か行

囲い込み/かこいこみとは

顧客から不動産の売却を依頼された不動産業者が自社の利益のために故意に他の不動産業者に紹介しないことであり、問い合わせに対して申し込み中と伝えたり、契約済みであると伝えることで他者が契約に入らないようにすること。

囲い込みが行われる大きな理由は仲介手数料で 仲介業者を挟んで売買契約至った場合、売主と契約している不動産会社と買い主を探しだした不動産会社が売主と買主それぞれで仲介手数料を受け取る「片手仲介」であるが、 売主と契約している不動産会社と、買主を探し出した不動産会社が同じ会社の場合、双方から手数料を受け取ることができ、手数料収入が2倍になる「両手仲介」となる。 そのため日常的に囲い込みが行われている。 不動産会社にはこのように金銭的にメリットはあるが、売主は下記のようなデメリットがある。
・売れ残り
・売却金額を下げないと売れない
・購入希望者が減るため売却までの期間が必要以上に長くなる

などである。 「両方仲介」は宅建業法上認められているが、囲い込みによる損失を避けるために、複数の不動産会社に相談することや媒介契約書に囲い込みの禁止を記載してもらうなどの対処が必要であると言える。


【関連用語】

客付け

狭小住宅

共同媒介

インスペクター

S造

区分所有法

一般媒介契約

囲い込み

権利登記

青田売り