あ行

雨水貯留浸透施設/うすいちょりゅうしんとうしせつとは

雨水を貯水し、地下に浸透させる設備を持つ施設のこと。 昨今では市街化が進み、本来森林や農地に流れていくはずの雨水が河川に流れ込み、水害に繋がっていた(都市型水害)。 当該施設は、局地的豪雨で雨量が激しい場合の河川への流出氾濫を抑え、水害を防ぐことができ、なおかつ施設内で貯めた雨水は有効活用できるため環境にも配慮した設計になっている。

市街化により起こる水害の増加から国土交通省・地方公共団体が当該施設の設置を積極的に薦めており、民間企業等が設置する場合には地方公共団体別で補助金の給付も行っており、特定の特定都市河川浸水被害対策法に基づき指定された特定都市河川流域に設置された雨 水貯留浸透施設については固定資産税の減税なども行っている。 たびたび当該施設の目詰まりや一定以上の貯水量の増加で施設外に貯めた水が漏れてしまうため管理が必要となる。

特定都市河川浸水被害対策法・下水法により、 当該施設の設置後、管理体制を簡素化するために地方公共団体または公共下水道管理者が管理方法などを定める協定を締結しなければならない。 この協定の効力は土地の所有者が変更になった場合でも有効となる(承継効)。


【関連用語】

一団地認定

MBS

元利均等返済

買い換え特約

公示価格

建ぺい率

区分所有建物

エコハウス

銀行住宅ローン

共同担保目録