不動産査定の内容とは?査定のチェックポイント、流れなどを解説!

目次

  1. 不動産査定の査定のチェックポイントを知りたい!
  2. 不動産査定とは?
  3. 査定の方法とは?
  4. 不動産査定ではどのような点を見られているのか
  5. 不動産査定の流れ
  6. まとめ

不動産査定の査定のチェックポイントを知りたい!

みなさんは不動産査定をしたことがありますか。多くの人にとって不動産査定はあまり馴染みのないものかもしれません。できるだけよい査定結果を出すためには、査定で確認されているポイントを知っておくことはとても重要です。今回は、査定のチェックポイント、流れなどを説明していきます。

不動産の査定とは?

そもそも「不動産査定」について知っていますか。不動産査定とは、土地や建物などの不動産を売買するときに行うものです。不動産は必ずしも売り手の希望通りの価格で売れるわけではありません。売り手と買い手の希望価格から、互いに合意したところで買取価格を設定するのです。不動産仲介業者は、売り手と買い手の折衷点を探すために価格を見積ります。その過程を「不動産査定」というのです。 売り手は、不動産仲介業者に出してもらった査定額を参考にして、その不動産に価格をつけます。しかし、査定額はあくまで不動産仲介業者が「その価格であれば売れるだろう」と予想して出した金額なので、その価格では売れないこともあるのです。査定額をつけても売れないことがあるのです。また、不動産仲介業者によって、売買が得意な不動産は異なるため、任せる業者によっては不動産査定の結果に大きな差が生まれてしまいます。適正な価格をつけないと売買が成立するまでに時間がかかってしまうことが多いです。このことからも査定の大切さがわかります。

査定の方法とは?

不動産の査定には机上査定と訪問査定という二つの方法があります。机上査定とは、不動産の情報をもとに、データのみで査定を行う方法です。机上査定のためには査定対象の不動産の住所、築年数、占有面積などの情報が必要になります。この査定方法では不動産を見に行って調査することはないため、「机上査定」という風に呼びます。また、査定方法は専用サイトに情報を入力するだけと簡単なため、「簡易査定」とも呼ばれています。机上査定は不動産業者の公式サイトから申し込むと便利です。 訪問査定とは、実際に不動産を訪問して査定する査定方法です。不動産業者のスタッフが実際に現地を訪れるため、データからはわからないポイントまで査定に反映させられます。例えば、スーパーマーケットや駅からの距離といった生活環境のよさや、隣接する物件や道路との境界線について調査されます。そのような、実際に行ってみないとわからないポイントまで調査するため、訪問査定の精度は机上査定よりも正確です。

査定ではどのような点を見られているのか

査定では、不動産のさまざまな点が見られています。今回は訪問査定でのチェックポイントについて紹介していきます。

不動産の内部

不動産の内部については、主に、①眺望、日当たり、通気性、②間取り、③雨漏りやシロアリの被害、④水回り、⑤築年数という4点について確認が行われます。

①眺望、日当たり、通気性

査定では窓から見える景色や日当たりの良さ、風通しのよさが確認されます。もちろん景色がよく、日当たりがよく、通気性がある不動産ほど査定結果は高くなります。景色のよさは付加価値となります。景色は、高層ビルからの夜景でも、海や山などの自然でもよいです。また、日当たりと通気性に関しては、日当たりがよく通気性のある家は生活するうえで気持ちがよいだけでなく、物件が長持ちするので高ポイントになります。

②間取り

間取りについては一概に広い方がよいというわけではないのです。それは、買い手のニーズはさまざまだからです。例えば、不動産を探している人には、一人暮らしなので小さい物件で十分な場合や、子供がいるので子供部屋にできるような部屋がある間取りを望む場合など、さまざまなケースがあります。つまり、使いやすい間取りが一番よいということになります。そのためどのような間取りであれば買い手がつきやすいといった決まりは特にありません。しかし、シンプルな間取りの方が査定額は高くなることが多いです。

③雨漏りやシロアリの被害はないか

雨漏りやシロアリの被害について確認しましょう。もし雨漏りやシロアリの被害があるのにそれを伝えずに売却してしまうと、後から損害賠償を請求されることがあります。しかし、これらの被害は目に見えないところで進行していることがあり、確認するのが難しいかもしれません。そのような場合には住宅診断を受けてみましょう。不動産の状態を隈無く調べてくれます。また、中には事前に雨漏りやシロアリの被害を確認し、回収までしてくれる不動産仲介業者もあります。そのような業者に査定を依頼するのもありでしょう。

④水回り

査定では水回りの状況も確認されます。水回りとは例えば、洗面台、風呂場、トイレ、キッチンなどが確認の対象になります。これらの水回りは特に汚れやすいです。あまりに汚れがひどいと印象が悪くなってしまいます。査定の前に少し掃除しておくとよいかもしれません。

⑤築年数

築年数は立場たつほど査定額が下がってしまいます。築年数が10年目になると査定の評価はゼロになり、10年を超えると評価がどんどん下がっていきます。そのため、もし不動産を売却するつもりがあるのならば早めに売却することを検討するとよいでしょう。

不動産の外部

不動産の外部に関しては、屋根、外壁、家を支えている基礎、駐車場などについて確認されます。屋根や外壁、家を支えている基礎などに経年劣化があると、生活していくうえで危険があります。例えば、屋根や外壁の劣化によって雨漏りが発生したり、断熱材がダメになったり、基礎に亀裂が入ったりする可能性があります。そのため、これらの部分に劣化があると査定額は下がってしまいます。

