あ行

赤地/あかちとは

登記所が管理している公図にて、赤色で塗りつぶされた箇所のこと。 国有地の道路がそれに当たる。 赤線や赤道とも呼ばれる。

通常、赤地が宅地となることはないが、道路の廃止などの理由で、住宅の敷地内に赤地が存在することもある。 上記の場合、廃止された赤地と言えど国有地ではあるため、用途廃止を申請の上、国有地払い下げ手続きをとり、国から購入する必要がある。 払い下げ時にかかる費用としては、土地の価格、売払手続きのための費用、測量のための費用がある。

なお、一定の要件を満たした場合は、安価に払い下げを受けられる場合や、時効取得できる場合がある。

一般的に、払い下げを受けていない状態での土地の売却は難しく、売却時のトラブルとなることがある。


【関連用語】

景観法

青地

建築基準法

建設住宅性能評価書

瑕疵物件

売建住宅

既存不適格建築物

既存住宅売買瑕疵保険

区分建物の登記記録

浮床工法