【不動産を売りたい人必見!】不動産買取の重要事項説明とは?

目次

  1. 「重要事項説明」とは何か?
  2. 「重要事項説明」について
  3. なぜ重要事項説明を行うのか
  4. いつ重要事項説明を行うのか
  5. 誰が重要事項説明を行うのか
  6. 重要事項説明の流れ
  7. 重要事項説明の内容
  8. 重要事項説明を受けるときのポイント
  9. 重要事項説明に関するトラブル
  10. まとめ

「重要事項説明」とは何か?

重要事項説明について聞いたことがありますか。不動産を売買するときには必ず重要事項説明が行われます。しかし、それが具体的にどのようなものなのか知らない人も多いかもしれません。今回は、重要事項説明とは何なのかについて説明していきます。

「重要事項説明」について

重要事項説明とは、不動産取引に関して契約を結ぶ前に受ける説明のことです。宅地建物取引士が不動産の買い手と売り手に対して契約内容の説明をします。重要事項説明は、契約前に必ず行うようにと宅地建物取引業法で定められています。説明が終わると重要事項説明書という書面を受け取ります。重要事項説明書には、不動産の情報や金銭の支払いなどについての記載があります。

なぜ重要事項説明を行うのか

重要事項説明は不動産の買い手を守ることが目的です。買い手が不動産を購入してから後悔することがないように、不動産について事前に説明をするのです。重要事項説明で不動産の情報や金銭の支払いなどについて説明すれば、双方が納得したうえで契約を結ぶことができます。もし、説明を受けて何か不明な点がある場合は、その場で宅地建物取引士に確認しましょう。

いつ重要事項説明を行うのか

重要事項説明を行うタイミングは、売買契約が締結される前の段階です。それは、重要事項説明を行う目的が誤った契約を結ばないようにするためだからです。契約を結んでしまった後では遅いのです。
重要事項説明はほとんどの場合、対面で行います。場所は不動産業者の事務所で行うのが一般的ですが、それ以外にも買い手の家で行ったりすることもあります。重要事項説明にかかる時間は大体1〜2時間くらいです。どれくらいの時間がかかるかは売買する不動産や、重要事項説明に対して買い手や売り手からどれくらい質問が出るかによって異なります。重要事項説明を行う日と売買契約を結ぶ日は同日であっても異なっていてもよいです。重要事項説明と売買契約が違う日に行われると説明を受けた後に冷静に契約について考えることができるので、本来は別日に行われた方がよいでしょう。

誰が重要事項説明を行うのか

重要事項説明は不動産業者の宅地建物取引士が行います。宅地建物取引士になるには国家資格の取得が必要であり、重要事項説明は誰でもできるわけではありません。宅地建物取引士は不動産取引のプロフェッショナルです。説明を受けてわからない点があればその場で確認してみましょう。宅地建物取引士は重要事項説明を行うとき、説明相手に取引士証を見せなければなりません。これによって資格のない人が重要事項説明を行うことを防いでいるのです。

重要事項説明の流れ

不動産について確認する

重要事項説明ではまず売買する不動産について説明を受けます。面積や築年数、住所などの基本情報を確認します。万が一売買する不動産に誤りがあると大変なのでよく確認しましょう。また、その不動産のインフラについて確認します。水道、電気、ガスの設備はどうなっているのかについて説明を受けます。もし十分な設備がない場合は、対処法を取らなくてはなりません。さらに、対象の不動産が都市計画法や建築基準法などの法令からどのような制限を受けるのかについて説明を受けます。このように売買にあたっては確認するべきことがたくさんあるのです。

契約内容について確認する

次に、契約に関する情報を確認します。売買に関する情報とは、担当する宅地建物取引士は誰か、不動産業者は誰か、取引は仲介なのか買取なのかなどです。また、不動産の価格はいくらか、その費用をいつ、どのように支払うかなどを確認します。説明を受けて納得できない点や聞いていたことと違う点があればその場で確認しましょう。

告知書を確認する

告知書とは、不動産の状態について記載されたものです。設備の故障や汚れ、シロアリ被害、雨漏りの有無などについて申告します。このような欠陥点を事前に聞いておかないと、買い手は後になってその不動産を購入したことを後悔してしまうことがあります。また、告知書がなく、後から不動産に欠陥があることがわかると、売り手は買い手に対して賠償しなくてはならなくなってしまいます。欠陥があることをわかっているのであれば、正直に伝えておかないと賠償を請求されることになるので気をつけましょう。