土地の様子

不動産がどのような場所に位置しているかという点も大事なチェックポイントです。土地に関しては、その土地の日照量、周辺の道路の幅、隣接する不動産との境界などが確認事項です。その土地自体には十分な日照量があっても、周りを高いビルに囲まれているためにその不動産にだけは日が当たらないという可能性もあります。十分な日当たりがあり、周辺の道路幅が広い不動産の方が査定結果はよくなります。

周辺環境

さらに、不動産の直接的な状態だけではなく、その周辺の状況についても確認されます。査定では、交通の便はよいか、近隣住民とのトラブルはないか、騒音問題はないか、周辺にはどのような施設があるのかといった点が考慮されます。交通の便が悪く、バスや電車が1時間に一本しかないような場所にある不動産や、そもそも駅までの距離が遠いような不動産は査定額が下がってしまいます。周辺にある施設については、その地域は住宅街か(近くにごみ処理場や工場はないか)、利便性はあるか(近くにコンビニやスーパーマーケットなどはあるか)、子育てしやすい環境か(近くに学校や図書館などはあるか)といった点が査定ポイントです。

家の所有者の態度

実は不動産業者は家主の態度も見ています。あまりにも態度が悪いと売買を断られてしまうことがあるので注意しましょう。不動産業者が家主の態度も見ている理由は、家主が隠し事をしていないかを見極めるためです。家主は査定のときに不動産の欠陥を隠している可能性があり、不動産業者はそれを見抜かなければならないのです。他にも、不動産業者はこれから売却活動を手伝っていくのだから、その家主が信頼できなそうな人かどうかを判断しているのです。そのために不動産業者は家主の態度を見ることがあります。このように、契約するかどうかを判断するのは一見売り手側だけのように思いますが、実は業者側にも選ぶ権利があるのです。

査定の流れ

①机上査定を依頼する

まずは不動産業者に査定を依頼しましょう。どの業者に依頼するかによって査定結果は大きく異なってきます。そのため、一般的には複数の業者に査定を依頼し、それらを比較することになります。その際は、一括査定サイトを利用すると問い合わせる手間を省けるのでおすすめです。

②訪問日時を決定

一括査定サイトなどから机上査定を依頼し、その結果に納得した場合は次に訪問査定を行います。訪問査定は不動産業者に依頼し、日程調整をします。不動産を売却するときにはこの訪問査定を行ってからにしましょう。そうでないと正しい査定結果はわからないからです。しかし、机上査定は行わずに、いきなり訪問査定から依頼することは可能です。訪問査定も複数の業者に依頼しておいてその結果を比較検討しましょう。

③必要書類を準備する

査定のためにはいくつかの書類が必要になります。どのような書類が必要になるかは業者によって異なるので、事前に担当者に確認するとよいです。建築確認書類、測量図、土地の権利書などは多くの場合で必ず必要になるので事前に用意しておきましょう。不足書類があるとその後の手続きがスムーズに行われないことがあります。

④現地調査に立ち会う

訪問査定の日には業者の担当者が不動産を訪ねてくるので、その査定に立ち合います。訪問査定では机上査定とは違って実際に現地で調査します。そこでは、不動産の立地や日照量、設備の劣化状態、風通しのよさなどを確認します。訪問査定では査定の担当者から質問されることがあるので、それに答える必要があります。査定の結果が悪くなることを気にして嘘をつくことがないようにしましょう。

⑤査定結果を受け取る

机上査定と訪問査定を通して不動産の査定結果が出されるので確認しましょう。査定結果が出たら、なぜその結果になったのか、根拠を質問してみます。優良な不動産業者であれば質問にしっかりと答えてくれます。もし査定の根拠を答えられない業者であれば、契約しない方がよいかもしれません。他にも不明点があれば担当者に確認しましょう。そして、出揃った複数の査定結果を比較して、不動産を売却するかどうかを決断します。もし売却する場合は、どの業者にどのような条件で売却するか、いつ頃までに売却したいかを検討します。依頼する不動産業者を決めたらその業者に相談しましょう。

まとめ

今回は、査定のチェックポイント、流れなどについて説明してきました。不動産査定では、不動産の内部、外部、土地についてさまざまな点が確認されます。また、不動産に関してだけではなく、その不動産の周辺状況や所有者の態度まで確認されていることがあります。査定を依頼するときには事前にこれらのチェックポイントについて確認しておくとよいでしょう。


【関連記事】

メールで不動産の査定結果を知りたい!業者に送る文面の内容を説明!

不動産に価値がなくなる築年数はいつ?売却するべきタイミングとは?

不動産査定ってどんな意味?分かりやすく説明します!

不動産査定のデメリットとは?それぞれの査定方法について徹底解説!

インターネットで不動産の査定ができる?!おすすめサイト7選!

【知らないと損?!】不動産査定に必要な準備や書類について徹底解説!

不動産査定のメリットを徹底解説!〜なぜ査定をする必要があるのか?〜

仲介業者に査定を依頼するメリット・デメリット〜仲介業者の役割とは〜

【知ってないと損!?】個人再生の後に不動産査定はできるのか?注意点や、準備しておくことを徹底解説!!

事故物件の相場はいくら?事故物件を査定するときの注意ポイント!