あ行

空き家に係る譲渡所得の特別控除/あきやにかかるじょうとしょとくのとくべつこうじょとは

空き家を相続し、それを譲渡した際に得た利益から控除できる措置。

一定の要件を満たした場合に、得られた利益のうちの3000万円が控除となり、3000万円未満の場合は全額が控除となる。

なお、特別控除には適用期限が設けられており、平成28年4月1日から令和5年12月31日までの譲渡が適用対象となっている。

必要となる要件の詳細は下記のとおり。

・被相続人が死亡した年から3年が経過した年の12月31日までの譲渡であること。
・譲渡時に空き家であればよいのではなく、相続から譲渡するまで引き続き空き家であること。
・昭和56年5月31日以前に建築されていること。
・被相続人が一人で居住しており、その他に居住していた者がいないこと。
・区分所有建物として登記されていない建物であること。
・耐震基準を満たした建物であること。
・耐震基準を満たしていない場合は、耐震基準を満たすようリフォームをするか、取り壊して土地のみの譲渡となること。

また、平成31年度における税制の改正により、諸要件を満たせば、被相続人が老人ホームに入居している場合も適用対象となるようになった。


【関連用語】