【わかりやすく説明!】不動産を直接売却するのと、仲介との違いとは?

目次

  1. 不動産の「買取」と「仲介」では何が違うのか?
  2. 不動産を売却するまでの流れ
  3. 不動産の売却には「買取」と「仲介」という方法がある!
  4.  「買取」とは
  5.  「仲介」とは
  6. 「買取」と「仲介」の違い
  7.  買い手は誰か
  8.  不動産を購入する目的
  9.  売却までにかかる時間
  10. 売却価格はいくらになるか
  11.  仲介手数料がかかるかどうか
  12.  売却が終わるまでのスケジュールが立てられるかどうか
  13.  近隣の人に売却したことを知られるかどうか
  14. 買取保証とは
  15. まとめ

不動産の「買取」と「仲介」では何が違うのか?

不動産を売ろうと思ったら、実はその方法は一つではありません。直接買い手に買い取ってもらうケースと、仲介業者を介するケースがあるのです。この「買取」と「仲介」では何が違うのでしょうか。 今回は、不動産を売却するときの「買取」と「仲介」の違いについて説明していきます。

不動産を売却するまでの流れ

不動産を売却するには、まずは事前準備として査定に必要な書類を準備します。必要な書類とは、対象となる不動産の間取り図やパンフレット、物件の概要書などです。必要書類を準備したら不動産会社に査定を依頼します。査定には二種類あり、最初は「机上査定」を依頼します。机上査定では、物件の住所や面積、築年数などの物件情報から、マンションの売却価格の予測を調べることができます。机上査定では不動産会社の公式サイトの専用フォームにマンションに関する情報を入力します。早いと依頼した1、2日後には査定結果を教えてもらうことができます。
しかし、不動産会社をいくつか探してそれぞれの企業に物件情報を登録していくのは少し面倒でしょう。そこで「一括査定サイト」を利用すると、一度で多くの企業に査定を依頼することができます。そのため、不動産会社選びが楽になります。
机上査定の結果に納得したら、より正確な不動産の価値を知るために訪問査定を依頼します。机上査定では現地へ行くことはありませんが、訪問査定では担当者が実際に不動産を見に行って査定を行います。結果が出るまでには1週間ほどかかります。訪問査定も3社以上の不動産会社に依頼しておくと安心です。その中から一番自分の希望に合った査定結果を提示してくれた不動産会社を選び、売却活動に進んでいきます。

不動産の売却には「買取」と「仲介」という方法がある!

不動産を売るには不動産会社へ行って手続きをします。実は、不動産の売却には「買取」と「仲介」という二つの方法があるのです。それぞれについてみていきましょう。

「買取」とは

買取とは、不動産会社が売り手から不動産を直接買い取ることです。買い取った後は不動産会社の人はその物件に住むのではありません。買い取った不動産にリノベーションを施してから第三者に再度販売するのです。買取の流れは、まず不動産会社に査定を依頼します。その査定結果に納得した場合は契約条件を擦り合わせます。契約内容が決まったら売買契約を締結します。その後に現金を受け取り、不動産を引き渡します。これが買取の流れです。買い手を探す手間がないため、早く売却を済ませられるという点がメリットだといえます。

「仲介」とは

仲介とは、不動産会社でない第三者が買い手になることです。不動産の売り手が現れたら不動産会社は物件の広告を出し、買い手を探してきます。それによって売り手と買い手を仲介する役割を果たしているのです。仲介の流れは、まず不動産会社に査定を依頼します。次に、提示された査定結果を検討し、納得できれば媒介契約を結びます。媒介契約とは、売り手と不動産会社が結ぶ契約です。売り手は不動産の仲介を不動産会社に依頼するという内容のものです。媒介契約に基づき、不動産会社は売却活動を行います。不動産をPRし、買い手を探します。買い手が見つかったら契約内容を調整します。売買契約を結んで、不動産を引き渡し、現金を受け取ります。これが仲介の流れです。

「買取」と「仲介」の違い

買取と仲介には相違点があります。ここからは買取と仲介の違いについて説明していきます。

買い手は誰か

買取と仲介では買い手となる人が違います。買取では不動産会社が買い手になりますが、仲介では一般の第三者が買い手になります。そのため、買取では買い手を探す手間がかかりませんが、仲介では売却活動が必要になるという違いがあります。

不動産を購入する目的

買取と仲介では購入の目的が異なっています。買取では、不動産会社は再販を目的に不動産を購入しています。不動産会社は購入した物件にリノベーションを施して、再度売却を図るのです。一方、一般の個人が買い手となる仲介では、個人はその不動産に住むことを目的に物件を購入します。

