不動産査定ってどんな意味?分かりやすく説明します!

目次

  1. 不動産査定のとき、業者はどのように選べば良いのか?
  2. 地元業者を選ぶポイント
  3.  地元業者とは
  4.  地元業者を選ぶメリット
  5.  地元業者を選ぶデメリット
  6. 大手の企業を選ぶポイント
  7.  大手企業の特徴
  8.  大手企業のメリット
  9.  大手企業のデメリット
  10. 業者を選ぶポイント
  11.  その不動産会社が扱える物件を調べる
  12.  業者が提供しているサービスを調べる
  13.  高い査定額を出してくれる業者を選ぶ
  14.  一括査定サイトで不動産会社を探す
  15. まとめ

不動産査定のとき、業者はどのように選べば良いのか?

不動産を売却する際や相続する際には査定をすることになります。査定をしておかないと、不動産の正しい価値がわからず、有利に売却できなかったり、相続問題が発生したりする可能性があります。
査定は主に不動産会社に依頼して机上査定と訪問査定を行ってもらいます。そのとき、不動産会社はどのように選べば良いのでしょうか。査定を行ってくれる不動産会社には地元業者や大手業社、専門会社などさまざまな業者があり、絞るのが大変になることでしょう。

査定は主に不動産会社に依頼して机上査定と訪問査定を行ってもらいます。そのとき、不動産会社はどのように選べば良いのでしょうか。査定を行ってくれる不動産会社には地元業者や大手業社、専門会社などさまざまな業者があり、絞るのが大変になることでしょう。そこで、今回は業者を選ぶときのポイントや、メリット、デメリットなどを解説していきます。

地元業者を選ぶポイント

不動産会社には大きく分けて地元業者と大手業者があります。どちらを選ぶべきなのかについて知るために、それぞれのメリットとデメリットを見ていきましょう。

地元業者とは

地元業者とは、全国に広く支店を持つのではなく、地域に根付いて不動産を取り扱っている企業のことです。地元業者の中にも大きく分けると二種類があります。まず、一つ目は地元に密着した不動産会社の場合です。ある地域内にいくつか支店を持っていることがあります。この不動産会社は対象とする地域を限定しており、そこにある不動産しか取り扱ってもらうことができません。二つ目は、個人経営の不動産会社の場合です。こちらは家族で経営しており、支店をいくつも持っていることは少ないです。
地元の業者と一言に言っても、このような二つのタイプがあります。

地元業者を選ぶメリット

地元業者を選ぶ最大のメリットは、地元に精通した人しか知らない情報を教えてもらえるという点です。 地元業者は地域の情報をたくさん持っています。そのため大手の不動産会社は知らない物件を知っていることもあります。掘り出し物の格安物件を紹介してもらえるかもしれません。
また、地元業者は地域の住民とのコネクションを持っているので、売却がスムーズに進むことが多いです。地元企業はそのコネクションを活かして、地元で不動産を購入したがっている人と売却したがっている人を簡単に探すことができます。そのため、その両者を結びつければすぐに不動産の売買を実行することができるのです。また、地域にコネクションがあるとトラブル対応も迅速に行うことができます。地元業者を選ぶことにはこのようなメリットがあります。

さらに、地元業者を選ぶと柔軟な対応をしてもらうことができるというメリットがあります。地元の業者は個人が経営していることもあり、顧客の需要に合った対応をしてもらうことができます。一方、大手の業者では査定から売却までの流れがパッケージ化されていることが多く、融通が効かないことがあります。不動産の価格に関して交渉をしたとしても応じてもらえない場合が多いですが、地元の企業であれば交渉にも柔軟に対応してもらえるでしょう。
このように、地元に根差した不動産会社では、価格の面で大手の業者よりも柔軟な対応をとってもらうことができるのです。

地元業者を選ぶデメリット

一方、地元業者を選ぶことにはデメリットもあります。一つ目のデメリットは、対象エリアが限定されているという点です。 地元の企業では全国の不動産を対象とはしていません。そのため売却したい物件が地元から離れた場所にある場合は、査定や売却を依頼しても対応してもらえません。
二つ目に、取扱件数が少ないことがデメリットになっています。地元の不動産会社は大手の企業に比べて過去に取り扱った物件数が少ないです。そのため、自分で査定をする際に参考にする事例が少ないというデメリットがあります。

大手の企業を選ぶポイント

大手企業の特徴

大手の不動産会社には知名度があります。それは、大手は広告に力を入れることができるからです。さらに、全国に店舗を持っていることが多いです。そのため全国にネットワークがあり、さまざまな物件を探すことができます。特に、駅前などのアクセスの良い場所に店舗を構えているので、気軽に行くことができます。