不明な点を確認する

売買契約に関して一通り説明を受けたら、不明な点を宅地建物取引士に質問しましょう。宅地建物取引士は不動産売買に関するプロなので、質問すればどのようなことでも答えてもらえます。疑問点は契約を結ぶ前に解消しておきましょう。契約を締結してしまった後に「聞いていない」、「知らない」などと言っても聞き入れてもらえません。

重要事項説明書に署名をする

説明が終わると重要事項説明書が交付されます。重要事項説明書には不動産の所有権について、法的な制限について、代金の支払いについて、解約手続きについてなどが記載されています。書類に買い手と売り手が署名と押印をしたら重要事項説明は全て終了です。

重要事項説明の内容

重要事項説明では不動産に関して、

といった内容について確認をとります。マンションの場合はこれらに加えて修繕積立金や管理費について、権利の所在、管理の仕方などについても確認する必要があります。それは、マンションは共同で利用、管理するものだからです。

また、契約については、

などについて確認します。これらを確認しておかないと、契約を結んだ後にトラブルが発生することがあります。特に費用に関しては、誰が、いつ、いくら支払うのかを明確にしておくようにしましょう。

重要事項説明を受けるときのポイント

重要事項説明を受ける前に、次のポイントを確認しておきましょう。

宅地建物取引士であるかどうか

重要事項説明をしてくれる人が宅地建物取引士であるかどうかを確認しましょう。重要事項説明ができるのは宅地建物取引士だけです。宅地建物取引士は説明をするときに宅建士証を提示することが義務になっています。担当者が宅建士証を提示していない場合は、その人は宅地建物取引士ではない場合があります。宅建士証を提示することを促し、確実に宅地建物取引士に依頼するようにしましょう。

重要事項説明書は事前に読んでおく

重要事項説明書は契約日よりも前に読んでおくことが理想です。重要事項説明書を受け取る日が契約日当日になってしまう場合もあります。もし可能であれば、事前に重要事項説明書を送ってもらうとよいでしょう。
それは、事前に説明書に目を通しておいた方が契約内容についてよく考えることができるからです。その場で説明書を読むと質問事項もなかなか浮かんでこないでしょう。また、宅地建物取引士がその場で答えられないような質問をしてしまうかもしれません。そうならないためにも、重要事項説明書は事前に読んでおくとよいです。

重要事項説明の後でも売買を断れる

重要事項説明を受けてしまうと売買契約を断れないイメージがありますが、重要事項説明の後でも売買を断ることができます。重要事項説明を受けたら必ずその業者と売買しなければならないというわけではないのです。重要事項説明に納得できない点があった場合は、検討期間を挟んだり、他の不動産業者に相談し直したりすることもできます。
しかし、一度売買契約にサインをしてしまうと解約手続きが必要になるので、断るのはできる限り重要事項説明の直後、売買契約を結ぶ前にしましょう。

重要事項説明に関するトラブル

過去には重要事項説明に関するトラブルもありました。例えば、

といったトラブルがありえます。不動産業者からこのような不正を受けたときには信頼できる機関に相談しましょう。相談先としては都道府県庁の建築指導課などがあります。国土交通省の「都道府県に関する窓口」を参照して電話番号を調べてみてください。(URL:https://www.mlit.go.jp/totikensangyo/const/1_6_bf_000019.html)

まとめ

今回は、重要事項説明とは何かについて説明してきました。重要事項説明とは、不動産の売買契約を結ぶ前に、契約内容や対象の不動産について説明を受けることです。売買契約を結んだ後でトラブルにならないように、重要事項説明を受けることは非常に大切です。重要事項説明を行えるのは宅地建物取引士のみです。重要事項説明を担当してくれる人が本当に宅地建物取引士なのかを確認しましょう。


【参照】 国土交通省「都道府県に関する窓口」
(URL:https://www.mlit.go.jp/totikensangyo/const/1_6_bf_000019.html)


【関連記事】

リースバック型で不動産を売却する注意点とは?住宅ローンはどうなる?

【必見】訳あり物件とは?売却の事例や注意点をわかりやすく解説!

【徹底解説!】契約不適合責任と瑕疵担保責任の違いをわかりやすく説明

【わかりやすく説明!】不動産を直接売却するのと、仲介との違いとは?

【必読】不動産を売却するのにかかる期間は?入金はいつ頃なのか?

【必読!】空き家を売却する場合の注意点やポイントを徹底解説!

【必見!】不動産を売却するときに必要になる書類とその手に入れ方

土地の売却方法やその流れを解説!共有名義や古家付きの場合は?

【ビルを売りたい人必見!】ビルを売却するポイントや流れなどを説明

【初心者向け】不動産買取とは?流れやポイントをわかりやすく解説!