【必見】大阪市此花区ってどんなところ?徹底調査してみた

目次

  1. 大阪市此花区はどんなところにあるのか?
  2. 大阪市此花区の基本情報
  3. 大阪市此花区の魅力とは?
  4. 大阪市此花区の家賃相場はどれくらいか?
  5. 大阪市此花区の今後の傾向とは?
  6. まとめ

大阪市此花区はどんなところにあるのか?

 不動産を売却するときは、そのエリアの相場や、売る時期によって価格が変わってきます。つまり、いい条件で売却するには、その地域の特徴などを理解し、不動産売買のニーズを理解することがいい条件で売買するために必要となってくるのです。今回は大阪市此花区の特徴について説明していきます。みなさんは大阪市此花区という地域がどのようなところか知っていますか?此花区は不動産売却についてどのような特徴があるのか、不動産を高い価格で売却できるのかについてみていきましょう。此花区の不動産の売却を考えている方や不動産の購入を検討している方は必見です。

大阪市此花区の基本情報

此花区の人口

まず、大阪市福島区の基本情報について説明します。大阪市福島区は24行政区の一つです。大阪市の中部西端に位置しており、内陸部は北側が淀川、南側は安治川に挟まれており全域がほぼ平地となっています。西側は大阪湾の埋立地となっており、舞州と夢洲という人口島が沖合にあります。隣接している区は「住之江区」「西区」「港区」「福島区」「西淀川区」です。面積は、区の中で2番目の大きさです。2022年5月時点では人口64,539人となっています。男性は、31,206人、女性は33,333人です。世帯数では32,384世帯となっています。他の区と比べると人口は少なめです。

大阪市此花区の特徴

此花区は淀川沿いにあります。ユニバーサルスタジオジャパンがあることから、最寄駅も此花区内にあります。「大阪駅」「大阪梅田駅」「大阪難波駅」「天王寺駅」中心部へのアクセスが簡単で、通勤、通学に便利です。庶民的な商店街もありながらも街並みが整備されており、住みやすい区となっています。また、治安をよくするために、取り組みも積極的に行っており、ファミリーや一人暮らしなど住みやすい地域へと変貌しています。

此花区にはどのような施設があるのか

此花区にはどのような施設があるでのでしょうか?「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)」があるのは、実は此花地区なのです。最近は、新しいエリアができ、年間の来場者数は年々増加傾向にある人気のテーマパークです。「ユニバーサル・シティウォーク大阪」というものもあり、テーマパークのグッズもここで手に入れることができます。また、「舞洲スポーツアイランド」というスポーツ施設もあり、ここでは、ソフトボール場や野球場の他にも様々な運動場があり、一般の人も楽しめる施設になっています。

道路状況はどうなの?

此花区は、道路も整備されているところが多く、普段車を使って移動する方にはおすすめの場所です。都会すぎると、車を運転することや、駐車場の問題が出てきますが、此花区は、車を所持しやすいので、車好きには嬉しいポイントですね。また、インターが近くにあることから、遠出をする際は便利です。

此花区の魅力とは?

此花区は「交通のアクセスがいい」「日常生活で困らない」「治安改善に力を入れている」「子育て世代がたくさん」「レジャー施設が豊富」といった魅力があります。それぞれについて説明していきたいと思います。

交通のアクセスがいい

此花区はJRと阪神線があることから、神戸方面、京都方面、奈良方面に行く際に便利です。乗り換えも比較的楽で、通勤、通学に便利な区になっています。中でも「西九条駅」は、立体交差になっていて雨の日でも駅構内の移動は濡れることなく済むので、乗り換え時に嬉しいポイントとなっています。またバスも多く走っておりどこに行くにも便利で、歩くのが大変なお年寄りや小さい子供をもつ親には重宝されています。

日常生活で困らない

此花区は区内にテーマパークがあることから、商業施設も自転車で行く事ができる距離にあるので、日常生活に不便を感じることはありません。先ほども話したように、交通網も発達しているためバス、電車の移動も苦痛に感じることなく、日常生活を送ることができます。また、庶民的な商店街などもあるので買い物にも困ることはありません。また、病院も近くにあることから、不便を感じることはないです。

