【必見】大阪市天王寺区ってどんなところ?

目次

  1. 大阪市天王寺区の概要
  2. 大阪市天王寺区の基本情報
  3. 大阪市天王寺区の特徴
  4. まとめ

大阪市天王寺区の概要

天王寺くは大阪市のほぼ中央の場所にあって、南北にのびる帯状の上町丘陵と呼ばれる台地にあり、地勢は西高東低です。
区内には、日本最初の大伽藍があります。聖徳太子の創建(593年)による四天王寺を含めた約200の社寺があり、さまざまな名所旧跡が多く、伝統と歴史が根付いている町です。 また、天王寺公園をはじめとする、緑が溢れている公園が多く、幼稚園から大学まで70にちかい校園を有し、動物園・美術館などの文化施設にも恵まれています。医療面では、第二大阪警察病院・大阪赤十字病院・大阪警察病院などの大病院が多く、設備のすぐれた病院が数多くあります。

百貨店の1つである天王寺ターミナルは、JRやOsaka Metro、私鉄等の各線が集結しているので非常に交通の便が良いです。また、付近の地下街、商店街等の商業活動も盛んで、大阪でも無類の繁華街を形成しています。また、平成6年9月に開港された関西国際空港に伴い、国際集客都市大阪の南玄関口としての更なる進展が期待されています。
  上本町ターミナル周辺では、都市整備が進んでおり、近代的な町へと進化を遂げ、大阪日本語教育センター(関西国際学友)や大阪国際交流センターなどの活動が、大阪の新しい情報・文化の発信基地として注目を浴びています。

大阪市天王寺区の基本情報

人口総数75,729人核家族世帯17,218世帯
15歳未満9,523人単独世帯18,399世帯
15~64歳49,163人高齢夫婦世帯2,408世帯
65歳以上14,529人高齢単身世帯4,121世帯
一般世帯38,014世帯外国人3,363人

天王寺区の一般世帯数と一世帯当たり人員数は、国勢調査から調べた結果、一般世帯数(核家族世帯を含む)は昭和55年以降から増加傾向にあり、現在では、38014世帯も在住しています。

公共施設や商業施設

大型小売店18店飲食店826店
百貨店2店公民館0館
小売店1,034店図書館1館

「天王寺MIO」は天王寺駅に直結しており、ファッションを中心にしたショッピング施設です。住所は隣接する阿倍野区ですが、2014年に開業した日本一高いビル「あべのハルカス」も目と鼻の先にあり、すぐにアクセスできます。また、近鉄大阪上本町駅には、「上本町YUFURA」、「近鉄百貨店上本町店」などの商業施設があり駅周辺はとても充実しています。

「天王寺公園」は美術館や日本庭園があり、区民の憩いの場として人気です。また隣接している、「天王寺動物園」は大阪を代表する動物園なので、週末になるとカップルや子ども連れで賑わいます。また、JR鶴橋駅とJR玉造駅の中間に位置する「真田山公園」は、野球場やテニス場、天王寺スポーツセンターを併設しています。

福祉・医療施設

老人ホーム2ヵ所歯科診療所78施設
一般病院9施設児童福祉施設31ヵ所
一般診療所148施設保育所17ヵ所

引っ越しを考えるときに必ず気になる施設として病院が挙げられます。大規模な病院が多いことが天王寺区の特徴です。「大阪赤十字病院」「NTT西日本大阪病院」「大阪警察病院」などがあります。「天王寺警察署」(管轄警察署)は地下鉄谷町線四天王寺夕陽ヶ丘駅すぐのところで、区役所は同じ駅から徒歩5分ほどのところにあります。さらに、大阪市役所のサービスカウンターがJR天王寺駅からすぐの「あべちか」に常設されているので、区役所が遠い人は、住所や戸籍を変更するなどのサービスをここで受けることができます。

教育関係の施設

幼稚園10園高等学校12校
小学校8校大学等2校
中学校9校 

大阪市福島区の特徴

天王寺区は、JRや地下鉄天王寺駅を中心とする繁華街と、多くの寺院が立ち並ぶ住宅エリアの2つに分けられます。天王寺駅は、難波、梅田の繁華街からも電車で5分から15分ほどと交通のアクセスが良く、JR阪和線の始発駅でもあるので、和歌山方面へのアクセスも非常に便利です。

天王寺区には、「四天王寺」という日本最古の寺院の一つがあります。四天王寺だけでなく、歴史ある寺院が多く点在していて、難波京の時代から根付いている歴史ある街として知られています。また、「私立四天王寺高校」「府立高津高校」「大阪教育大学付属高校」「私立大阪星光学院高校」など、学業優秀な学校が集まっており、「文教地区」として指定されています。そのため、騒音を多く出す施設や学生の教育に好ましくないと思われる施設の建設が規制されているため、教育に注力したいと考える家族にとっては移住に向いているとも言えます。

まとめ

天王寺区の東側はJR環状線に囲まれ、西側を地下鉄堺筋線、中央を地下鉄谷町線が通っています。このようにどのエリアでもアクセスが便利な天王寺区になっています。中でも、天王寺区の北側「清水谷~真田山~上本町」エリアの人気が高まっています。新築物件が多く建設され、大規模なタワーマンションも増えています。そのため、家族で引越してくる人の増加傾向にあるため、治安も向上しています。また、「あべのハルカス」の誕生をきっかけに注目されている天王寺駅前再開発が発達しており、レジデンスタワーが建つなど、移住先として再び注目を集めています。


【関連記事】

河内長野市の不動産売却/自然休養村や滝畑四十八滝のある街

明石市の不動産売却/子育て施策は全国トップクラスの街

池田市の不動産売却/自然環境と交通便がよく住みやすい街

加東市の不動産売却/東条湖おもちゃ王国で人気を集める街

養父市の不動産売却/天滝、ハチ高原など絶景が楽しめる街

西脇市の不動産売却/上質な播州織の産地として知られる街

堺市北区の不動産売却/古墳に囲まれた由緒ある街並み

堺市南区の不動産売却/泉北ニュータウンがある住宅街

大阪市東成区の不動産売却/モノづくり企業が栄える街

茨木市の不動産売却/インターチェンジがありファミリー層に人気