あ行

エコハウス/えこはうすとは

エコロジーハウスの略称であり、環境に配慮されて建てられた住宅を指す。 地域の気候や気温、天気などの風土に合わせて自然資源を最大限に有効活用した住宅で、身近な地域で手に入る建築素材を使うなどしている。 近年家庭からのCO2排出量が大幅に増えてきており、 地球温暖化対策の一環で省エネルギー、再生可能な資源の再利用が環境省から求められており、家庭から排出される温室効果ガスを減らそうという目的がある。

エコハウスの基準(住宅の省エネルギー性能の評価)については、建物物省エネ法で3つの基準を定めている
・誘導基準
・エネルギー消費量性能基準
・住宅事業建築主基準
がある。

また地方自治体はエコハウスを推進していくためいくつかの補助金の給付をしており、補助の対象物は
・高効率給湯器
・太陽熱利用システム
・家庭用蓄電池
・窓断熱設備
などがある。 


【関連用語】

売建住宅

安心R住宅

S造

一般媒介契約

ALC造

エコハウス

青田売り

欠陥住宅

空家に係る譲渡所得の特別控除

換価分割