マンションの鍵を交換するのに費用はいくらかかる?

マンションの鍵の交換について知りたい!

賃貸の鍵を交換するために一体いくらかかるのか知っていますか。
そもそもなぜ鍵を交換する必要があるのでしょうか。
鍵の交換はあまり経験することではないので知らないという人も多いかもしれません。
今回は、鍵の交換費用の相場はいくらか、その費用は誰が負担するのか、そもそも鍵の交換はどのように行うのかといったことについて説明していきます。

鍵の交換にかかる費用の相場

賃貸物件の鍵を交換する場合、いくらかかるかは鍵の種類によって異なります。
しかし、1万円〜2万円くらいかかるのが一般的です。
セキュリティーに優れた鍵にしようとすると3万円以上かかることもあります。
鍵の交換に1〜3万円もかかることには抵抗を感じ、少しでも費用を下げたいと思う人もいるかもしれません。
しかし、自分で交換するのは簡単ではありません。
さらに、無断で鍵を交換すると、賃貸物件の鍵を自分で変えてしまうと契約違反になることがあります。
トラブルにつながる危険性があるので、自分では交換せず、業者に頼むようにしましょう。
鍵の交換費用を抑えたい場合は、交換すべき部分を見極めましょう。
鍵の全てが壊れているわけではなく、スペアキーを作ればすむ場合はもう少し安くなります。
実際にいくらかかるのか気になる場合は業者に依頼して見積もりを出してもらうと良いでしょう。

鍵を交換するタイミングとは

どのマンションにも初めから鍵がついているのに、なぜ鍵を交換する必要があるのでしょうか。
実は、元々ある鍵のままでは良くない理由があるのです。
ここからは、鍵を交換するべきタイミングを紹介していきます。

引っ越しをしたとき

まず、引っ越しをしたときは鍵を交換します。
それは、もし前の入居者が鍵のスペアを持ち続けていた場合、鍵を交換しておかないと自分の家に入れてしまうからです。
引越しの際の鍵の交換は、自分で行う場合とマンションの管理者が交換しておいてくれる場合があります。
マンションの管理者が鍵を交換しおいてくれたらとても楽ですが、そのようなルールは特にありません。
自分が入居する予定のマンションではどのような規約になっているか確認する必要があります。
鍵の交換が済んでいない場合で自分で帰る必要があるときは、一度管理会社に確認して断ってから鍵を交換するようにしましょう。

鍵を紛失してしまったとき

鍵をなくしてしまったら鍵を交換することになります。
万が一誰か知らない人が鍵を持っていたら危険であるし、そもそも自分が鍵を持っていなければ家に入ることができません。
鍵が見つからないだけならスペアキーを作れば簡単ですが、誰かが鍵を持っていて部屋に侵入してくる可能性を考えると、鍵を丸ごと交換した方が安全です。
紛失によって鍵を交換するケースは最も多いです。
この場合、マンションの管理人に言うと紛失について責められそうで黙って交換したくなるかもしれません。
しかし、勝手に交換してしまうと後でトラブルになる危険性があるので、必ずマンションの管理会社に許可を取ってから鍵を交換するようにしましょう。

セキュリティを強化したいとき

自宅の防犯性をあげるために鍵を交換する場合もあります。
実は、鍵にはさまざまな種類があり、どのような鍵なのかによって安全性が異なります。
家庭用のマンションの鍵穴は3タイプです。
それは、ピンシリンダー、ディスクシリンダー、そしてディンプルキーシリンダーというものです。
ピンシリンダーとディスクシリンダーはシンプルな構造をしています。
そのため安全性が高いとはいえません。
空き巣を繰り返している人であれば、これらのタイプの鍵を簡単に開けてしまう危険があります。
特にディスクシリンダーは簡単な作りをしていて安価なため広く使われていました。
実は、このタイプは空き巣犯であれば簡単に開けられてしまうため、現在は廃盤となりました。
しかし、過去に鍵の交換が行われなかった場合にはまだディスクシリンダー型が使われている場合があるので、注意が必要です。
一方、ディンプルキーシリンダーはいうタイプは、複雑な構造をしているので空き巣犯でも簡単には開けることができません。
つまり、家の鍵がピンシリンダーやディスクシリンダータイプである場合、ディンプルキーシリンダーに交換した方が、セキュリティが強化されて良いでしょう。

