あ行

違反建築物/いはんけんちくぶつとは

建築物に関わる各種法規(建築基準法、都市計画法など)の基準などに違反している建築物のこと。

違反となるものには、建築時に既に違反している場合以外にも、用途変更、増築・改築を建築後に実施した際に違反してしまう場合がある。 なお、本来は違反していなかったが、法改正などに伴い違法となった場合は、違反建築物ではなく既存不適格建築物となる。

建築基準法においては、違反建築物である場合、特定行政庁から建築主や工事の請負人、敷地の所有者や管理者などに対し、施工の停止、又は、猶予期限を与え使用禁止や建築物の除却、移転、改築、増築、修繕などを命じることができる。 上記命令に従わない場合は、罰則が適用されることもある。

売買については、禁止されていないため可能ではあるものの、住宅ローンが利用できないなど、買手が損をしてしまう場合がある。 しかしながら、不動産業者の中には、違反建築物であることを承知の上で買取る業者も存在している。


【関連用語】

売渡証書

景観法

原状回復

居住用財産の買換え特例

権利金

繰越控除(不動産譲渡所得に係る~)

権利承継の登記(遺言による〜)

権利登記

逆梁工法

違反建築物