マンション購入で頭金について|相場や注意点など詳しく解説

マンション購入に頭金が必要な理由

マンション購入の際に頭金をいくら支払うべきか、悩んでいる方は多いでしょう。そもそも頭金をなぜ支払わなけばいけないのか、理由を知らないと金額を検討できません。
住宅ローンの借入金額だけで、なぜマンションを購入しないのか、頭金が必要な理由は主に次の2つです。

  • 住宅ローンを借りやすくなる
  • 総返済額を減らせる

住宅ローンを借りやすくする

マンション購入の際に頭金を支払う理由は、住宅ローンを借りやすくするためです。そもそも頭金とは、住宅ローンを借りる際に自己負担で先に支払う「まとまったお金」のことです。
一般的に不動産を購入する際には、購入費用を金融機関に全額借りるのではなく、購入費用の一部を自己負担で支払っておき、足りない金額を住宅ローンとして借ります。
住宅ローンを借りる際に、どうせ借りるのだからと、頭金なしで住宅ローンを申請すると審査が通りにくくなるでしょう。なぜなら、住宅ローンは高額の借入金額より少ない金額の方が審査を通りやすい傾向があるからです。
例えば、4,000万円の物件を購入する際に、頭金なしで4,000万円の住宅ローンを借りるとします。この場合、借入金額は4,000万円となり、金融機関からすると「4,000万円を借入期間内で返済できる人物」でないと住宅ローンを貸せません。
しかし、頭金を1,000万円支払っておくと、借入金額は3,000万円になり「3,000万円を借入期間内に返済できる人物」であれば住宅ローンを貸せるようになります。
頭金を支払っておけば、借入金額を少なくして金融機関からお金を借りやすい状態にできます。そのため、マンション購入の際に頭金を支払って、住宅ローンを組む流れが一般的なのです。

総返済額を減らせる

マンション購入時に頭金を支払う理由は、住宅ローンの総返済額を減らすためです。住宅ローンは借入金額に利子をつけて返済するため、借入金額が多いほど総返済額が多くなります。
そのため、頭金を支払っておけば、住宅ローンの総返済額を減らして毎月の返済が楽になるのです。また、住宅ローンの中には金利が変動するものもあり、金利が上がると返済額も上がります。
例えば、4,000万円の物件を購入する際に、購入費用の10割である4,000万円を借りる場合は金利1.5%ですが、購入費用の9割の3,600万円以下を借りる場合は金利が1%になるケースがあるのです。
頭金を支払わずに住宅ローンを借りた際に、金利が上がってしまうと総返済額が高額になる可能性があるので、できるだけ多く頭金を支払っておきましょう。

それぞれの理由を詳しく解説していきます。

マンション購入時の頭金相場

マンション購入時にいくら頭金を支払うべきか、悩む方は多いです。物件購入費用の何割を住宅ローンで借りるべきか借入金額を決める目安として、頭金の相場を確認しておきましょう。
2021年に実施されたフラット35利用者調査を元に、頭金相場を紹介します。マンション購入費用の全国平均額4,528.5万円に対して、平均手持金額は785.9万円、平均融資額は3,562.2万円でした。
また、地域別のマンション購入費用の平均額を見てみると、以下の通りです。

首都圏におけるマンション購入費用の内訳

  • 購入費用平均額4,913.4万円
  • 平均手持金額877.8万円
  • 平均融資額3,836万円

近畿圏におけるマンション購入費用の内訳

  • 購入費用平均額4,477.6万円
  • 平均手持金額792万円
  • 平均融資額3,515.5円

東海圏におけるマンション購入費用の内訳

  • 購入費用平均額4,261.9万円
  • 平均手持金額538.9万円
  • 平均融資額3,526.2万円

その他の地域におけるマンション購入費用の内訳

  • 購入費用平均額3,864.5 円
  • 平均手持金額671.4万円
  • 平均融資額3,048.3万円

*参考フラット35利用者調査|マンション融資利用者の主要指標

つまり、平均的に住宅購入費用の約2割を頭金として支払い、約8割を住宅ローンで借りている人が多いです。マンション購入の際には、住宅ローンの購入費用の2割を目安に頭金を用意しておきましょう。

マンション購入で頭金を検討する際のポイント

マンション購入の際に、頭金をどれくらい用意するかは人によって異なります。多めに用意しておけば住宅ローン審査が通りやすく、総返済額を減らせるメリットがありますが、反対にデメリットも存在します。
住宅ローンをいくら借りるべきか借入金額を決める参考として、マンション購入で多めに頭金を支払うメリットとデメリット双方を確認しておきましょう。

マンション購入で多めに頭金を支払うメリット

マンション購入で多めに頭金を支払うメリットは、以下の通りです。

  • 住宅ローン審査が通りやすい
  • 総返済額を減らせる
  • 金利が下がれる可能性が高い
  • 借入期間を短くできる

先ほど説明した通り、頭金が多いと住宅ローン審査が通りやすくなり、総返済額を減らせます。また、金利が下がる可能性が高く、返済額が少なくなれば短い借入期間での返済が可能です。
借入期間が短いということは、少ない利息で返済でき、早めに住宅ローンを完済して完済後の生活に余裕が生まれます。
マンション購入で多めに頭金を支払うメリットは、住宅ローンによる負担を軽減できることです。メリットを参考に、頭金をいくら用意するか検討してみてください。s

