か行

区分所有法/くぶんしょゆうほうとは

独立した各部分を有している建物における各種権利、管理方法、運営方法の規範となる法律のこと。 マンション法と表現されることもある。

独立した各部分を有している建物は区分所有建物と呼ばれ、区分所有法第1条において明記された条件を満たした建物のこと。 区分所有建物に該当する建物においては、一つの建物に複数の所有権が存在し、その管理や利用方法などが複雑になることが多かったため、所有権を有する専有部分や各所有者が共有で利用する共有部分などに対する権利を明確にするために、1962年に区分所有法が定められた。

区分所有法において定められている主な事項は下記の通りである。
・区分所有建物に関する各種呼称
独立した各部分は専有部分と呼ぶ。 専有部分を有することができる権利を区分所有権と呼ぶ。 専有部分を有する者を区分所有者と呼ぶ。 区分所有者が共有して使用する部分を共用部分と呼ぶ。
・管理組合の構成
区分所有者によって構成され、敷地や建物の管理を行う。
・共有部分の定義
玄関や通路、階段、バルコニーなど。
・敷地利用権
建物が建っている敷地を区分所有者が利用できる権利。
・売却範囲の制限
専有部分と共用部分を切り離して売却すること、敷地利用権と区分所有権を切り離して売却することはできない。
・規約の設定
管理組合により、区分所有法を犯さない範囲での規約の設定が可能。 設定や変更には、区分所有者及び議決権を持つ者の3/4以上の賛成が必要。
・建物の建て替え
建物を建て替えるには、区分所有者及び建物の権利保有者の4/5以上の賛成が必要。


【関連用語】

権利承継の登記(遺言による〜)

買戻

境界標の設置

液状化

地価公示

UPREIT

繰越控除(不動産譲渡所得に係る~)

浮床工法

区分所有建物

売渡承諾書