か行

瑕疵物件/かしぶっけんとは

土地と建物に本来備わっている品質や性能、状態に対して欠陥や不具合があること。 不動産でいう瑕疵物件は物理的な欠陥だけを言うのではなく、環境や心理的な欠陥がある場合も瑕疵物件の一つとして認識されている。 瑕疵物件の種類は大きく分けて下記の通りである。

・物理的瑕疵物件
雨漏り、地盤沈下、シロアリなど物件自体が性能や品質が物理的に欠けている状態
・法的瑕疵物件
都市計画法や建築基準法に違反している物件のこと。それぞれの法律施行前の物件は法的に基準以下であったり違反している物件が多く存在していたが、現在ではほぼ見受けられない。「再建築不可」の物件もその一つである
・環境的瑕疵物件
物件自体には問題はないが周辺環境に騒音や悪臭など要因で住めなくなる状態のこと
・心理的瑕疵物件
周辺や物件内でトラブルや事件、事故が発生した物件で心理的な影響で嫌悪感を感じる物件である。明確な基準は存在していない
の4種類に区別される。

不動産取引において、宅地建物取引業者は取引する相手に対し「瑕疵の告知義務」が定めれており、瑕疵がある物件には、重要事項説明や契約書などでどのような瑕疵があるのか具体的な瑕疵の内容を説明する義務が課されている。


【関連用語】

既存住宅状況調査技術者

建築基準法

一団地の総合的設計

一団地認定

建設住宅性能評価書

売渡承諾書

既存住宅売買瑕疵保険

景観法

交換差金

区分所有者数