【リースバックと比較!】ファイナンスリースとは何か

何か機械設備を購入しようと思っても、購入金額が高いと資金を用意するのが難しいかもしれません。そのようなときにリースを利用すると、機械設備をお得に利用できることがあります。今回は「ファイナンスリース」について説明します。みなさんは「ファイナンスリース」について聞いたことはありますか。「ファイナンスリース」は「リース」とは異なるのでしょうか。
ファイナンスリースの仕組みを知って、お得に機械設備を導入できるようにしましょう。

目次

  1. 1.リースとは
  2. 2.ファイナンスリースとは
  3.  a.ファイナンスリースの対象となるもの
  4.  b.ファイナンスリースの流れ
  5.  c.ファイナンスリースのメリット
  6.  d.ファイナンスリースのデメリット
  7. 3.オペレーティングリースとの違い
  8.  a.リース料の仕組みが異なる
  9.  b.途中解約の可否
  10. 4.リースバックとの違い
  11. まとめ

1.リースとは

そもそもリースとは、機械設備などをリース会社から借りて利用するという仕組みです。
使いたいものがあるけれど購入する必要はない、または購入してしまうとデメリットがあるという場合にリースが役に立ちます。
利用したい物品をリース会社が購入し、利用者はリース会社にリース料金を支払って物品を利用していきます。
リースの対象は幅広いですが、コピー機やパソコンのような機器や、自動車などが対象になります。

リースには大きく分けると2種類あります。「ファイナンスリース」と「オペレーティングリース」です。
s 2つある「リース」のうち、今回はファイナンスリースについてご説明していきます。

2.ファイナンスリースとは

ファイナンスリースは、リースの中の一つです。「ファイナンス(金融)」という言葉が指すように、金融として行われるリース契約のことです。 利用者が導入を希望している機械設備をリース会社が代わりに購入し、利用者に貸し出すという仕組みになっています。つまり、ファイナンスリースにおける登場人物は「利用者」、「リース会社」、「メーカー」の3者です。メーカーが製造したものをリース会社が購入し、利用者に貸し付けるのです。
さらに、ファイナンスリースはリース期間の後になると所有権がリース会社から利用者へ移転するものと、そのままであるタイプの契約があります。
代金の流れを見ると、リース会社は利用者の購入代金を立て替えているということになるのです。リース会社が立て替えてくれた代金を、利用者は毎月リース料として支払っていきます。リース料には、機械設備の購入代金とリース期間中の利息分、固定資産税、損害保険料が含まれています。その結果、リース料金は購入価格より少し高く設定されることが多いです。また、リース期間中にかかる物件の維持費・管理費も利用者負担になります。
ファイナンスリースは途中で解約することができません。もし解約ができたとしても、違約金を請求されることになります。その額は、リース料の支払い残額分になるので、途中解約をすることは金銭的に損になってしまいます。

a.ファイナンスリースの対象となるもの

ファイナンスリースでは、船舶、飛行機、コンテナなどが対象となることが多いです。しかし、他にも

など、さまざまなものが対象になります。

b.ファイナンスリースの流れ

続いて、ファイナンスリースの流れをご説明します。

【1.リースするものを決める】

まずリースしたい物品を選択します。また、リース業者はよく検討して、自分に合った提案をしてくれる業者を探しましょう。

【2.リース契約を結ぶ】

リース業者へ行き、見積もりを出してもらいます。リース業者からの提案に納得したら、契約手続きを行います。契約にはリースの期間などが定められます。任意の期間を設定しましょう。長期間にしすぎて、途中で解約したくなってもそれは難しいので注意しましょう。

【3.物品を購入する】

リース会社は物品の資金を調達します。そして代金をメーカーへ支払い、ユーザーが希望する物品を購入します。

【4.リース料を支払い、物品を利用する】

借り手は毎月リース料を支払っていきます。それによって物品を利用することができます。
保険や税金に関する手続きは全てリース会社の任務であり、借り手はそれらの手間を取らずにすみます。

【5.リース期間の終了】

リース期間が終了する頃に、契約期間終了後のやり取りについてリース会社から連絡がきます。リース期間が切れた後には、再度リース契約を結んで契約を延長するか、契約を終了し借りていた物品を返却するかのどちらかになります。そのどちらにするかは借り手が決めることができます。
物品の返却が選ばれた場合、貸主は物件を市場へ売却するか廃棄するかを選びます。物品にまだ価値が残っていれば売却することで売却益を得て、もし価値が低くなってしまっていたら処分をします。

