あ行

UPREIT/あっぷりーととは

アメリカで活用されてきた不動産投資信託(REIT)運用の中の一つの投資手法。

REITは投資家から集めた資金でオフィスビルやマンション、商業施設など多岐に渡る不動産に投資して家賃収入(インカムゲイン)や、売却益(キャピタルゲイン)を配当する金融商品で、法律上は投資信託に分類される。

UPREITは投資家が所有している資金ではなく、不動産である土地を現物で投資することで不動産投資信託(REIT)として運用し、その株式を得る手法を言う。 アメリカで運用されている不動産投資信託(REIT)の約7割はこのUPREITである。

UPREITを運用するメリットは、出資した土地が簿価が時価より低い評価額である場合、 土地の所有者が譲渡益への課税を回避することができる。 アメリカではこの仕組みで上場する会社も多いが、日本でこの制度での投資手法は制定化されておらず、日本の不動産業界ではたびたび制定についての議論がなされている。


【関連用語】

原状回復

一筆の土地

既存住宅売買瑕疵保険

元利均等返済

建築物

建設住宅性能評価書

逆線引き

経年劣化

公示地価

一団地認定