治安改善に力を入れている

此花区の治安は24区中6位となっていて大阪市の中では良い方です。此花区は、観光客が多く治安が悪くないのかと心配になりますが、地域住民自体は少ないので、犯罪があまり起こらない傾向にあります。また、ファミリー向けのマンションの建設も進み、家族を持った人たちが多く住んでいるので、治安もよくなっています。

子育て世帯がたくさん

此花区は整備が進み、マンションが多く建ち並ぶようになったことから、ファミリー層が住むようになってきています。小学校、中学校はもちろんのこと、保育園も増えてきており、共働き世代には嬉しいポイントがあります。また、ファミリー層が多くいるということは、子供たちも多くおり子供の声が溢れている此花区になっています。

レジャー施設がたくさん

有名な「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」をはじめとするレジャー施設があります。
年間パスポートは、大人税込26800円で楽しむことができます。舞州スポーツアイランドや公園も数多くあり、楽しめるスポットがたくさんあります。

大阪市此花区の家賃相場はどれくらいか?

これまでで大阪市此花区は交通の便にすぐれており、都心的な区だということがわかりました。それでは家賃相場はどのくらいなのでしょうか。例えば此花区でワンルームを借りようとするとその家賃相場は5.7万円ほどになります。1Kの場合だと約5.8万円で1LDKで8.7万円です。バスや電車の利便性もよく、近くにテーマパークもあることから、通勤に便利な区で、季節ごとにテーマパークでのイベントも楽しめます。また1LDKでも手頃な値段なためファミリー層も増えています。

大阪市此花区の今後の動向とは?

ここまでで大阪市此花区は、バスや電車などが多く、乗り換えもしやすい駅であることや、レジャー施設もあり、ファミリー層にも人気が出ている駅だということがわかりました。それでは今後はどのような街に変化していくのでしょうか?例えば人口はどのように変化していくのかというと、大阪市の総人口は2045年にかけて7,1%減少すると見込まれていますが、此花区人口減少は10%未満です。しかし、平成22年の人口は平成17年に比べ、1760人(2.8%)増加しています。減少傾向にあった人口でしたが、40年ぶりに増加しています。つまり此花区の不動産を購入したいという需要は今後も安定して高いと見込まれています。そのため、もし此花区にある不動産を売却すれば、高く買い取ってもらえる可能性があるでしょう。それは、購買需要が高ければ高いほど買い手がつきやすく、そのような物件は高い価格をつけて売却しても売れ残る心配がないからです。もし此花区にある不動産を手放そうか悩んでいる場合は、売却を検討してみるのもよいでしょう。ファミリー層も増えてきたので今後も需要は高まると思います。

まとめ

今回は、大阪市此花区の人口や特徴、住みやすさなどについて紹介してきました。此花区は近くにレジャー施設があることや交通の便がいいことに加え、商店街もありつつマンションも多いことから、ファミリー層が安心して住める街です。人口が減少している日本の中でも、人口が多くなってきている此花区の不動産を売却すれば高く買い取ってもらえる可能性が高くなります。もし此花区に不動産を所有している場合は今が売り時かもしれません。

【参照】大阪市此花区役所(URL:https://www.city.osaka.lg.jp/konohana/ )


【関連記事】

守口市の不動産売却/スーパーが多く、大阪市内への交通も便利

堺市東区の不動産売却/田園風景が残る自然豊富な街

神戸市兵庫区の不動産売却/ハーバーランドまで歩いて行ける

神戸市須磨区の不動産売却/須磨海水浴場は多くの人で賑わう

川西市の不動産売却/キャンプ場や展望台、公園などが点在

大阪市旭区の不動産売却/こども自然公園がある住宅地

河内長野市の不動産売却/自然休養村や滝畑四十八滝のある街

西脇市の不動産売却/上質な播州織の産地として知られる街

交野市の不動産売却/天野川が流れ、山に囲まれた田園都市

大阪市平野区の不動産売却/大阪市内で人口ナンバーワン