ファイナンスリースはこのような流れで進んでいきます。

c.ファイナンスリースのメリット

ファイナンスリースにはいくつかのメリットがあります。どのようなメリットがあるのかを、ファイナンスリースに関わるそれぞれのアクターの立場から見ていきましょう。

【借り手のメリット】

【販売会社のメリット】

販売会社とは、リース会社へ物品を提供することになるメーカーなどです。メーカーにとってのファイナンスリースのメリットは、リース会社が物品を購入してくれることで利益が生まれるということです。
また、メーカーが販売する物品は価格が高く、小規模な会社とは取引が生まれにくいです。しかし、リース会社を通せばそのような会社とも取引することができ、接点を増やすことができます。

【リース会社のメリット】

リース会社には、借り手が支払ってくれるリース料から利益を得ることができるというメリットがあります。リース料には購入にかかった代金だけでなく金利や税金、保険料なども含まれていることで、リース会社は儲けることができます。

d.ファイナンスリースのデメリット

ファイナンスリースにはさまざまなメリットがある一方、次のようなデメリットも存在します。

ファイナンスリースを検討する際には、これらのメリットやデメリットをよく理解してから行うようにしましょう。

3.オペレーティングリースとの違い

ここまで、ファイナンスリースについて見てきました。しかし、リースには大きく分けると2種類ありました。それは「ファイナンスリース」と「オペレーティングリース」です。この2つの違いはなんでしょうか。

a.リース料の仕組みが異なる

いちばんの相違点は、リース料の仕組みです。
オペレーティングリースでは、物品返却時の残存価値分のリース料は支払う必要がなくなります。
一方、ファイナンスリースではフルペイアウトすることになります。フルペイアウトとは、リースした物品の購入代金に利息や税金などを加えた額を支払うことになるということです。そのため、オペレーションリースよりも支払い総額は高くなります。従って、一年当たりの支払い負担もファイナンスリースの方が大きくなるのです。

b.途中解約の可否

また、途中解約の可否も異なります。オペレーティングリースでは途中解約ができるのに対して、ファイナンスリースでは途中解約はできません。 ですが、途中解約に関してはリース会社との契約によって異なることがあるため、詳しくは契約を確認するようにしてください。

オペレーティングリースの内容について詳しくはこちらを参照してください。
⇒ オペレーティングリースとは何か

オペレーティングリースとは何か

最後に、リースバックとファイナンスリースを比較してみましょう。
リースバックとは、資金が必要になったときに資産を手放し、賃貸借契約を結ぶという仕組みでした。売却することで所有権を手放し、それによって管理費や税金といった負担を逃れることができます。対象となる資産には家やマンション、車などがあります。リースバックの利用者には個人または法人のケースがありました。最終的には一度売却した資産を買い戻すことも可能です。再度契約を結び直して期間を延長することも可能ですが、それはなかなかハードルが高いです。
一方、ファイナンスリースは、リース会社に建て替えてもらって高額な設備を借りて使用するという仕組みでした。対象となるものには機械などが多いです。ユーザーは、法人による利用が主となります。管理費や税金はリース料金の中に含まれています。リースする機械設備の所有権は、リース会社にある場合も、リース後にはユーザーに譲渡される場合もあります。
譲渡される場合とは、①契約で「リースの終了後にリース品の所有権を譲渡する」という契約をした場合、②リース期間が終了した後にリース品の価値が無料同然になってしまう場合、③借り手のために特別に発注したリース品である場合の3つがあります。 また、リース期間終了後にも再リース料を払って再契約をすればリースの期間を延長することもできます。

リースバックとファイナンスリースを比較するとこのような違いがあります。

まとめ

これまでファイナンスリースについて説明してきました。ファイナンスリースとは、リースの一種で、利用したい設備を購入するのが難しいときに利用します。土木建設機械や産業用ロボット、事務用機器などさまざまなものが対象になっています。ファイナンスリースは、物品を購入した方が良いのか、リースで利用した方が良いのかを検討して、利用しましょう。リースには「ファイナンスリース」の他にも「リースバック」や「オペレーティングリース」というものもあるので、混同しないように注意してください。


【関連記事】

【リースバックの体験談】〜リースバックが成功した例を紹介します〜

【厳選10選】大手リースバック業者まとめ〜迷ったらこれがおすすめ!〜

【リースバック検討者必見!】どんな人が利用できる?必要な条件とは?

【徹底解説!】リースバック物件をリフォームすることはできるのか?

【リースバックはやばい?】トラブルの内容と注意点

リースバックするにはどうしたらいい?手順と必要なものをご紹介します

【後悔】リースバックで騙された!クーリングオフしたいとき

【リースバック初心者必見!】売買契約書の雛形とは?

【まとめ】リースバックについて知りたいときに読むべきブログ5選

【不動産のリースバックとは?~今の家に住み続けながら資金調達ができる!?~】