か行

客付け/きゃくづけとは

共同媒介による不動産取引において、不動産会社が目的の不動産に対し購入意思を持つ者を見つけること。

一つの不動産取引を複数の不動産会社が間に入り、契約を成立させる場合が多く存在し、その形を共同媒介と呼ぶ。 客付けとは対象となる元付け(もとづけ)という言葉があり、不動産会社が売主より目的の不動産の売却依頼を受けるという意味である。

なお、共同媒介には、客付けや元付けの他にも不動産業界用語が存在し、主となるものは下記の通り。
・売主より売却依頼を受けた不動産会社:元付業者(根付業者や売り根付とも呼ばれる)
・買主より購入のための依頼を受けた不動産会社:客付業者(根付業者や買い根付とも呼ばれる)
・元付業者と客付業者の間に立ち媒介業務を行う不動産会社:中間業者

具体的な事例を挙げると下記の通り。
売主であるA氏が不動産会社X(元付業者)に対し不動産の売却を依頼(元付け)した。 続いて、不動産会社X(元付業者)は不動産会社Yに対し、買主を見つけてもらうよう情報共有を行い、不動産会社Yは不動産会社Zに対し、更に情報共有を行った。 不動産会社Z(客付業者)は買主であるB氏を見つけ(客付け)、不動産会社Y(中間業者)を通して不動産会社Xへ連絡し、売買契約が成立することとなった。


【関連用語】

買い換え特約

MBS

ALC造

建設住宅性能評価書

現況有姿分譲

境界標の設置

上物

公示価格

公図

既存住宅状況調査技術者