か行

居住用財産の買換え特例/きょじゅうようざいさんのかいかえ・こうかんとくれいとは

居住用の不動産の売却金額が新しく購入した居住用不動産の金額よりも下回っている場合、売却した居住用財産の譲渡益に対する課税を繰り越すことが可能となる制度のこと。 通常、所得金額を計算する場合は、1年ごとに区切って行われるという原則があるが、居住用財産の買換え特例はその例外となる。

具体的には、売却した居住用財産を10年を超えて所有されており、10年以上居住されていた場合において、下記の条件を満たすことにより、新しく購入した居住用財産を売却する時点まで当該売却にかかる譲渡益を繰り越すことが可能となる。

・令和5年12月31日までに譲渡がなされている
・売却金額が1億円以下である
・譲渡した年、その前年及び前々年に居住用財産に係る譲渡所得の特別控除などの適用を受けていない
・売却及び購入した居住用財産が日本国内にある
・居住用財産を売却した年の前年から翌年までの3年間で新たな居住用財産を購入する
・売却先となった人物が第三者である(当人の配偶者、一定の親族ではない)
・買い替えた居住用財産へは、取得時期に応じた期限までに居住する
 1.居住用財産を売却した年又はその前年に買い替えた居住用財産を入手した場合は、売却した年の翌年12月31日までに居住する
 2.居住用財産を売却した翌年に買い替えた居住用財産を入手した場合は、買い替えた居住用財産を入手した翌年12月31日までに居住する


【関連用語】

移転登記

区分所有法

原状回復

地価公示

境界標の設置

売建住宅

建築物

景観法

現況有姿分譲

公図