か行

境界線付近の建築の制限/きょうかいせんふきんのけんちくのせいげんとは

建物を建てる際の境界線付近でのルールであり、民法234条に定められている。 定められている制限は

1. 建物を築造するには、境界線から50センチメートル以上の距離を保たなければならない。
2. 前項の規定に違反して建築をしようとする者があるときは隣地の所有者はその建築を中止させ、又は変更させることができる。 ただし、建築に着手した時から1年を経過したのち、又はその建物が完成した後は損害賠償の請求のみをすることができる。

境界線からの50センチメートルは基本的に、外壁からの最短距離である。 民法のほかに建築基準法でも境界線付近の制限はされているが、建築基準法では防火地域あるいは準防火地域内かつ外壁が耐火構造の建築物は境界線に外壁を接して建築することが可能であり民法のほうが厳しい制限となっている。 一方で民法236条では、地域による慣習がある場合は、その慣習に従うことが明記されている。
最高裁の過去の判例では建築基準法が優先されており、防火地域あるいは準防火地域内かつ外壁が耐火構造の建築物であれば制限がかからないことがある。


【関連用語】

原状回復

囲い込み

権利登記

売建住宅

既存不適格建築物

居住用財産に係る譲渡所得の特別控除

現況有姿分譲

欠陥住宅

建ぺい率

安心R住宅