売却までにかかる時間

買取と仲介の違いは、売却が完了するまでのスピード感です。仲介の方が時間がかかります。それは、仲介では買い手を探すための時間がかかるからです。買取の流れは、①査定、②契約条件の擦り合わせ、③売買契約を締結、④現金を受け取る、⑤不動産を引き渡すという流れです。仲介の流れは、①査定、②契約条件の擦り合わせ、③媒介契約を締結、④売却活動を行う、⑤契約内容を調整する、⑥売買契約を締結、⑦現金を受け取る、⑧不動産を引き渡すという流れです。このように、仲介の方が時間がかかるのです。

売却価格はいくらになるか

買取と仲介では売却できる価格も異なります。買取の方が仲介よりも売却価格が低くなることが多いです。それは、買取では再度売却するまでにかかるリフォーム代などの費用を買取金額から差し引いているからです。仲介では大体、相場と同じ価格で売却することができます。仲介手数料はかかりますが、買取の場合よりも高く売却できることが多いです。買取の価格は仲介の価格の6〜8割くらいになります。このように、買取と仲介では買取の方が売却価格が下がることになるのです。

仲介手数料がかかるかどうか

買取と仲介では仲介手数料の有無という違いがあります。買取では仲介手数料がかかりませんが、仲介では手数料がかかります。不動産の価格が400万円以上だった場合の仲介手数料は売却価格の3%+ 6万円+消費税です。これは、仲介では仲介手数料が不動産会社の収入になるからです。一方、買取では買い取った不動産にリノベーションを施して再販したときの価格が利益となるため、仲介手数料が不要となるのです。このように買取には仲介手数料がかからず、仲介では手数料がかかるという違いがあります。

売却が終わるまでのスケジュールが立てられるかどうか

スケジュールが立てられるというのも買取と仲介の相違点です。買取では買い手を探す必要がないため、スピーディーに売却を終わらせることができます。また、買い手探しが不要であることで、売却が終わるまでのスケジュールを立てることができます。不動産を売却するには一般的に3〜6ヶ月ほどかかるとされています。時期を逆算して売却の手続きを進めれば希望の時期に売却することができるでしょう。一方、仲介では、買い手が見つかるまでにどれくらいかかるのかを予測することはできません。もしかしたら半年以上買い手がつかない可能性もあります。それでは希望のタイミングで売却をすることはできません。そのため、もしできるだけ早く確実に売却したい場合や、決まったタイミングで売却したい場合は仲介ではなく買取を選んだ方が良いかもしれません。

近隣の人に売却したことを知られるかどうか

不動産を売却すると近隣の人に知られてしまうことがあります。それは、買い手を探すために広く広告を打つからです。このように仲介では不動産を売りに出したことが近隣の人に知られてしまう可能性があります。借金の資金繰りのために家を売却した場合などは、売却したことを知られたくないと思う人もいるでしょう。一方、買取では不動産会社と売り手だけでやり織が済むので広く広告を打つことがありません。仲介の場合でも広告を広く打たないように依頼することはできますが、その分買い手は見つかりづらくなってしまいます。そのため、どうしても近隣の人に売却したことを知られたくない場合は、買取を選ぶと近隣の人に知れ渡ってしまう可能性が低くなるのでおすすめです。

買取と仲介ではどちらを選べば良いのか

ここまで、買取と仲介の違いについて見てきました。それでは、どのようなときには仲介を、どのようなときには買取を選べば良いのでしょうか。買取と仲介の相違点を考えると、

【買取を選んだ方が良い場合】

【仲介を選んだ方が良い場合】

というふうに分かれるということがわかります。自分に合った方法で不動産を売却するようにしましょう。

買取保証とは

仲介の場合に、なかなか買い手がつかない場合に備えて買取保証をつけることができます。買取保証とは、ある期間の間で売却できなかったら、仲介から買取に切り替えることができるというものです。買取保証をつけると買取と仲介のメリットを良いとこ取りすることができるのです。不動産を売却するときは買取と仲介だけではなく買取保証も検討してみると良いでしょう。

まとめ

今回は、直接売却するケースと仲介業者を介するケースで違いはあるのかについて説明してきました。買取と仲介では、

という違いがあるということがわかりました。買取と仲介のどちらが正しいということはないので、自分に合った方法を選んで不動産を売却しましょう。


【関連記事】

土地の売却方法やその流れを解説!共有名義や古家付きの場合は?

【必見】訳あり物件とは?売却の事例や注意点をわかりやすく解説!

住宅や戸建てを売却するためのアドバイス!注意するべきポイントとは?

【必見】借地権を売却する方法とその注意ポイントをわかりやすく解説!

【不動産買取を有利に進める?!】一括査定のメリット、デメリットとは?

【必読】不動産を売却して住み替えることはできるのか?その流れとは

【徹底解説!】不動産買取を専門業者に依頼するメリット、デメリット

マンション売却の流れを徹底解説!高く売るためのポイントとは?

【よりスムーズに!】不動産買取をよりスムーズに行うために5つのポイント

【必読】不動産を売却するのにかかる期間は?入金はいつ頃なのか?