た行

地価公示/ちかこうじとは

土地取引の際に、指標とされる土地評価のひとつ。 毎年3月に、国土交通省土地鑑定委員会より、土地の適正な価格を形成するために、地価公示法に基づいて公表される。

「標準地」と呼ばれる全国3万ほどの地点を、地点ごとに2名以上からなる不動産鑑定士などが毎年1月1日時点の地価の鑑定評価を行う。 鑑定評価から土地鑑定委員会が適正な土地の価格を判定し、通常、3月の中旬から下旬頃に公示される。 なお、公示された価格は「公示地価」と呼ばれる。

土地取引や不動産鑑定の際の指標となるほか、公共事業用地取得時の取得価格や土地の相続評価、固定資産税評価、国土利用計画法における土地価格審査などの基準ともなる。

国土交通省のWEBサイトである「土地総合情報システム」より、標準地ごとの地下公示の詳細情報や土地の取引価格情報などを確認することができる。

相続時や土地の取引に影響を与えることとなり、価格変動の幅は年ごとに異なるため、取引を控えている場合などには注意する必要がある。

公示地価の変動事例
東京都千代田区のある年の公示地価:3,160,000(円/m²)
翌年の公示地価:3,240,000(円/m²)


【関連用語】