か行

欠陥住宅/けっかんじゅうたくとは

本来、建物が有する必要のある安全性能に、欠陥がある住宅のことをいう。

住宅が有するべき安全性能には、耐震、耐風雨、耐火についての強度、主要となる構造部の耐久性や地盤などが上げられる。 その他、風通しや防音などの水準も設けられてはいるが、厳格に基準が定められているわけではない。

欠陥住宅と認められる可能性が高い場合としては下記の通り。
・法令で定められた規定を違反している
・住宅として一般的に備わっているべき性能を欠いている
・契約上で約束された性能を満たしていない

よくある事例としては、ひび割れや雨漏りなどが上げられる。 また、断熱材が入っていないなど、予定されている材料が使われていない場合もある。

欠陥住宅となってしまう原因のほとんどが、ヒューマンエラーや手抜き工事である。

新築物件の場合、消費者保護の観点から住宅品質確保促進法によって、その責任の所在を明らかにするために、引き渡し後10年の瑕疵担保責任が義務付けられている。 住宅品質確保促進法により屋根、外壁などの雨漏りや基礎、柱などの耐震部分などの部分に対象となる瑕疵が見つかった場合は、無償で補修を求めることが可能となる。


【関連用語】