[必見]大阪市港区はどんなところ?不動産売却の状況を紹介!

目次

  1. 大阪市港区とはどのようなところなのか?
  2. 大阪市港区の基本情報
  3. 港区の魅力とは?!
  4. 港区の家賃相場はどれくらいなのか?
  5. 港区の今後の動向とは?
  6. まとめ

大阪市港区とはどのようなところなのか?

不動産を売却するとき、売却価格の相場はその不動産があるエリアや売却する時期によって異なってきます。より良い条件で売却するためにはその地域について理解したり、不動産売買のニーズを予測したりすることが重要になってきます。今回は、大阪市港区の特徴について説明していきます。みなさんは港区がどのようなところなのかご存知でしょうか。港区では不動産売却についてどのような特徴があるのか、不動産を高い価格で売却できるのかについて見ていきましょう。港区の不動産の売却を検討している人や、不動の購入を検討している人は必見です。

大阪市港区の基本情報

港区の人口

まず、大阪市港区の基本情報について説明します。大阪市港区は、大阪市の中でも西側に位置します。港区には、安治川と尻無川と大阪湾に面しています。大阪市港区役所によると、港区の人口は2022年3月1日時点で79,241人となっています。そのうち、男性が38,755人、女性が40,486人となっています。また、現在港区の世帯数は44,232世帯もの人が暮らしており、住宅地も比較的多く、交通アクセスも良く、商業施設も集まっているため、とても住みやすい地域となっています。

港区の特徴

港区は難波駅、大阪駅、天王寺駅をはじめビジネス街に近く、職住近接に最適なエリアとなっています。そのため、住宅地も増加傾向でマンションも数多く建設されています。1日のうちで通勤や通学などのために区内へ流入する人口よりも、区外に流出する人口の方が多いという特徴があります。そのため、港区の街並みは、住民同士の交流が活発であり下町の情緒溢れる住宅地です。観光スポットでは、天保山ハーバービレッジの中に水族館や遊園地や公園さらにショッピングモールと揃っており、また赤レンガ倉庫が有名です。そのように聞くと、港区は住宅地や観光スポットが並んでいて、とても賑やかな街並みです。その理由は、港区は交通アクセスがよいからです。区内には主に地下鉄が乗り入れています。中心となるのは大阪港駅です。この駅から20〜30分あれば大阪駅・難波駅・新大阪駅・天王寺駅・京橋駅に着きます。これらによって、さまざまな駅に簡単にアクセスできるというメリットがあります。

港区にはどのような施設があるのか

西区には教育機関も充実しています。幼稚園・保育所・保育園が現在約20ヶ所となっています。小学校は11校、中学校は5校と他の区よりも多く、充実しています。高校は大阪府立港高等学校と大阪府立市岡高等学校があり、特に大阪府立市岡高等学校は進学校であり、部活動でも全国大会出場経験があり、まさに文武両道です。特に賑わっているのは大阪港駅の周辺です。このエリアは特に発展しており、天保山ハーバービレッジがあり、ショッピングモールや水族館や公園や遊園地があり充実しています。医療・福祉施設は病院と歯医者から耳鼻科、皮膚科、眼科などで100以上が営業しており、さらに老人ホーム・児童福祉施設が約30ヶ所あります。緊急でも困ることはありません。

天保山ハーバーシティ付近では、食料品から雑貨、生活用品まで手に入ります。ここには観光スポットやショッピングモールもあるため買い物だけでなく一日中遊ぶことができるスポットになっています。天保山ハーバーシティは駅から歩いてアクセスできる距離にあるので住民たちに重宝されています。

港区では開発が進んでいる!

西区では現在、街の開発が進んでいます。最近では、区内で高層マンションや住宅の建設進んでいます。それは、若者やビジネスパーソンによる利用を狙ったものでした。

港区の魅力とは?!

港区には、交通の便がよい、商業施設がある、観光スポットであり飲食店も充実している。自然を堪能できる公園もあり魅力的です。それぞれについて説明していきます。

都心へのアクセスがよい

港区には、大阪府の都心部へアクセスしやすいという魅力があります。大阪府の主要な駅といえば大阪や難波や天王寺がありますが、港区からはこれらの駅までのアクセスが非常によいです。そのため、都心部への出勤や通学に便利です。

教育施設が豊富にある

港区には教育施設がたくさんあります。区内には保育施設や小学校がたくさんあり、進学先の選択肢が増えます。さらに、図書館や体育館や区民センターやスポーツ施設が充実しているため、教育に適した環境だといえるでしょう。治安も良く大阪市内ではランキング上位の犯罪件数の少ない地域です。若者が多いため、子供がいるファミリー層や女性の一人暮らしにもおすすめできます。