大手企業のメリット

大手不動産会社を選ぶメリットは、安心してサービスを受けられるということです。大手不動産会社には知名度があり、それはつまり多くの人が利用しているということです。また、過去にたくさんの取引事例があるため、より信頼性のある査定地元業者と同じく、大手でも価格交渉に柔軟に対応してくれることが多いです。それは、大手では各担当者にノルマがあり、契約を取るのに必死だからです。

大手企業のデメリット

一方、大手不動産会社では一人の担当者が取り扱う案件の数が多く、サービスは画一化されています。そのため、柔軟な対応をしてもらえないことがあるのがデメリットの一つです。価格や売却条件に関して融通が利かない場合があるのです。 また、勧誘が強引である場合があります。それは大手では厳しいノルマが与えられているからです。しつこい勧誘や強引な勧誘を受け、断りづらくなる可能性があります。

業者を選ぶポイント

その不動産会社が扱える物件を調べる

各不動産会社には得意とする物件があります。例えば、戸建ての売買には強いけれど、マンションはあまり取り扱っていない不動産会社などもあります。そのため、もしマンションを売却したい場合はマンションの売却に強みがある不動産会社を選ばないと、うまく売却することができません。さらに、不動産会社は全ての不動産を売却できるわけではありません。中にはマンションを専門としている企業などもあるのです。そのように、取り扱ってもらえない物件がある場合、売却できなくなってしまうことがあります。売却をスムーズに終わらせるためにも事前に不動産会社が扱える不動産を確認しておくと良いでしょう。

業者が提供しているサービスを調べる

不動産の買取には実はさまざまな種類があるのです。例えば、買取、仲介、買取保証、リースバックといったサービスがあります。これらは似ているように思われるかもしれませんが、実は全く異なるものです。買取とは不動産会社が物件を購入する方法で、仲介とは売り手と買い手を不動産会社が結びつけて売買を成立させるものです。また、買取保証とはある期間までは仲介にしておいて売却できなかったら買取に移行する方法です。最後にリースバックとは、不動産を売買した後に賃貸契約を結ぶ方法で、売却後にも不動産の利用を続けられるというのがメリットの一つです。不動産の売買にはこのようにいくつかの種類があります。しかし、どの不動産会社でもこれらのサービスの全てを受けられるというわけではありません。不動産会社を選ぶときには、不動産会社のサービスを事前に調べる必要があります。そして、自分が利用したいサービスがあることを確認しましょう。

高い査定額を出してくれる業者を選ぶ

最も高い査定結果を出してくれた不動産会社を選ぶことも業者を選ぶうえでの大切なポイントです。査定額が高い不動産会社を選ぶと、高く売却することができるでしょう。さらに、不動産会社を選ぶ基準はもちろん査定額だけではありません。他にも例えば担当者の対応の丁寧さなども基準の一つになります。自分の希望に合った不動産会社は、複数の業者に査定を依頼することで探しましょう。

一括査定サイトで不動産会社を探す

業者を選ぶ際には一括査定サイトがおすすめです。一括査定サイトを利用すると一度で複数の業者から見積もりを出してもらうことができます。もし一括査定サイトを利用しないのであれば、一つ一つの不動産会社の特徴を調べ、査定の度に物件の情報を伝えなければなりません。しかし一括査定サイトであれば、物件の情報を入力するのは一度で済みます。さらに、自分の物件を売却するのにおすすめの不動産業者を紹介してもらうことができます。例えば、数ある不動産会社の中でもマンションに強みがある不動産会社というものもあります。マンションを売却する際にはそのような不動産会社に依頼した方が、より良い査定結果を出してもらうことができます。また、農地を売却する場合は、農地は売却するのが難しいので、不動産会社によっては扱ってもらえない、または手続きに時間がかかってしまうかもしれません。
そのため、査定の際には売ろうとしている不動産を取り扱った実績がある不動産会社を選ぶことが大切なのです。そのときに一括査定はとても便利なのです。

まとめ

今回は、不動産査定では大手企業と地元業者のどちらを選ぶべきか、選ぶときのポイントやメリットデメリットなどについて説明してきました。
地元業者を選ぶには、地元の情報に詳しく、柔軟な対応をしてくれるというメリットがある一方、対象エリアが限定されており、取扱件数が少ないというデメリットがあります。大手業社を選ぶと、知名度があり信頼できる一方、柔軟な対応ができない場合があるということと、強引な勧誘をされる可能性があるというデメリットがあります。
地元業者にも大手業者にも、メリット、デメリットがあり、どちらを選ぶのが良いということはありません。業者を選ぶときには、どのようなメリットやデメリットがあるのかを理解した上で自分に合った売却ができそうな不動産会社を探しましょう。
もし不動産会社探しに困った場合は一括査定サイトを利用するとかんたんに最適な不動産会社を探すことができるのでおすすめです。