マンション購入で多めに頭金を支払うデメリット

マンション購入で多めに頭金を支払うことで、メリットだけでなくデメリットも生じます。以下のデメリットを確認して、頭金をどれくらい用意するか検討してみてください。

  • 頭金を用意する期間がかかる
  • 貯金が無くなってしまう
  • 日常生活に余裕が無くなる

頭金を多めに支払うには、頭金分の貯金をしなければいけません。マンションを購入しようと思っても、頭金が用意できなければ購入に踏み切れないので住宅購入に時間がかかってしまうでしょう。
そのため、希望する物件が見つかっても他の購入希望者が現れ、物件が埋まってしまうかもしれません。
また、頭金を多めに支払って貯金が無くなれば、マンション購入後の生活に不安が生じます。結婚や出産、進学や病気など、急な出費が必要となった際に貯金がなければ生活が困窮してしまうでしょう。
家計の収入と貯金、今後の資産計画を考慮して、頭金を多めに支払うべきか再度検討してみましょう。

マンションの頭金に関する注意点

マンションの頭金に関わる注意点が、いくつかあります。まず、頭金と混合されやすい手付金が、別物であることを理解しておきましょう。
頭金は住宅ローンを組む際に、初期費用として自己負担で用意するお金です。対して、手付金とは不動産売買契約時に不動産会社に支払う「購入希望意思を示す前払い金」のことを指します。
手付金は住宅購入費用の5から1%程度になることが多く、契約締結後に住宅購入をキャンセルしても返金されません。住宅を引き渡される際に、手付金を差し引いた購入費用を支払って、不動産取引が完了します。
手付金は手続きが完了すれば、頭金の一部として計算されるので、頭金と別に用意する必要はありませんが、混合されやすい別物であることを理解しておきましょう。
次に、住宅ローンを組む際に、他に組んでいる既存のローンがないかを確認しておいてください。自動車ローンや消費者金融ローンなど、他に借入がある場合は住宅ローン審査に落ちる可能性が高いでしょう。
なぜなら、金融機関からすると、他に複数のローンを組んでいる方は、返済見込みが低いと判断するからです。住宅ローン以外に借入がある場合は、他のローンの借入金額を合算した総借入金額で、審査を行います。
そのため、頭金を多く用意しても住宅ローン審査に落ちる可能性が高いのです。他に、ローンが残っている場合は、先に既存ローンを完済してから住宅ローンを組みましょう。
また、過去にローンの滞納やクレジットカード、家賃を滞納したことがある方は、住宅ローン審査に落ちやすいです。過去の延滞記録などの金融記録「信用情報」を参考に、住宅ローンを貸して問題ない人物かを判断します。
過去に滞納の記録がある方に、金融機関は住宅ローンを貸しにくいのです。同様に個人事業主や自営業の方は、社会的信用が低く返済見込みが読めないと判断され、住宅ローン審査を落とされる可能性が高くなります。
過去に滞納記録があったり、社会的信用が低い職業の場合は、頭金を多めに用意しても住宅ローン審査が通りにくいことを理解しておきましょう。

マンションの頭金に関するまとめ

マンションを購入する際には、頭金を支払うことで住宅ローン審査を通りやすくなり、総返済額を減らせます。借入金額を減らすことで、借入期間を短くして完済後の生活に余裕を持てるでしょう。
しかし、無理に頭金を用意すると、住宅購入資金を貯める期間がかかり、貯金が無くなってしまいます。貯金が無い状態では、急な出費が生じた際に生活が困窮してしまうので、無理のない範囲で頭金を用意しましょう。
頭金の目安は、住宅購入費用の2割までに留めておくことをオススメします。全国平均でも頭金の相場は住宅購入費用の約2割なので、残りの8割の費用は住宅ローンで借りましょう。
生活に余裕がある、貯金がある方は多めに頭金を支払ってもいいですが、自分の収入とこれからの資産計画を考慮して、頭金金額を検討してください。
また、頭金を多めに用意しても社会的信用が低かったり、過去に滞納経験がある方は住宅ローン審査が通りにくいです。
他に自動車ローンや消費者金融ローンが残っている場合も住宅ローン審査に影響するので、頭金を用意する前に既存ローンを完済しておきましょう。ローンを掛け持ちしてマンションを購入しても、購入後の生活が苦しくなるだけです。
頭金金額によって、住宅ローンに関わる影響が大きく変わります。頭金ゼロの状態で住宅購入をすると、総返済額が高くなるので頭金を用意してから物件を探すようにしてください。
マンション購入を検討している方は、この記事を参考に頭金をいくら用意すべきか再度検討してみましょう。