教育機関の多さに加えて、港区では教育支援が手厚いという魅力があります。港区では、スクールカウンセラーや塾代助成と支援制度が充実しています。それによって家庭への支援活動や、待機児童を減らしたりする取り組みをおこなっています。区内の公園には、子供向けの遊具が充実しており、子供の遊び場にぴったりです。

お店が充実している

駅の周辺は再開発が進んでおり、お店が充実しています。駅前にはたくさんのコンビニエンスストアや商業施設があります。そのため、毎日の買い物に困ることはありません。

さらに、交通アクセスの良さから、若者向けのお店が充実しています。例えば、弁天町駅には居酒屋や飲食店がたくさんあります。海鮮料理など、魚好きが喜ぶメニューをリーズナブルな価格で提供してくれます。中にはテレビや雑誌で紹介された有名店もあるので、毎日いろいろな店を回ることができるでしょう。さらに大阪港駅付近には、観光地で一日遊べます。学生たちによって街はとても賑わっています。このように、駅付近には遊べる施設もあり、下町の雰囲気があり、とても活気のある街なのです。実際に住んでみたら、港区はとても楽しい街だと感じることでしょう。

自然も満喫できる

港区では自然を楽しむこともできます。大阪湾に面していることから、わざわざ遠出しなくても自然を楽しむことが出来ます。さらに、港区には尻無川や安治川があり、自然も豊かなのです。大阪湾近くには公園があるので、海で遊んだり、犬の散歩をしたり、公園で遊んだりしたりするととても気持ちがよいです。

港区の家賃相場はどれくらいか?

これまでで、港区はとても住みやすい街だということがわかりました。それでは、家賃相場はどれくらいなのでしょうか。例えば、港区でワンルームを借りようとすると、その家賃相場は3.5万円ほどになります。1Kの場合だと4万円で、1LDKの場合は約5万円です。治安がよい、買い物をする場所に困らない、交通アクセスがよいといった特徴から、港区は初めて一人暮らしをする方や女性の方にもおすすめできます。港区に住みたいと思っている人はぜひ参考にしてみてください。

港区の今後の動向とは?

ここまでで、港区は人口が多く、若者やビシネスパーソン向けがわかりました。それでは、今後はどのような街に変化していくのでしょうか。例えば、人口はどのようになっていくのかというと、少し減少しつつも今までと同じくらいの人口になることが見込まれています。1990年頃には、港区の人口は89,900人くらいでした。そして、その人口は10年後の2030年頃まで今後も同じような水準で推移していくでしょう。つまり、港区の不動産を購入したいという需要は今後も安定して高いということが見込まれています。そのため、もし港区にある不動産を売却すれば、高く買い取ってもらえる可能性があるでしょう。それは、購買需要が高ければ高いほど買い手がつきやすく、そのような物件は高い価格をつけて売却しても売れ残る心配がないからです。もし港区にある不動産を手放そうか悩んでいる場合は、売却を検討してみるのもよいでしょう。中でも街が賑わっているのは弁天町駅なので、その周辺に不動産がある場合はより高く買い取ってもらえるかもしれません。

まとめ

今回は、港区の人口や特徴、住みやすさなどについて紹介してきました。港区はたくさんの人口を抱えている街ですが、決して騒がしいわけではなく、下町のような活発な雰囲気がある街です。交通の便がよく、教育機関や医療・福祉施設が充実しているという特徴があります。そのため、通勤通学にとても適しています。さらに、港区では、大規模に都市の整備が行われています。その一環で鉄道や道路がより便利になり、住宅地も増設されているのです。このように、港区はとても住みやすい街であり、改良されてさらに人気な街となるでしょう。そうなれば、港区の不動産を売却すれば高く買い取ってもらえる可能性が高くなります。もし港区に不動産を所有している場合は今が売り時かもしれません。
大阪市港区役所(URL:https://www.city.osaka.lg.jp/minato/)


【関連記事】

大阪市住之江区の不動産売却/人気展望台がある観光地

丹波市の不動産売却/藤のシャワーが見れる白毫寺が人気の街

大阪市住吉区の不動産売却/歴史ある住吉大社がある街

たつの市の不動産売却/龍野城、新舞子海水浴場で楽しめる街

泉南市の不動産売却/広大な泉南りんくう公園が楽しめる街

大阪市西淀川区の不動産売却/工業地域として発展した街

南あわじ市の不動産売却/黒岩水仙郷、渦潮が見れる観光地

大阪市鶴見区の不動産売却/鶴見緑地公園は家族で賑わう

寝屋川市の不動産売却/子育て環境が整うバランスが取れた都市

加東市の不動産売却/東条湖おもちゃ王国で人気を集める街