大和高田市で不動産売却をご検討の方へ

目次

  1. 大和高田市の紹介
  2. 大和高田市の取り組み
  3. 大和高田市の土地相場
  4. 大和高田市で不動産売却をご検討の方へ

大和高田市の紹介

大和高田市は奈良県中西部に位置しており、市域の大半は平坦地です。面積は16.48キロ平方メートル、総人口は約6万人ほどと、奈良県で最も人口密度が高い市でもあります。また、大和高田市は中和・葛城地域の中核都市でもあります。大和高田市と呼ばれるようになった理由は、新潟県高田市が関連しており、名前が混合してしまうことを避けるためだと言われています。
隣接する自治体は橿原市、御所市、香芝市、葛城市、広陵町です。奈良県で最も人口密度が高い街であるものの、近年は人口が減少しています。それでも昼間は人で溢れかえり、多くの賑わいをみせています。

また、高田の名が付く市は他にもあり、岩手県陸前高田市、広島県安芸高田市、大分県豊後高田市があり、大和高田市はそれに続く1つです。

市内には葛城川と高田川が南北に貫流、北東部を曽我川、北西部には葛下川が流れています。近年は農地・溜池の宅地利用により、市内の一部では豪雨時に浸水被害が発生しています。現在は南北を貫流している高田川ですが、かつては現在の流路より東側を流れていました。しかし水害に悩まされたため、1932年には付け替え工事が開始され、現在の流路となった過去があります。現在、旧流路は埋め立てられ道路化が図られ、国道166号線および県道大和高田斑鳩線となっています。

現在の大和高田市は近鉄大阪線や近鉄南大阪線、JR和歌山線などが走っており、利便性の高い市としても知られています。商業施設も豊富で、市内には5つもの商店街があり、住むのにも最適な街です。実際、バブル期は大阪方面で働いていた方達が住む場所として人口が増大した過去もあります。

大和高田市の気候に関しては、夏は湿度が高く、冬は寒いのが特徴です。
不動産売却の際は大和高田市の気候や、特長である利便性の高さをアピールしてみてください。

大和高田市の最近の取り組み

大和高田市は近年の少子高齢化や人口減少の影響を受け、将来に向けての発展に注力しています。大和高田市の人口ピークは1995年で、その後は緩やかに減少しています。その後は持ち直し、2010年までは緩やかに増加を続けていたものの、2015年には再び減少し、現在まで核家族化・少世帯化が進んでいるのが実情です。今後も人口は減少していくと予想されます。大和高田市はこれを受け、2020年からは「大和高田市まちづくりの方針」を策定しています。将来都市像は「笑顔の花咲くまち大和高田〜みんなで奏でる幸せのハーモニー〜」です。大和高田市が掲げる課題を踏まえ施策を明らかにし、8年計画で向き合う予定です。
ここからは、大和高田市の最近の取り組みについてみていきます。

 *参考:大和高田市 まちづくりの指針

【認め合い、高め合う 人が輝くまちづくり】

人権が尊重され誰もが明るく豊かな市を実現するために、一人ひとりが人権を尊重し合えるような街づくりを進めています。人々が笑顔かつ平和に暮らせる社会が必要だと考えており、他にもよりよい人生を過ごせるように、生活学習機会の充実も図っています。地域の伝統行事や歴史財産を守り、郷土愛にあふれる未来へのまちづくり・人づくりにも力を入れています。さらに市民の健康も考えており、生涯スポーツの啓発・環境の整備にも注力しています。また日本人だけではなく、外国人も暮らしやすい街として、まちづくりを進める計画です。

【子どもたちの笑顔あふれるまちづくり】

未来を担う子どもたちが健やかに育てられるよう、知・徳・体のバランスの取れた教育の実現の計画をしています。さらに、子育て支援体制の充実を目指しており、安心して子育てができる環境づくりを計画しています。大和高田市は市全体で子どもがいる家庭をサポートしていく予定です。

【健康でいきいきと暮らせるまちづくり】

健康に暮らせるよう、医療体制の整備・健康づくり事業の促進、地域福祉の促進を図っています。
安心・安全な医療を提供できる体制の構築に取り組んでおり、疾病予防対策や保険サービスの充実など、地域ぐるみで健康づくり事業に努めています。地域福祉促進では地域住民などに参加を得て地域生活課題を明らかにし、地域福祉の促進に向けた取り組みを進める予定です。

【活気あふれるにぎわいのまちづくり】

人口減少を受けとめ、活気あふれるにぎわいのまちづくりを進めています。具体的には地域産業の振興、農業の振興、観光の振興です。農業者の高齢化や後継者不足問題を受け止め、担い手の育成や農業法人の育成など、農業に関する課題解決に取り組んでいます。観光者の増加も計画しており、交流人口の拡大も計画中です。

