か行

繰越控除(不動産譲渡所得に係る〜)/くりこしこうじょとは

不動産の譲渡における長期譲渡所得または短期譲渡所得の金額の計算上、譲渡損失の金額が生じた場合に損失から所得税控除を受けることができること。 居住用の自宅を買い替えた場合には下記のような特例の条件で譲渡損失について控除を受けることができる。

マイホームを買い換えた場合に譲渡損失が生じたとき (マイホームを買い換えた場合の譲渡損失の損益通算及び繰越控除の特例)
(1)自分が住んでいるマイホームを譲渡すること。なお、以前に住んでいたマイホームの場合には、住まなくなった日から3年を経過する日の属する年の12月31日までに譲渡すること。

(注)住んでいた家屋または住まなくなった家屋を取り壊した場合は、次の3つの要件すべてに当てはまることが必要。
イ 取り壊された家屋およびその敷地は、家屋が取り壊された日の属する年の1月1日において所有期間が5年を超えるものであること。
ロ その敷地の譲渡契約が、家屋を取り壊した日から1年以内に締結され、かつ、住まなくなった日から3年を経過する日の属する年の12月31日までに売ること。
ハ 家屋を取り壊してから譲渡契約を締結した日まで、その敷地を貸駐車場などその他の用に供していないこと。
(2)譲渡の年の1月1日における所有期間が5年を超える資産(旧居宅)で日本国内にあるものの譲渡であること。
(3)災害によって滅失した家屋で当該家屋を引き続き所有していたとしたら、譲渡の年の1月1日において所有期間が5年を超える家屋の敷地の場合は、その敷地を災害があった日から3年を経過する日の属する年の12月31日まで(住まなくなった家屋が災害により滅失した場合は、住まなくなった日から3年を経過する日の属する年の12月31日まで)に売ること。
(4)譲渡の年の前年の1月1日から売却の年の翌年12月31日までの間に日本国内にある資産(新居宅)で家屋の床面積が50平方メートル以上であるものを取得すること。
(5)買換資産(新居宅)を取得した年の翌年12月31日までの間に居住の用に供することまたは供する見込みであること。
(6)買換資産(新居宅)を取得した年の12月31日において買換資産について償還期間10年以上の住宅ローンを有すること。


【関連用語】

区分建物

瑕疵物件

空家対策特別措置法

交換差金

基準地価

S造

居抜き

繰越控除(不動産譲渡所得に係る~)

既存住宅の建設住宅性能評価書

現況有姿分譲