鍵の調子が悪いとき

鍵も長い間使っていると調子が悪くなってきます。
放っておくと劣化によってうまく回らなくなったり、汚れが詰まって鍵が鍵穴に入らなくなったりする危険性があります。
そうなる前に鍵を交換しておくことが大切です。
鍵の不調が見られるようになるのは、鍵を使用し始めて大体10年前後経った頃だといわれています。
鍵は毎日使用するので、気付かぬうちに摩擦ですり減ってしまうのです。
また、劣化しているのに無理して使い続けると、鍵が折れてしまうこともあります。
そうならないために、鍵に不調が見られなくても、10年ほど経過した場合には前もって交換しておくと安心でしょう。

鍵を交換する前に確認しておきたいこと

鍵が不調だと思った場合、いきなり交換するのではなく、事前に確認しておくべきことがあります。
それは、鍵のどの部分が不調なのかということです。
鍵がうまく回らないときは、鍵自体に問題がある場合と鍵穴の方に問題がある場合の二つがあります。
それを確かめるには、スペアキーを差してみると良いです。
もしそれで鍵が回れば、問題があるのは鍵の方だということになります。
その場合、鍵の全てを交換するのではなく、スペアキーを作るだけで済みます。
もし鍵がうまく刺さらなかった場合は、鍵穴の中にゴミが詰まっている可能性があります。
そのときは鍵穴のごみを取り除き、専用の潤滑油を差しると解決することがあります。
このように、鍵を交換するときには、鍵のどの部分に問題があるかによって交換の仕方が変わってきます。
必要ない部分まで交換してしまうと余計に費用がかかることになるので、事前によく確認してから交換するようにしましょう。

鍵の交換にはどれくらい時間がかかるのか?

鍵を交換するためにはどれくらいの時間がかかるのでしょうか。
鍵が壊れていると困るので、できるだけ早く交換してもらいたいでしょう。
交換にかかる時間は、鍵をどのように交換するのかによって違います。
鍵穴を交換する場合は10分〜15分で、ドアの持ち手ごと交換するような場合は30分〜1時間くらいかかることもあります。

費用は誰が支払うのか

鍵を交換するための費用はマンションの管理者と住人のどちらが負担するのでしょうか。
マンションを管理するのは管理者の責任なので、管理人が支払うべきだと思う人も多いかもしれません。
しかし実際は、費用を誰が支払うかは決まっているわけではありません。
支払う人はマンションの管理者が決定します。
紛失によって鍵を交換する場合は、住人自身が費用を負担するのが一般的です。
しかし、中には管理者側が払うケースもあります。
それは、経年劣化を理由に鍵を交換する場合などです。
さらに、マンションでは責任の所在が複雑になるので、それによって鍵の交換費用を支払う人が変わることがあります。
マンションには専有部分と共有部分があり、共有部分の補修やメンテナンスについては管理者が、専有部分については住人が負担することが多いです。
とはいえ、実際に支払う人を決めるのは管理者なので、一概にはいえません。
もし住人負担といわれた場合も、交渉次第で管理者の支払いにすることが可能なので、不満に思った場合は交渉してみると良いです。

鍵を交換するまでの流れ

ここからは、鍵を交換するまでの流れについて説明します。
まずはマンションの管理会社に連絡をします。
いきなり鍵交換の業者に連絡してはいけません。
それは、鍵はマンションの所有者の提供物と見なされているからです。
管理者に相談することなく鍵を交換してしまうと、退去の際に原状回復費用を請求される場合があるからです。
壊れたものを直すのは親切なことだと思うかもしれませんが、勝手に交換することのないように注意しましょう。

管理人に鍵を交換する許可を得てから業者に依頼します。
鍵交換にはさまざまな業者があるので、サービス内容や料金などを比較して選びましょう。
次に、鍵交換の当日には、ドアの状況を見てどの鍵が良いか提案を受けます。
交換する鍵が決まってから、見積もりを作成してもらいます。
見積もりに納得したら、実際に鍵の交換作業が始まります。
まず今ついている鍵を外し、新しい鍵に交換します。
取り付けた後は正しく動くか確認をし、住人自身でも動作確認をして、一連の交換作業は終了となります。
交換の流れは業者によって多少異なることもあるので必ずしもこの流れとは限りません。

まとめ

今回は、マンションの鍵を交換するための費用や流れなどについて説明してきました。
鍵は、引っ越してきたときや鍵を紛失してしまったときに交換します。
費用は大体1万円〜2万円くらいが相場です。
鍵を交換するときに最も注意すべきことは、勝手に交換しないことです。
鍵は、マンションの部屋と同様に管理人からの貸借物なので、交換する前に一言許可を取るようにしましょう。
そもそも、鍵を交換しなくても済むように、鍵をなくしたり壊したりしないように注意しておくことが大切です。