【安心して暮らせる快適のまちづくり】

先人たちが進めてきた自然や文化、文化環境整備などを承認しつつ、中心市街地と生活拠点を結ぶ交通ネットワークの形成、再構築に努めています。コンパクトで利便性の高いまちの維持・発展も計画中です。人口減少・少子高齢化問題においても、誰もが安心して暮らし続ける街づくりを進めています。他にも都市基盤の整備、生活環境の整備と充実、安心で災害に強いまちづくりの促進も行っていく予定です。誰もが安心して長く暮らせるように取り組んでいきます。

【自立と稼働のまちづくり】

自立した行政財政運営を進めていくため、安定した財政基盤の確立に向けた取り組みに努めます。IoTの活用研究を進め、効率的な行政運営も検討中です。さらに各種の施策を効率的に進めていくために、職員自身が意識を高めていきます。具体的には職務遂行能力を身につけ、チャレンジ精神を持ち、常に前向きに行動できる職員の育成です。

大和高田市の土地相場

ここでは大和高田市の地価公示推移などを踏まえ、大和高田市の土地相場について解説します。

【地価公示推移】

大和高田市は1991年に坪単価のピークを迎え、その後は下落傾向にあります。2012年から2022年まではほぼ横ばいです。2022年の坪単価は平均26万0793円、全国順位は249位です。また前年からの変動率は−0.38%で変動率は全国中249位となっています。1983年から2022年までのデータで、公示地価の最高値は1991年の39万3,800円/平方メートル、最安価格は2022年の最安価格7万8735円/平方メートルです。およそ5.38倍もの違いがあります。

【エリア別時価】s

大和高田市の最高額地点は「大和高田市礒野東町3-1」の14万0000円/平方メートルです。一方の最低額地点は、「大和高田市大字根成柿313番25」の4万7500円/平方メートルです。

宅地の平均価格は6万7917円/平方メートル、坪単価では22万4521円/坪、変動率は-0.36%となっております。商業地は宅地よりもやや高く、10万5785円/平方メートルです。変動率は-0.40%です。いずれも2021年になります。 s

【鉄道路線の土地相場】

大和高田市にある同じ近鉄大阪線沿線と近鉄南大阪線沿線、JR桜井線沿線の土地相場を比較してみます。近鉄大阪線沿線の平均時価は10万8323円/平方メートルを下回っています。一方の近鉄南大阪線沿線の平均時価についても15万6385円/平方メートルと、同様に下回っている状況です。さらに、JR桜井線沿線の平均時価についてもみてみましょう。こちらも10万9236円/平方メートルと下回っています。これらを踏まえると大和高田市内の基準点における地価は、近鉄大阪線、近鉄南大阪線、JR桜井線の路線の駅までの距離が短くなるほど高くなる傾向がみられます。

【大和高田市の土地取引の価格】

大和高田市で行われた不動産取引で、建物を含まない土地だけの売買に限った平均価格をみてみましょう。2021年の第1四半期〜第3四半期においては、平方メートル単位で4万7717円平方メートル、坪単価では15万7743円/坪です。前年比に比べ35.64%もアップしています。公示時価・基準時価に対して-39.57%もの差があります。

【大和高田市のエリア時価ランキング】

大和高田市のエリア時価ランキングは次のとおりです。併せて時価平均と坪単価平均についても記載します。

v

エリアや鉄道路線の価格変動を参考にしながら、大和高田市での不動産売却を検討してみてください。
 *参考:大和高田市の土地価格相場・公示地価・基準地価マップ・坪単価|奈良県

大和高田市で不動産売却をご検討の方へ

大和高田市は利便性が高く、実際に奈良県で一番の人口密度です。大阪方面で働いていた方も移住してきたほどの利便性です。 人口減少が問題の大和高田市ですが、住みやすいまちづくりを進めています。子育てのサービスはあり、市内には総合病院があるため、老若男女問わず安心して長く住める街です。

自然も充実しており都内の喧騒から離れたい方にはオススメです。それでいて中心部へのアクセスもしやすくなっていることも強みでしょう。

本記事で紹介した大和高田市の特徴をふまえながら、エリアごとの価格変動を参考に、大和高田市の不動産売却を検討してみて下さい。


【関連記事】

富田林市の不動産売却/自然と歴史に恵まれた街並み

泉佐野市の不動産売却/関西空港の対岸に位置する玄関都市

相生市の不動産売却/相生湾ではペーロン競漕が行われる街

堺市東区の不動産売却/田園風景が残る自然豊富な街

大阪市西淀川区の不動産売却/工業地域として発展した街

たつの市の不動産売却/龍野城、新舞子海水浴場で楽しめる街

大東市の不動産売却/野崎まいり公園、野崎観音などの観光地

宍粟市の不動産売却/山崎アウトドアランド、もみじ山が人気

宝塚市の不動産売却/宝塚大劇場があり、歌劇の街として有名

小野市の不動産売却/日本一低い小野アルプスが人気の街